1. トップ
  2. インテリア
  3. 落ち着いた空間になる♡【ダークブラウンフローリング】に合うインテリア実例

落ち着いた空間になる♡【ダークブラウンフローリング】に合うインテリア実例

  • 2020.3.22
  • 6643 views

濃い茶色のフローリングでおしゃれに

何色の床を選ぶかで部屋の雰囲気はガラッと変わるので、床選びは非常に大切です。今

回は【ダークブラウン】のフローリングを採用された方のインテリア実例を紹介いたします。重厚感があり落ち着いた雰囲気に。色の合わせ方なども参考になるので、ぜひチェックしてくださいね。

ダークブラウン床のおしゃれインテリア

白で明るさをプラス

黒に近く木の節目がない濃い色の床には、白の配分が多くなるようにコーディネートされています。

床以外は明るい色を選び、重たく見せていないところがおしゃれですね。床と壁のコントラストが素敵で、床が暗くても合わせ方次第で印象も変わります。

ラグで明るさを演出

ダークブラウンの床はどんな色でも比較的合わせやすい万能色です。柔らかい色の柄物ラグが敷かれているので、さらにトーンアップして見えます。

フローリングをもう少し明るく見せたいときには、明るいものを選んで印象を変えてもいいですね。

天然素材をプラスする

窓のサッシなどでも印象は変わりますね。テーブルの脚や窓のサッシ、ドアなど黒をプラスしているので、全体がシャープで引き締まった印象を与えます。

天然素材のチェアが置かれており、柔らかな雰囲気をプラスしてくれますね。

シックなカラーのラグを合わせる

木の節目がしっかり出ている濃い床には、深いブルーの柄ものラグを合わせていますね。重厚感があり落ち着いた雰囲気を演出できます。

床が濃い色なので、ベッドや天井は明るいものを選ぶとバランスが良くなりますね。

圧迫感が出ない白色家具を選ぶ

こちらのリビングはカウンターを白でまとめられていますね。家具に白を選ぶと部屋に圧迫感を与えません。観葉植物を飾りナチュラルさがUPしています。

ファブリックではない、木のフレームのソファはカジュアルでおしゃれですね。

家具で明るさを足す

濃い色の床は民族柄との相性が良く、重厚感のあるどっしりとした空間に。ソファや1人用ソファを明るめカラーでまとめているので、重たくなりすぎません。

ソファなどの家具は部屋に対する割合が高いので、どんな色を選ぶかによって印象が変わります。

濃い色で統一する

こちらの床はトレンドのグレイッシュな色で、木の節目が出ているところがおしゃれですね。ソファはグレー、ラグは黒とダークトーンでまとめられています。

ソファのフレームは白を選ぶなど少し工夫することで、重たくなりすぎずおしゃれな空間を演出していますね。

壁の一面だけに濃い色を足す

濃い色の床に合わせてTVボードなども濃い色で揃え、しっとり落ち着いたリビングになっていますね。

壁の一部にエコカラットやクロスを貼ることで、より重厚感のある空間に。こちらのリビングのように、ロータイプの家具を揃えると圧迫感を与えません。

床と天井の色を合わせる

こちらのお部屋は、床と天井を濃い色でまとめられています。天井に暗い色を持ってくると、視覚効果により落ち着ける空間になりますよ。

このようなダークブラウンの床は流行に左右されないので、長く過ごす場所にもってこいの色です。

シャビーシックな家具を合わせる

こちらのダイニングスペースは、床や家具の素材が古材のようなデザインになっていますね。

このような雰囲気のお部屋には、古材で作られた家具などアンティーク感漂うアイテムがよく合います。

床や家具が濃いので、照明や家具などその他を白で統一して空間をすっきりさせていますね。

壁紙でアクセントをプラス

こちらのリビングダイニングスペースも、ヴィンテージテイストのおしゃれな空間になっていますね。

壁の一部にアクセントクロスを取り入れるのも素敵です。家具の素材や質感によっても雰囲気が180度変わります。

天井にも同じ色をプラス

こちらのインテリアは、床より薄めの茶色を天井にも使っていますね。

GG開放感のある空間なので、床より少し薄い色を合わせて明るい空間を演出されています。

ソファやラグで色を足すと、より明るい雰囲気になりますね。

ダークブラウンの床を採用しよう!

今回は暗めの床を採用された方のインテリア実例を紹介いたしました。

暗い床は一見合わせにくく思えますが、白い家具をはじめウォールナット系の家具を合わせても可愛いです。床の色味やラグなど家具によっても雰囲気が変わるので、楽しみながら選んでいきましょう。

元記事で読む