1. トップ
  2. レシピ
  3. じゃがいもを使ったおつまみ特集!お酒と相性抜群のおすすめレシピをご紹介

じゃがいもを使ったおつまみ特集!お酒と相性抜群のおすすめレシピをご紹介

  • 2020.4.2
  • 7162 views

じゃがいものおつまみで人気のレシピ特集

人気のじゃがいもを使って美味しいおつまみを作ってみませんか?少し食べるだけでも満腹感が出るので、おつまみとしてぴったりな食材です。ここではお酒との相性が抜群のレシピをたくさん紹介します。

じゃがいものおつまみを和風と洋風のカテゴリー別に分けたので、好きなものを参考にして作ってくださいね。簡単にできて絶品のおつまみばかりですよ!

じゃがいものおつまみで人気のレシピ《和風》

おすすめのおつまみに!簡単甘辛煮っころがし

この料理はじゃがいもと鶏肉、玉ねぎを甘辛く炒め煮にしていくおつまみです。お酒のアテとして相性抜群ですよ。

特に日本酒とよく合うので試してみてくださいね。じゃがいもは1つずつラップをしてレンジで加熱をすると柔らかくなり時短につながります。

鶏肉の旨味も感じられて絶妙な味わいです。お酒を飲みながらついついたくさん食べてしまいそうな一品に。

おつまみに!豚肉とじゃがいものポン酢炒め

この料理は豚肉を細くカットしてポン酢と一緒に炒めていくレシピです。じゃがいもを細長く切ることで火の通りも早くなり、あっという間に完成しますよ。

お酒に合わせるのであれば、ポン酢のようなさっぱりとしたテイストもおすすめ。

ささっと炒めて美味しいおつまみを作ってくださいね。仕上げにネギをあしらえて彩りを添えましょう。

話題のおつまみに!焼きそば入りもちもちボール

このレシピは焼きそばとマッシュしたじゃがいもを一緒に丸めて、簡単に揚げていく人気のおつまみです。

焼きそばはそのまま使用せず短く刻んで食べやすいようにします。

まさにアイディア料理といったところで、あまりの美味しさに思わず一人で何個も食べてしまいそうになりますよ。

たこ焼きと同じようにソースやマヨネーズ、青のりをトッピングして召し上がってくださいね。楽しく作れるおかずがあると嬉しくなります。

美味しいおつまみに!塩昆布で簡単粉ふきいも

この料理はじゃがいもを茹でて粉ふきいもにし、塩昆布と一緒に変えていくだけの簡単なおつまみです。ほどよい塩加減も感じられてお酒のアテにおすすめですよ。

コロコロと鍋の中でじゃがいもを転がしていけば粉を吹き始めるでしょう。

作っていく工程も楽しいのでぜひ試して欲しい一品に。じゃがいもの大きさは食べやすいように一口サイズにするとよいですね。

話題のおつまみに!おすすめイカじゃがバター

この料理はまるで昔、屋台で食べたような懐かしい味わいのするおつまみです。イカとじゃがいの組み合わせはバターとよく合い、絶品の美味しさに。

鰹節や青のりもたっぷりとかけて和風テイストな作り方です。イカは丸ごと一杯購入して、それぞれの部位を入れると違う食感が味わえるのでおすすめです。

可能であればイカを捌くところからスタートすると楽しいですよ。

おつまみに人気のレシピ!簡単じゃがいももち
おつまみに人気のレシピ!簡単じゃがいももち
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おつまみに人気のレシピ!簡単じゃがいももち

ひと口食べるとモチモチした食感がとても美味しい人気のおつまみです。作り方も簡単なので手早く作れます。色々な種類のお酒にも合わせやすく、量的にもちょうどよい大きさになるでしょう。

丸い形に整えてフライパンで両面焼き色がつくまで焼いたら完成です。お好みで醤油や塩をほんのひと振りかけて食べると、また違った味わいになり絶妙な味わいに。こんがりと焼いたもちは食欲がそそりますね。

おつまみにおすすめ!簡単な明太ポテトサラダ
おつまみにおすすめ!簡単な明太ポテトサラダ
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おつまみにおすすめ!簡単な明太ポテトサラダ

この作り方はいつものポテトサラダに明太子をたっぷりと加えて和えるだけのおつまみです。じゃがいもは少し食感が残るくらいにつぶしておくと、食べ応えが出て美味しくなります。

マヨネーズの量はお好みで調整しながら作ってくださいね。じゃがいもをレンジで加熱しておけばあっという間に仕上がりますよ。最後に刻み海苔をたっぷりとちらして出来上がりです。

おつまみにおすすめの簡単料理!塩肉じゃが
おつまみにおすすめの簡単料理!塩肉じゃが
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おつまみにおすすめの簡単料理!塩肉じゃが

