1. トップ
  2. ファッション
  3. 「デニムが似合う人」とは?|あなたのデニムをよりよく見せるために必要なこと

「デニムが似合う人」とは?|あなたのデニムをよりよく見せるために必要なこと

  • 2020.3.31
  • 6444 views
undefined

服の中でも「デニムが似合う人」という表現は、例外なくほめ言葉にあたると思う。デニムにはそんなポジティブな魅力と、かわりのきかない何かがある。だからこそ、あらためて「素敵なデニム姿」だけに焦点をあてたい。理由はあとからついてくる。デニムをよりよく見せるためのインスピレーション。

「更新をとげた新しいデニム」
はき尽くしてきたデニムだからこそ、「今季ならでは」の視点で探す。大げさな新しさよりも、いつもの延長でためせるぐらいの微差なら失敗しない。

HALF PANTS
「デニムにも及ぶハーフ丈の勢い」
ハーフパンツが再注目される今季、早くもデニムにもその波が。デニム素材なら、ありがちなコンサバ感もなく新鮮。まずは黒ニットに添えた、単純明快な着こなしからスタート。


「丈は目新しく、色みは見慣れたブルー」でマイナーチェンジ
黒タートルネックニット 8,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) デニムパンツ 23,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) ベルト 9,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パイソン柄バッグ 11,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) サンダル 34,000円+税/JANE SMITH(UTS PR)

CENTER CREASE
「スラックスのようなセンタープレス」
脱力感のあるブリーチデニムと見せかけて、センタープレスがほどこされることで、カジュアルな中に洗練された印象が。わずかなフレアとフリンジのすそなど、細部にもこだわりが光る。


スタイルUPを見込めるハイウエスト&センタープレス
ネイビー×白ボーダートップス 8,800円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ライトブルーカットオフデニムパンツ 18,000円+税/イエナ ラ ブークル ショルダーバッグ 39,800円+税/OSOI(UTS PR) ローファー 14,900円+税/A de Vivre わずかなデニムのマイナーチェンジによって、王道のボーダートップスの気分転換にも成功。

HIGH SLIT
「スリットによる計算いらずの抜け感」
鋭いスリットが目を引く、切れ味のあるNEWフェイス。シンプルなトップスはもちろん、ロングトップスを重ねてすそからのぞかせるぐらいのアピールから始めるのも手。


シャープなデニム姿を保証するワンツールック
ライトピンクスリットロングシャツ 18,000円+税/ウォーレン スコット フォー RHC(RHC ロンハーマン) インディゴデニムパンツ 23,000円+税/ジョーズ・ジーンズ(エドウイン・カスタマーサービス) 眼鏡 40,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eyes Press) サンダル 28,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店)

WAIST DESIGN
「凝って見えるウエストのズレ」
腰まわりをカバーしつつ、ベルトいらずの完成度を保てるラップボトムのようにユニークなウエストデザイン。トップスINにも自信が持て、着こなしの幅がまた広がる。


ミニマルな装いにこそ映えるウエストの「いい違和感」
ネイビーテーラードロングジャケット 59,000円+税/ebure ネイビーカシミヤニット 43,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) ブルーリメイクデニムパンツ 12,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サンダル 21,000円+税/コルソ ローマ(メゾン イエナ) プレーンなニットやシャツをINするだけなのに、ウエストデザインのおかげでモードな表情に。

「デニムと色のいい関係」
デニムを着る楽しみを広げてくれる、「デニムによる色、デニムのための色」。配色のインパクトに加えて、特有の素材感によって味わいさえ深めてくれる。

PALE PINK + FADED BLACK
上下にフィルターをかけたようなヴィンテージライクな甘辛配色


ピンクスエットトップス(別注) 9,500円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) 黒ウォッシュダメージデニムパンツ 8,300円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) シューズ 30,000円+税/PIPPICHIC 着古したようなピンクスエットと黒デニム。あせたトーンでそろえることで、甘辛配色に陥りがちなあざとさとも無縁。

BEIGE + BROWN
デニムで発想することで新鮮味が増す新定番の茶系グラデーション


ベージュリネンガウンコート 89,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) ブラウンボディスーツ(2月発売予定) 5,000円+税/Ungrid ブラウンデニムパンツ 35,000円+税/リダン(ロンハーマン) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) キレイめなスタイリングでの茶系はもはや定番。デニムの色から見直すことで鮮度が上がる。

WHITE + LIGHT YELLOW
限りなく白に近いイエローによるクリーミーな「ほぼワントーン」


白ニット 28,000円+税/FLORENT ライトイエローデニムパンツ 12,000円+税/GROVE SEOUL(アイクエスト ショールーム) バッグ 10,500円+税/マルコマージ(エディット フォー ルル) サンダル 28,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店) パキッとしたクリアな白よりも、くすんだトーンのほうが浮く心配もなく、親しみやすい。

YELLOW + WASHED BLUE
ポップでありながらなつかしいあせたブルーとイエローのツートーン


イエローリブニットトップス 27,000円+税/オーラリー フォー ロンハーマン(ロンハーマン) ウォッシュワイドデニムパンツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) チェーンバッグ 23,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) サンダル 32,000円+税/PIPPICHIC イエローを幼く見せないために、デニムはルーズかつダメージ加工された無骨なブルーを。

