1. トップ
  2. 恋愛
  3. 上手な甘え方のススメ。甘えることは難しくない

上手な甘え方のススメ。甘えることは難しくない

  • 2020.3.19
  • 7165 views

男性は好きな女性に甘えられるのが好きです。

「かわいいな」「頼りにされてうれしいな」とテンションが上がるでしょう。

ちょっと甘えた態度を取るだけで距離がグンと縮まり、彼氏とはいっそう仲良くなれるはず。

でも、女性の中には甘えるのが苦手な人も……。今回は上手に甘えるコツについてご紹介します。

「甘える」と「媚びる」は違う

甘えるというと、小悪魔女子がおねだりする様子を思い浮かべる人も多いのでは?

でも、小悪魔女子のおねだりは「媚び」であって、「甘える」とは少し違います。

媚びの目的は損得勘定を含んだ自分の要望を叶えることにあり、手段として相手のご機嫌取りをします。

一方で甘えることの目的は、相手と慣れ親しみ愛し合うこと。甘えるとは目的であり、手段でもあるんです。

また、甘えることが苦手な女性は、不得手とする理由として「自分がズルいことをしているようで気が引ける」「恥ずかしい」とよく言います。

前者は、媚びと甘えを混同するがための苦手意識なので、甘えは立派な愛情表現と意識を改めるといいでしょう。甘えるのはズルくありません。

後者については、甘えは必ずしも恥ずかしい行為とは限らないので、具体的な方法を知ることが大事です。

甘える1:知らないことを教えてもらう

好きな人に「わからないから教えてほしい」と言う。これだけでも十分に甘える行為です。

知らないと言うことを恥と思う人もいますが、無知を認められないのはプライドのせい。自分が理想とする完璧な自分になり得ていないから恥ずかしくなるのです。

でも、大人になっても人間は全知全能にはなれないのですから、「教えて」と聞くことは全然恥ずかしくありません。むしろ素直になったほうが得をします。

だって、男性は頼られるのが好きだから。好きなものや得意分野を「教えて」と聞かれると、特にテンションが上がるはず。

彼の趣味を聞いたり、仕事内容を質問したりすると、自信満々に語り出すかもしれません。

甘える2:苦手なことを暴露する

男性はちょっとドジな女性が好きです。

美人で頭が良くて運動神経も抜群で……という完璧な女性は「すごい」とは思うものの、近寄りがたく恋愛対象には見づらいでしょう。

彼氏の前では苦手なことを隠さないほうがいいですし、むしろ暴露したほうがもっと愛されるはず。

暗算ができないとか、都道府県名がわからないといった、ささいなことでも大丈夫。彼女が「できない」と言うとき、彼氏は甘えられていると思ってうれしくなるのです。

まだ付き合うまでいかない関係でも、「できない」と言うことはアプローチになります。

男性が何かと面倒を見てくれれば、友情以上の特別な感情を抱いていると見ていいでしょう。

保護心と恋心はシンクロするので、好きな男性には完璧な自分よりも、不完全な自分を見せたほうがいいんです。

甘える3:スキンシップ

いわゆるイチャイチャなんですが、猫のように甘えることを苦手とする女性は少なくないはず。

たしかに、甘え行為の中ではハードルが高いと思います。

これはやっぱり、恥ずかしくても実践して心と体を慣らしていくしかないでしょう。

最初は赤面してぎこちなくても、チャレンジする中でこなれていきます。

職場ではキビキビ動くキャリア女子が、彼氏の前ではめためたに甘えている……なんてことは良くある話。甘えられない人はいません。慣れるかどうかの話です。

また、彼氏にハグされて心身をすべてあずけたとき、気持ちがラクになって安心するはず。スキンシップとして甘えると、心のコリがほぐれてリラックスできるんです。

その気持ち良さを一度でも味わえば、「また甘えたい」と思うに違いありません。もはや恥ずかしいとモジモジする次元を超えるでしょう。

恋愛はそもそも恥をかくもの

しっかりした女性ほど、苦手なものを暴露すると良い意味で隙ができます。

「知らない」「できない」と言うことを難しく感じる女性もいるでしょうが、隙は恋をスムーズに進展させるために不可欠なもの。

完璧な自分を見せるほうが、損をすると思えば、甘えることに積極的になれるのではないでしょうか。

恋愛とはそもそも恥をかくもので、好きな人の前では恥をかいたもの勝ちです。

そして、自分が思う「恥ずかしい」は、彼の目に「かわいい」「魅力的」と映ることも覚えておくといいでしょう。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む