この料理は通常の甘辛く煮込んだものではなく、さっぱりと食べられるおつまみ風のおかずです。そのため、日本酒やビール、焼酎など幅広いお酒に合いますよ。

じゃがいもは澱粉質を取るため、調理する前に水でさらしておくのがポイントです。とろっとじゃがいもが溶けた感じにしたい人は、水にさらさずにそのまま使用してもOKですよ。お好みで作ってみてくださいね。

美味しいおつまみ!鶏肉とじゃがいもの照り焼き
美味しいおつまみ!鶏肉とじゃがいもの照り焼き
出典:https://cookien.com/(外部リンク)美味しいおつまみ!鶏肉とじゃがいもの照り焼き

このレシピは鶏肉とじゃがいもを甘辛く炒めた人気のおつまみです。鶏もも肉を使用していますが、皮をしっかりとパリパリになるまで焼いていくためとてもよい食感が感じられます。

お酒にもよく合うためたくさん作り置きしておくと重宝しますよ。ヘルシーに食べたい人は、鶏肉の部位をささみやむね肉に変更しても大丈夫です。仕上げにネギをたくさん散らして完成させましょう。

話題のおつまみに!簡単海苔塩バターポテト
話題のおつまみに!簡単海苔塩バターポテト
出典:https://cookien.com/(外部リンク)話題のおつまみに!簡単海苔塩バターポテト

この料理はじゃがいもを食べやすい大きさにカットして、バターやあおさで味付けしていくレシピです。フライパンを使用しないため楽に調理が出来ておすすめですよ。

見た目がとてもシンプルなのでおしゃれなお皿に盛り付けると雰囲気が出ます。ビールとの相性もバッチリなのでおつまみにいかがでしょうか。慣れてくれば10分ほどで完成しますよ。

おすすめのおつまみに!和風ジャーマンポテト
おすすめのおつまみに!和風ジャーマンポテト
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おすすめのおつまみに!和風ジャーマンポテト

簡単に作れる作り方で和風のおつまみはいかがでしょうか。ジャーマンポテトといえばチーズも使用することが多いですが、この料理は白だしや醤油を使って優しい味わいにしていくレシピです。

じゃがいもと和風テイストはとても合うため、おすすめの組み合わせです。しかし、ベーコンが入っているので食べ応えも出て、満足できる一品になるでしょう。

人気のおつまみ料理に!焼きじゃが塩昆布
人気のおつまみ料理に!焼きじゃが塩昆布
出典:https://cookien.com/(外部リンク)人気のおつまみ料理に!焼きじゃが塩昆布

このレシピは万能な塩昆布を使っておつまみを作っていく料理です。じゃがいもは皮ごとカットし揚げ焼きにしてから、塩昆布を一緒に和えるだけで完成します。大量の油を使用しないため後片付けも楽にでき、早くお酒が飲めますよ。

やはりじゃがいもを使ったフライドポテトのようなおつまみがあるとテンションも上がるので、急な来客が来たときにも重宝するでしょう。

じゃがいものおつまみで人気のレシピ《洋風》

おつまみに!じゃがいもでガリバタ醤油ポテト

このレシピは耐熱容器に、すべての材料を加えて加熱するだけで完成するおつまみです。ニンニクとバターの香りがとても良く、お酒も進むことでしょう。

ほんの少しだけおつまみが欲しいときにもおすすめの一品です。じゃがいもは薄めにカットすれば早く柔らかくなりますよ。

仕上げにたっぷりのパセリをちらして召し上がってくださいね。

話題のおつまみに!ブラックレーズンのポテサラ

この作り方はいつものポテトサラダに、コンソメを加えて洋風に仕上げていく人気のおつまみです。

さらに、ブラックレーズンをトッピングして甘酸っぱいテイストもプラスしています。

じゃがいもはなるべくマッシュして滑らかな舌触りにしていくのがポイント。このおかずならお酒にも合わせやすく、ちょうどよいおつまみになります。

また、手に入りやすい干しぶどうを簡単に代用してもよいでしょう。

おつまみにベーコンとコーンのじゃがいもグラタン

この料理はたっぷりのじゃがいもとコーン、ベーコンが入った人気のおつまみです。さらにチーズをたっぷりとかけて、洋風に仕上げていきましょう。

じゃがいもは柔らかくマッシュしてもよいですし食感を残してもOKです。スキレットに入れて調理すれば、一気におしゃれ度も上がりおすすめです。

ビールや赤ワインにもぴったりなおつまみとなるでしょう。

おつまみに!コーンのじゃがいもマヨチーズ焼き

グラタンよりも簡単にできるこのおつまみは、マヨネーズを使用して手軽に作っていきます。

じゃがいもはあらかじめ柔らかくしているため、焼き色がつけば完成ですよ。マヨネーズのコクと酸味はお酒にもよく合うテイストなのでおすすめの一品に。

オーブントースターで簡単に作れるところが嬉しいですよね。コーンもたっぷりと加えてつぶつぶ食感を味わっていきましょう。

チキンとじゃがいものガーリックソテー

このレシピは簡単にできて絶品のおつまみです。鶏肉はよく焼いてから、乾燥バジルを加えて香りよく仕上げます。

この料理はお酒にも合いビールや白ワイン、日本酒が進みますよ。また、お好みで粉チーズをふりかけて食べるのも美味しいでしょう。

人気のレシピを知っていると、急な来客が来ても慌てずに済みます。さらに、彩り用にブロッコリーも添えて作ってくださいね。

おすすめのおつまみに!コンソメバターポテト
おすすめのおつまみに!コンソメバターポテト
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おすすめのおつまみに!コンソメバターポテト

