1. トップ
  2. インテリア
  3. どんなテイストにも合う♡おしゃれな【中間色のフローリング】インテリア実例

どんなテイストにも合う♡おしゃれな【中間色のフローリング】インテリア実例

  • 2020.3.19
  • 6368 views

中間色の床はコーディネートしやすい

オーク系の中間色の床はやはり定番で人気があります。濃すぎず薄すぎないので、家具を選ぶときも数が多いところが魅力ですね。

オークといっても微妙に個体差はあるものの、扱いやすい色合いなのでおすすめです。素敵なインテリアを見て、お部屋のイメージを膨らませましょう。

中間色の床を取り入れたインテリア実例

使う色を揃える

床に合わせて家具も同系色で揃えられています。

テーブルなどどのようにセレクトすれば良いのか分からないという場合は、とにかくフローリングをベースに色選びすれば間違いありません。

すっきりと統一感のある空間になります。

濃い色の家具を選ぶ

このような床は、基本的にどんな色でも馴染んでくれます。

家具は部屋の印象を左右するので、濃い色を選ぶと空間が引き締まりスタイリッシュな印象を与えますね。

ところどころに黒を取り入れて素敵な空間に仕上がっています。

強調する色を投入する

床の色をベースに家具も同じようなカラーをチョイスし、すっきりしたインテリアになっていますね。

床から数十センチくらいの高さまでモルタルを使ったり、ラグにグレーを入れたりと、グレーカラーがアクセントになっています。

引き締め色があると違って見えますね。

好きな色を足してあげる

白とオークのインテリアも素敵ですが、こちらのリビングではソファで色を足していますね。

3色程度にまとめてあげると、立体感が出てより素敵な印象に。ナチュラルさはそのままで、ぐっと雰囲気がよくなりますね。

明るめのグレーを足す

白×オーク×ライトグレーの3色は間違いない組み合わせで、海外のような空間に。

カーテンやソファで明るいグレーを足せば、統一感もあり洗練された印象を与えます。暗い色を使っていないので、部屋も明るく見えますね。

白い家具ですっきり見せる

床と同じ色の家具を合わせた海外のダイニングスペースです。

空間を広く見せたかったり、できるだけすっきり見せたかったりという場合には、白色の家具を置くのも素敵ですね。

ヘリンボーンの床とチェアの色が揃っていて美しいです。

床・イス・テーブルを揃える

家具の色を同じ色合いで揃えると、空間に一体感が生まれますね。オークは人気カラーなので、気に入るデザインの家具に出会える可能性も高いですよ。

ベースはシンプルにまとめ、照明やアートポスターで遊ぶのもおしゃれです。

引き締めカラーを入れる

黒や濃いグレーは空間を引き締めてくれる効果があるので、ナチュラルよりもスタイリッシュさを演出したいという場合には、暗めのチェアを合わせるのもおしゃれです。

少し床より暗いテーブルを選んでいるところもかっこいいですね。

テーブルとイスの色を分ける

床の色に近いテーブルを選ばれているインテリアが多かったですが、あえて全く違う濃い色を合わせるのもいいですね。

あえて色も揃えずバラバラでまとめるというアイデアもあります。このような色合わせも新鮮でおもしろいですね。

空間ごとに色を分ける

全体的にLDKのトーンを揃えるのが一般的ですが、ダイニングスペースだけ濃い色でまとめるのも新鮮です。

テーブルはかなり濃いめですが、イスは床の色のようにくすみがかったカラーなので、ちぐはぐな印象を与えません。

テーブルとイスを揃える

テーブルとイスの色を変えるのもおもしろいですが、いろんな色を使いたくないという場合には揃えるのもおすすめです。

やはりすべて同じ色で揃っていると、統一感がありすっきりして見えますね。お部屋の柔らかな雰囲気を引き締めてくれます。

かっこよさをプラスする

同じ黒のソファでも、レザーなのかファブリックなのかによって見え方が全く異なります。

天井の無機質さや家具の黒が相まって、かっこいいインダストリアルの雰囲気になっていますね。

床のほとんどをラグが覆っていますが、ちらりと見える床が柔らかさをプラスしてくれます。

中間色の床でおしゃれインテリアに

オーク系の中間色床のインテリアを紹介いたしましたが、同じ系統の床色でも全く違うお部屋ばかりでしたね。

床と家具の色を揃えるのか、目立たない家具を選ぶのかなど、どんなインテリアにしたいのか明確にすることが大切。素敵な部屋をたくさん見て、イメージを膨らませましょう。

元記事で読む