1. トップ
  2. レシピ
  3. 今夜の晩ごはんのメインにもなる!簡単&ヘルシーおかず冷ややっこ2選

今夜の晩ごはんのメインにもなる!簡単&ヘルシーおかず冷ややっこ2選

  • 2020.4.8
  • 13144 views

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。冷ややっこに薬味だけじゃもったいない!淡白な味のお豆腐ならアレンジは無限大です。カロリーが低い分、色々な具材を乗せて楽しみましょう。今回は手間をかけずに、メインにもなるような、具をたっぷり乗せた甘辛系とさっぱり系のおかず冷ややっこを2品紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約15分

豚バラキムチの温玉のせ冷ややっこのレシピ

undefined
michill
材料(2~3人分)

・絹ごし豆腐…1丁(400g)

・冷しゃぶ用豚肉…120g

・キムチ…120g

・温泉卵…1個(または卵黄)

Aにんにく…すりおろして小さじ1/2分くらい

A生姜…すりおろし小さじ1/2分くらい

Aしょう油…小さじ2

Aきび砂糖…小さじ1

・ごま油…小さじ2

・白ごま…適量

・ブロッコリースプラウト…適量

undefined
michill
準備

・お豆腐は、皿やバットなどの上に出し、10分程そのまま置き、水を切っておく。

・にんにくと生姜は、すりおろしてボウルに入れておく。

undefined
michill
作り方

① ボウルに材料Aを全て入れ混ぜたら、食べやすい大きさに切った豚肉を入れ和える。

② 熱したフライパンにごま油をひき、①を入れて中弱火で1分ほど焼いたら裏返して30~40秒ほど焼く。火を強火にし、20~30秒ほど炒めて水分を飛ばし、こんがりしたら火を止める。

③ 豆腐は、縦6等分に切り、皿に並べる。

④ 上にキムチを置き、②をその上に置く。

⑤ 中央に温泉卵または卵黄を乗せ、白ごまを振りかけてブロッコリースプラウトを散らしたら、出来上がり。

undefined
michill

温泉卵は、小鍋に湯を沸かして沸騰直前で火を止め、卵(SMサイズ)を入れて12~13分程フタをして待ちます。お湯の量は、卵にかぶる位です。1~2個の少量作るなら、冷たい卵でも大丈夫ですよ!

キムチの辛さと甘めのお肉がお豆腐にぴったりです。食欲がない時でも、食べ始めたら止まらないかも!

アボカドとトマトのベーコンチップ冷ややっこのレシピ

undefined
michill
材料

・おぼろ豆腐…1丁(300~350g)または好みの豆腐

・トマト中玉…1/2個

・アボカド…1/2個

・ベーコン…2枚(40~45g)

・赤玉ねぎ…1/8個

Aオリーブオイル…大さじ1

Aしょう油…小さじ2

Aレモン果汁…小さじ1/2~適量

A塩…少し

Aブラックペッパー…適量

・刻みパセリ…適量

undefined
michill
準備

・トマトとアボカドは、8等分のくし切りにしておく。

・ベーコンは、細切りにしてキッチンペーパーで包み、電子レンジ600wで1分半ほど加熱し、ベーコンチップにしておく。

・赤玉ねぎは、みじん切りにしておく。必要なら水にさらし、水分は取っておく。

undefined
michill
作り方

① 皿におぼろ豆腐を盛り付けておく。

② トマトとアボカドを交互に重ねながら、上に置く。

③ 赤玉ねぎとベーコンチップを散らす。

④ ボウルに、材料Aをよく混ぜ、③にかけて、刻みパセリを散らした出来上がり。お好みで輪切りのレモンを飾ります。

undefined
michill

やっぱりお豆腐としょう油の相性は、最高です!サラダ仕立てですが、おかず冷ややっこなのでしょう油を入れると、ご飯にも合うし飽きないで最後まで頂けますよ!

コショウは、粗挽きのブラックペッパーが、アクセントになるのでオススメです。

お豆腐は、冷やしすぎると大豆の味を感じにくくなるので、温かいものや、冷えていない具を乗せると、食べる時にちょうどいいかと思います。

時間をかけずに、さっと作れておかずにもなる冷ややっこのアレンジの紹介でした。ぜひ、これからの季節に作ってみて下さいね!

元記事で読む