このレシピはじゃがいも細長くカットして、バターとコンソメで炒めていくおつまみです。たまには少しスナックのような味わいのおかずがあってもよいでしょう。

じゃがいもはなるべく崩さないように気をつけながら炒めますが、メークインなど形が崩れにくい種類がおすすめです。ちびちびとつまみながら、焼酎を飲むのもよいでしょう。彩りよくパセリを散らして完成です。

じゃがいもとウインナーのスパイシー炒め

このおつまみはレンジで加熱したじゃがいもに、ウィンナーとコンソメを一緒に炒める作り方です。

さらにカレー粉やケチャップなどを加えて、少しスパイシーに仕上げていきましょう。

スパイシーなおかずは人気があるので、おもてなしのおつまみにも使えますよ。

ただ炒めるだけなので簡単に出来上がります。ケチャップは入れすぎると甘くなってしまうので、ほんの少し加えるようにしてください。

すぐできる!じゃことじゃがいものペペロン炒め
すぐできる!じゃことじゃがいものペペロン炒め
出典:https://cookien.com/(外部リンク)すぐできる!じゃことじゃがいものペペロン炒め

たっぷりのニンニクを効かせたこの簡単なおつまみは、いろいろな種類のお酒に合う人気の料理です。じゃこはオリーブオイルでカリカリになるまで炒めているので、食感が楽しくなります。

唐辛子も加えていて、ほどよい辛さが良いアクセントになるでしょう。たくさん使えるため、おうちに消費しきれないじゃがいもがあるときにおすすめの一品です。

おしゃれなおつまみに!ハッセルバックポテト

この料理は一見難しくみえますが、実はとても簡単にできる人気のおつまみです。

じゃがいもを5ミリ幅に細く下までカットしていき、オリーブオイルをかけてオーブンで焼いていきます。

貫通しないように割りばりを二本端に置いてカットしていくと、うっかり貫通させずに済みます。

オリーブオイルが中まで染み込んでいき、カリッとした仕上がりになりとても美味しいですよ。最後は粉チーズをたくさんかけて美味しく召し上がってくださいね。

おすすめのおつまみに!じゃがいもアヒージョ
おすすめのおつまみに!じゃがいもアヒージョ
出典:https://cookien.com/(外部リンク)おすすめのおつまみに!じゃがいもアヒージョ

このレシピは簡単にできるオーブン料理です。新じゃががあればよいですが、なければ普通のじゃがいもを小さめにカットして使用してくださいね。アンチョビがとても効いていておつまみとして最高の料理になるでしょう。

オーブンで焼くことでじゃがいもがホクホクし、ついついフォークやお箸が止まらなくなってしまいます。ココット皿に入れておしゃれに仕上げてみてください。

おつまみ料理におすすめ!ダブルチーズポテト

このレシピはピザ用チーズと粉チーズが同時に味わえるおつまみです。思わずおかわり!と叫んでしまいそうなほど絶品ですよ。

ビール好きな人であればぜひこのおつまみを試してみてくださいね。チーズが冷めてカリカリになりますが、じゃがいもが柔らかい分色々な食感が楽しめます。

追い粉チーズもたっぷりかけて楽しんでくださいね。このときばかりはカロリーを気にしていられません。

話題のおつまみ!ツナとじゃがいものクロケット風
話題のおつまみ!ツナとじゃがいものクロケット風
出典:https://cookien.com/(外部リンク)話題のおつまみ!ツナとじゃがいものクロケット風

クロケットとフランス語で小さな丸い揚げ物のことをいいます。中はどのようなものを入れてもよいので、アレンジが楽しめますよ。ここではじゃがいもとツナを入れたレシピになり、おつまみとして最高に合う人気の料理です。

お好みで自家製のトマトソースをたっぷりとかけて、美味しく召し上がってくださいね。揚げ焼きにすれば油もそれほど使用せずに済むので便利です。熱いうちにどうぞ。

じゃがいものおつまみで人気のレシピまとめ

じゃがいもは使い勝手のよい食材で、おつまみにもってこいです。色々な調味料や食材と合わせて作れば変幻自在に美味しくなります。

ここで紹介してきたレシピはどれもお酒に合うようなものばかりなので、一つずつ試してくださいね。

また、作り置きをしておけばいつでも美味しいおつまみが食べられるのでおすすめです。これでおつまみのレパートリーが増えたので、お酒の量も増えそうですね!

元記事で読む