1. トップ
  2. インテリア
  3. 気分に合わせてデジタルアートを飾るディスプレイが人気に

気分に合わせてデジタルアートを飾るディスプレイが人気に

  • 2014.7.22
  • 1192 views

アートのある暮らしは、多くの人の憧れ。だが、絵画や芸術写真は高価なうえ、模様替えと共にお部屋の雰囲気に合わなくなってしまう心配も…。 そんな悩みを解決してくれる、次世代型インテリア・アイテムが、このディスプレイ付きのデジタル額縁「Electric Objects(エレクトリック・オブジェクツ)」。

undefined

・インターネット上のデジタルアートをおウチで気軽に楽しむ

エレクトリック・オブジェクツは、ニューヨーク・イーストヴィレッジ発のスタートアップが手がけた製品。 そのコンセプトは、インターネット上のアートをおウチでも楽しもうというもので、PCやタブレットのスクリーンを額縁に収めたようなデザインだ。

undefined

・目標額の20倍以上をKickstarterにて獲得!操作も簡単

クラウドファンディングサイトの「Kickstarter」では、目標の20倍にものぼる約50万ドル(約5000万円)を獲得しており、インテリア業界やアート・ファンから注目を集めている。 スクリーンに表示できるのは、インターネット上の画像やGIFアニメ、あるいは自分で撮影したデジタル写真など。操作も簡単で、WiFi経由で、専用アプリから作品を選ぶだけだ。

undefined

・バリエーション豊富な作品

なお、膨大なネット画像から作品をピックアップするのが一苦労…と思った人もいるかと思うが、エレクトリック・オブジェクツは、ニューヨーク公立図書館、コラージュサービス「to.be」「Museum of the Moving」などと提携。 ハイクオリティな作品を多数取り扱っており、気に入った一品をタップするだけで表示できる。

undefined

・次世代型インテリアとして普及!?

デジタル・フォトフレームの進化系とも呼べそうなこのアート・フレーム。8月7日まで出資を受け付けており、299ドル(約3万円)で1つゲットできる。発送は、2015年5月になる見込み。 手軽にアートを楽しむデバイスとして、今後お部屋のインテリアのスタンダードとなっていくかもしれない。

Kickstarter https://www.kickstarter.com/projects/electricobjects/electric-objects-a-computer-made-for-art

アート(まとめ)

Kickstarter(まとめ)

元記事を読む