1. トップ
  2. ファッション
  3. いつものスタイルをアップデート!この春手に入れたい「ワンピース」

いつものスタイルをアップデート!この春手に入れたい「ワンピース」

  • 2020.4.15
  • 11493 views

2020春も素敵ワンピースが目白押し!

忙しい朝や寝坊した日、突然のお誘いにもお気に入りのワンピースさえ一枚持っていれば、慌てずにスタイリングを完成させられます。

今回は、この春おすすめの大人のためのワンピースをご紹介。去年までの自分をアップデートしてくれる、そんなアイテムを見つけて下さい。

この春おすすめ「ワンピース」15選

クラシカル好きの大人のチェック柄
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】チェックロングシャツワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】チェックロングシャツワンピース

大人が着こなせるチェック柄のポイントは色。

ネイビーベースのチェックならシックで落ち着きのある印象を引き立ててくれます。

ワンピースは面積が広い分、特に柄ものの時は合わせるアイテムをシンプルにするとまとまり感が出ます。

旬のディテールもメリハリだけは絶対に必要
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックデザインリネンロングワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックデザインリネンロングワンピース

身体のラインを拾わない今季らしいリラックスしたシルエットのワンピース。

ウエストリボンをきゅっと結べばメリハリをきかすこともでき、ラフに垂らせばこなれた着こなしを楽しめます。

おしゃれな人は後ろ姿も抜かりない!
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックデザインシャツワンピース[WEB限定]
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックデザインシャツワンピース[WEB限定]

前から見るとシンプルな一枚のワンピースですが、バックスタイルは大人のナチュラルな肌みせを叶えてくれる一癖ある一着。

フロントボタンを外して羽織りのように着用できる2wayも嬉しいポイントです。

強い黒は素材選びでナチュラルへ
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】コットンシルクロングワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】コットンシルクロングワンピース

春夏の黒は素材によっては重たく暑苦しくも見えてしまうものです。

程よい透け感とナチュラルな素材はそんな問題を解消するのにぴったり。

ワンピースとともに空気も纏っているかのような柔らかなシルエットも魅了です。

同じベージュでも差をつけたいならコレ!
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックギャザーリネンロングシャツワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】バックギャザーリネンロングシャツワンピース

シンプルなシャツワンピースかと思いきや、バックスタイルはギャザーの切り替えデザインに。

それゆえ柔らかく軽やかな揺れ感をコーディネートにプラスし、歩くたびに表情豊かなシルエットを纏うことができます。

見慣れたシャツワンピも何かが違う?!
[GALLARDAGALANTE] コットンシフォンワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[GALLARDAGALANTE] コットンシフォンワンピース

大胆に入ったサイドスリットはレイヤードスタイルに最適です。

フロントボタンを開けたまま、裾をきゅっとウエスト部分で結べば一癖あるトップスのような着こなしができるなどコーディネートの幅が広がる一枚です。

たっぷりボリュームのワンピース
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】インドコットンギャザーボリュームロングワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】インドコットンギャザーボリュームロングワンピース

華奢さん、グラマラスさんともにおすすめしたいたっぷりボリュームのワンピース。

身体のラインを拾わずゆったり着用できるシルエットは、女性らしさを引き立ててくれます。

手首や足首は見せてメリハリが出るよう意識しましょう。

甘くなりすぎない大人の白ワンピース
[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/レースティアードワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/レースティアードワンピース

甘く、時に野暮ったく見えることさえある白のワンピース。

ウエストがきゅっと絞られ、メリハリのきいた美しいシルエットを作ってくれるため、大人女性にぴったりな一着です。

胸元の繊細なレースも魅力的です。

絶妙ブルーでちょっぴりイメージチェンジ
[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/カシュクールギャザーワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/カシュクールギャザーワンピース

黒やネイビー、ベージュなど定番カラーを持っているなら今季はシックなブルーをおすすめします。

ややくすみを帯びた色味は決して出しゃばることなく、デイリーコーデにもしっくりハマる、背伸びしなくてもよい一着です。

リラックスとメリハリを叶えるすっきりVネック
[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/スムースロングスリーブフレアワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/スムースロングスリーブフレアワンピース

シャープな首元のVネックが、ゆったりシルエットにメリハリをきかす一着。

胸元からナチュラルにドレープがかかるよう計算されたワンピースは、一枚で様に見せてくれます。

サンダルはもちろんヒールで大人っぽく着こなすのもおすすめです。

すっきりシルエットなら白ワンピースも怖くない
[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/深Vネックストレートワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/深Vネックストレートワンピース

縦のラインがすっきりしているから膨張色の白でも着膨れする心配なし!の白ワンピース。

スリットが入り単調に見せないところもポイントの一つ。一枚はもちろんレイヤードも存分に楽しめる一枚です。

トレンドカラーを無理なく楽しめる
[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/カフタンワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー)/カフタンワンピース

今年人気の“たまごイエロー“をベースにブルーのストライプが入るカフタンワンピース。

軽やかな素材は、これから真夏にかけても使いやすい一着です。

デニムはもちろん、リネン素材のワイドパンツもしっくり来ます。

胸元のタッセルがコーディネートのポイントに
[IENA] 【Deby debo/デビーデボ】SLOBE別注 Dress ロングワンピース◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] 【Deby debo/デビーデボ】SLOBE別注 Dress ロングワンピース◆

印象的な柄はもちろん、袖のボリュームが大人かわいいロングワンピース。

胸元に揺れるタッセルもコーディネートのアクセントになってくれます。

デニムとのレイヤードで大人カジュアルに。一枚で着てももちろんOKです。

シンプルな着こなしが様になるワッシャーワンピース
[IENA] ワッシャーワンピース◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[IENA] ワッシャーワンピース◆

ナチュラルなカジュアルを引き立てるワッシャーワンピース。

コーディネートに雰囲気をプラスしているため、一枚でも様になります。

レイヤードするならワイドパンツやデニムなどカジュアルなボトムがおすすめです。

気どらない素材はオフにぴったり
[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】Tシャツロングワンピース
出典:zozo.jp(外部リンク)[LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】Tシャツロングワンピース

ケアの簡単なTシャツワンピースは汗ばむこれからの時期、一つは持っておきたいアイテム。

気取らずにデイリーに着られるため、シンプルなデザインが何かと重用してくれます。

スリットも入り足さばきも良好です。

今年はワンピースを新調しよう

昨年に引き続き今季もゆったりしたシルエットが人気。フェミニンがお好みなら、ウエストがしぼれたレースを使った白ワンピースがおすすめですよ。

ナチュラルながら、女性らしいスタイルを完成させてくれます。ぜひチェックしてみて下さいね。 [LANDWARDS] 【Audrey and John Wad】Tシャツロングワンピース

元記事で読む