1. トップ
  2. グルメ
  3. 「デイルズフォード・オーガニック青山」でオーガニック食材のおいしさを体感

「デイルズフォード・オーガニック青山」でオーガニック食材のおいしさを体感

  • 2015.4.16
  • 210647 views

東京・青山にある「Daylesford Organic Aoyama(デイルズフォード・オーガニック青山)」は、田園風景が広がるイギリス・コッツウォルズ発祥の店。安全で安心な食材の味を活かした、おいしい料理を楽しめます。

木の家具や観葉植物がなじんだ温かな店内

「デイルズフォード・オーガニック青山」は東京メトロ表参道駅から徒歩4分、青山通り沿いにあります。1階にはグローサリーストアとベーカリー、2階にはカフェがあり、さまざまなスタイルでオーガニックを取り入れた暮らしを提案しています。店内の真っ白な壁には観葉植物のグリーンや木製家具の明るいブラウンが映え、自然の息づかいを感じられる居心地のいい空間です。

「安心でおいしい食べ物を娘に食べさせたい」という創始者の思いから生まれたデイルズフォード。店内に飾られたリースやパッケージなど、店内のいたるところで目に入る “ハートマーク”は、創始者の情熱であり、デイルズフォードのシンボルです。

旬の素材をふんだんに使ったサラダプレート

2階のカフェスペースでは、デイルズフォードが考える"リアルフード"を使用した食事を楽しめます。 “リアルフード”とは、安全であり心からおいしいと感じられるオーガニックの食材のこと。料理に用いる野菜や卵の多くは「次の世代も使い続けられる農地へ」との理念をもつ、千葉県木更津市の有機農園『耕す』から仕入れています。ほかにもオーガニックのチキンやビーフを用いたり、ワインやシロップも厳選したオーガニックのものを揃えるなど徹底しています。

ランチメニューでぜひおすすめしたいのが、有機食材をふんだんに使った「デイルズフォードベジタブルプレート」(平日1300円、土・日・祝日1500円)。目をひく色とりどりの5種類のサラダに、カンパーニュやパンドミなどの自家製パンが付いた、贅沢なワンプレートです。

週末だけのブリティッシュ・パンケーキ

「パンケーキ レモン&シュガー」(600円)は、週末だけ登場するとっておきのメニュー。クレープのような薄めの生地は、フォークとナイフで切り分けることも、フォークにくるくると巻いて食べることもできる、イギリスではおなじみのパンケーキです。シュガーとレモンをギュッと絞るのも、イギリスでは定番だそう。生地はもちもちとしていて、意外と食べごたえがあります。パンケーキはほかに「ローストアップル&シナモンクリーム」(800円)があり、レモン&シュガーとはまた違った味わいが楽しめます。

生活雑貨が充実する1階のショップ

1階のショップでは、本国イギリスのデイルズフォード・オーガニックで販売している紅茶やクッキーをはじめ、コスメや木製の器などが並びます。なかでも最近人気なのは、日本限定販売のトートバッグ。コットン100%なので手ざわりがいいうえに、しっかりと丈夫なつくりです。デイルズフォード・オーガニックのオンラインショップでも購入できます。

体も心もよろこぶオーガニックライフを、デイルズフォード・オーガニックから始めてみませんか。