「ヴィンテージとの親和性」
めざすは、古着で構成されたようなムードのあるスタイリング。スタンダードなデニムの安定感に甘えて、なつかしさと遊び心を含んだアイテムの足し算を。

Washed Denim Jacket × Frill Pants
ハードなデニムジャケットには「甘くなつかしい」ギミックを


デニムジャケット(別注) 15,000円+税/ラングラー(シティショップ) ネイビー×白フリルパンツ(3月展開予定) 39,000円+税/ENFOLD 赤サンダル 19,000円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ドライなデニムジャケットだからためせる、フリルと赤サンダルの「甘さの2乗」。シャツのようにタックINし、着こなし自体もなつかしさを意識。

Vintage-like Layered × Gray Denim Pants
ヴィンテージムードがより高まる黒ではなく「グレーデニム」の選択


ジャケット 5,999円(税込み)/H&M(H&M カスタマーサービス) 白プリントTシャツ 14,000円+税/JANE SMITH×Hisayuki Hiranuma(UTS PR) グレーウォッシュデニムパンツ 16,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) サングラス 28,000円+税/BLANC ローファー 14,900円+税/A de Vivre イエローキャブのプリントがアクセント。

STRAWBERRY T-SHIRT


いちごモチーフTシャツ 7,200円+税/リサ セイ ガウ(エディット フォー ルル) レトロポップなかわいさ。

NAVY JACKET


ネイビージャケット(3月下旬発売予定) 7,500円+税/AG バイ アクアガール ロゴTでハズすのが常とう手段。

CHECK PANTS


チェックパンツ 28,000円+税/ソブ(フィルム) オーバーサイズのデニムジャケットとともに。

FRILL BLOUSE


グリーンフリルブラウス 32,000円+税/Greed International(Greed International Fukuoka Store)

「デニムを着る日の細部のこだわり」
計算しないで着るよさも知ったうえで、小物など「ささやかに凝って」、デニムを着るときがあってもいい。今あるデニムへの愛着が増すきっかけにも。

NUANCE COLOR
デニムと足元の「スモーキーな配色」


スエット 20,000円+税/イズム(ガリャルダガランテ 表参道店) デニムパンツ(3月展開予定) 24,000円+税/nagonstans パンプス 23,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ジャーナル スタンダード 表参道) グレーとブルーの間のようなカラーパンプス。

GOLD & SILVER
飾りがいのある「ランダムな輝き」


ニット 4,900円+税/原宿シカゴ 神宮前店 デニムパンツ 16,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ピアス 40,000円+税、リング(左手・中指、右手・人さし指) 各28,000円+税、スクエアリング(右手・薬指) 250,000円+税/以上エナソルーナ(エナソルーナ神宮前本店) バングル 12,000円+税/ケネス ジェイ レーン(シティショップ) スニーカー 9,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

COLOR FRAME SUNGLASSES
デニムに甘えて「ちょっと派手」


〈上から〉ピンクフレームサングラス 18,000円+税/エーディーエスアール(エディット フォー ルル) 白フレームサングラス 25,000円+税、ブルーフレームサングラス 24,000円+税/ともにBLANC


シャツ 30,000円+税/チャリータ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) トップス 6,000円+税/Ungrid デニムパンツ 30,000円+税/タナカ(プラージュ 代官山店) サングラス 25,000円+税/BLANC

METAL BARRETTE
波長の合う「甘くないバレッタ」


ウォッシュデニムジャケット 50,000円+税/マザー(サザビーリーグ) デニムパンツ 4,900円+税/原宿シカゴ 神宮前店 シルバーバレッタ 4,091円+税/COS(COS 銀座店) そでにあしらわれたボタンでも「細部のこだわり」を主張。

VINTAGE LIKE ACCESSORIES
カジュアルに似合う「キッチュなきらめき」


〈上から時計回り〉フープピアス 1,900円+税/8degrees(ROSE BUD 新宿店) ブルーリング 260,000円+税/エナソルーナ(エナソルーナ神宮前本店) ラメリング 5,800円+税/ELK(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

BASKET BAG
デニムと「かご」のナチュラルな関係


〈右から〉黒レザー×ウッドかごバッグ 68,000円+税/エバゴス(ドレステリア 新宿店) 黒チューブバッグ 22,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) ネームタグつき。

SOCKS & SANDALS
デニムだから遊べる「足元レイヤード」


ロングシャツ 23,000円+税/FLORENT デニムパンツ 7,800円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ソックス 1,800円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) サンダル 72,000円+税/ロシャス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)

「ぬくもりを感じるデニムに着がえる」
春に向け、わかりやすくデニムを衣がえするならクリーンな白を。とはいえ、白といってもいろいろある。ややクリーミーな白でありながら、包み込むようなジャケットが今の季節によく似合う。


「冬と春の間」の今にふさわしいあたたかくもフレッシュな色のデニムで包む
白デニムジャケット 12,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) イエローデニムジャンプスーツ 26,000円+税/パロマ ウール(シティショップ) デニムジャケットは春を待たずに今から楽しめる、重ね着向きのオーバーサイズ。インナーにはラフなジャンプスーツをセレクト。アイテム自体の雰囲気も色みも近い2着だから、セットアップのような相性のよさが漂う。

元記事で読む