1. トップ
  2. 恋愛
  3. そのままじゃ難しいかも!?彼に結婚を意識させるテクニック

そのままじゃ難しいかも!?彼に結婚を意識させるテクニック

  • 2020.3.16
  • 1404 views

「ラブラブなはずなのに、彼はちっとも結婚の話を出してこない・・・」彼からプロポーズされるのをただ待っているだけでは、何年先のことになるかわかりませんよ!大切なのは、彼に結婚を意識させるよう、あなたから仕掛けてみること。そこで今回は、「彼に結婚を意識させるテクニック」をご紹介します。


未来の話をする

彼とデートをしているとき、一緒に寝る前、さりげなく「将来、子どもは何人ほしい?」「老後はこんなところに住みたいね」なんて、ふたり一緒の未来が思い描けるような会話をしてみましょう。

ただし、結婚式の費用とか親戚との関係とか、現実的すぎる話は彼の結婚へのイメージをマイナスに傾けてしまう可能性があるので、避けた方が無難。


日常的にこのような会話ができれば、彼の中に「一緒にいる未来が当たり前」という気持ちが生まれ、結婚を自然と意識するようになるはずです。

彼の自由を尊重する

彼は、結婚に対して「自分の時間がなくなる」「趣味にお金が使つかえなくなる」などのイメージがあるのかもしれません。


そのイメージをなくすには、日ごろから彼の趣味を認め、束縛せずに自由を尊重してあげるしかありません。「結婚すると飲みにも行けないっていう人がいるけど、私ならそんなふうにはしないのにな」なんて言ってあげるのもいいですね。きっと彼も、「この子となら結婚してもいい!」と思ってくれるようになるはずです。

彼の友達や家族と仲良くなる

彼の友達や家族と会う機会があるのなら、積極的に仲良くなっておきましょう。彼を立てることを忘れず、彼の周りの人に気をつかうよう意識すれば、好印象になるはず。そうすれば「あんないい彼女、早く結婚しないと他の男にとられるぞ」なんて、周囲の人が結婚を促してくれるかもしれません。

彼にとって影響力のある先輩や両親などを味方につけると、より効果は高まりますよ。

守ってあげたいと思わせる

彼が、のほほんと「このままの関係でいい」と思っているタイプだったら、「俺が結婚してこいつを守ってあげなきゃ」と使命感を持たせることが必要です。たとえば、「風邪で熱があるのに無理して会社に行っていた」「酔っぱらって帰れなくなり、先輩に送ってもらった」など、「俺が近くで見ておかなきゃ」と思わせるようなエピソードを話すといいかもしれません。

ただし、あまりにもドジすぎるエピソードを披露すると、逆に引かれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

彼のタイプを見極めてアプローチしよう

あなたの彼は、結婚に嫌なイメージを抱いている?それとも現状に満足してしまっているだけ?彼がなぜ結婚したがらないのかを探ってから、アプローチ法を選ぶといいかもしれませんね。
(ハウコレ編集部)

元記事で読む