1. トップ
  2. グルメ
  3. 手が止まりません…絶対食べたい「カルディ」の変わり種スナック5選

手が止まりません…絶対食べたい「カルディ」の変わり種スナック5選

  • 2020.3.30
  • 22554 views

豊富な品揃えで、いつ訪れてもときめく「カルディ」。特にスナックやチョコレートなどのおやつコーナーでは、季節限定の新商品や、他ではお目にかかれない珍しいテイストの商品と出会えます。今回は「カルディ」オリジナル商品の中から、ちょっと変わった“○○味”のスナック菓子をセレクトしました。

■“ピクルス味”のポテチ……!?

まずは昔のアメコミ風パッケージが目を引く「ピクルスポテトチップス」(¥192/税込み)。「ピクルス味のポテチ……?」と一瞬戸惑いますが、百聞は一見に如かず。一度食べてみて欲しい商品です。
袋を開けたときの香りはさほど強くなく、見た目も普通のポテトチップスです。でも一枚食べると、これはまさにピクルス!

うっすらと感じる塩気、舌に置いた瞬間に感じる酸味と抜けるようなビネガーの風味が絶妙で、手が止まらないおいしさです。そして心なしか、ほんのりときゅうりの青臭さも感じるような気がしました。
ハンバーガーの付け合せでよく見るピクルスとポテトの組み合わせ。それ自体は決して珍しいものではありませんが、それを一緒にするとこういう味になるのだな、と納得です。

■想像以上にピリ辛! “もんじゃ味”のおせんべいはおつまみにも

忍者のイラストがキュートな「なんじゃもんじゃセンベイ 明太子味」(¥117/税込み)は、明太子入りのもんじゃ焼きをイメージしたおせんべい。小ぶりの丸いソフトせんべいに、見るからにピリリと来そうな赤いシーズニングパウダーがかかっています。

オススメポイントはその本格的な辛さ! 子供の頃に食べた駄菓子を彷彿とさせるような味はやみつきになり、どんどん口に入れてしまいます。想像以上の辛さでしばらく舌の痺れがおさまりませんでした。
出汁とソースの風味で、“もんじゃ感”もしっかり。濃いめの味付けなので、ビールにも合いそうです。

■優しい味わいがやみつきに… ご当地“みそぱん”をラスクに!

前出の商品とは少しタイプを変え、スイートなおやつもご紹介。カルディで買える日本食材ブランド「もへじ」の「みそぱんラスク」(¥321/税込み)です。
「みそぱん」とは、その名の通り味噌を使用したパンのこと。「みそぱん」と言えば、コッペパンの間に味噌ペーストを挟んだ群馬のご当地グルメが有名ですが、こちらの「みそぱんラスク」で使用しているのは、味噌を生地に練りこんで丸く焼き上げたもの。福島県会津若松で昔から親しまれているご当地おやつだそうです。それを食べやすいサイズにスライスしてラスクにしたのがこちらの一品。同じく会津産のはちみつを使用したホワイトチョコを染み込ませてあります。

みそぱん本来の優しい味わいと固すぎないサクっとした食感、そしてたっぷりと染み込んだチョコで深みがプラスされ絶品! なんとも言えない懐かしさと、口福に包まれました。

■夏先取り!みんな大好き“焼きとうもろこし”と“焼き枝豆”のスナック

最後は、ギンビス製の「焼きとうもろこし」と「焼き枝豆」(各 ¥128/税込み)。少し平べったい小粒の揚げ菓子に、それぞれのシーズニングが効いています。
一粒食べると焼きとうもろこしの風味を感じたり、枝豆の味と香りが口いっぱいに広がります! 見た目が可愛いので少しあなどっていましたが、屋台さながらの超本格的な味に驚きました。

カリッとした食感も最高。香ばしさのあとには、噛めば噛むほど甘みも広がり、飽きのこないおいしさです。一足もふた足も早く、ビール片手に夏気分を味わえますよ。
一袋150円以下とコスパも良いので、お家にストックしておきたいアイテムです。

 

今回ピックアップした商品以外にも、ちょっと変わった“○○味”のスナックはたくさんありました。今度カルディを訪れる際には、いつもとちょっと違う視点でお買い物してみてくださいね。ドンピシャな一品に出会えるかもしれませんよ。

※紹介した商品は、扱いのない店舗や、予告なしに販売が終了することもあります。

文・画像/Nanami

元記事で読む