1. トップ
  2. インテリア
  3. 空間を彩るインテリア。春風に揺れるモビールをお部屋のアクセントに!

空間を彩るインテリア。春風に揺れるモビールをお部屋のアクセントに!

  • 2020.3.15
  • 2666 views

モビールを取り入れてお部屋の「空間」もインテリアの一部に

お部屋の天井にぶら下げるだけで、これまでとは違う空間の雰囲気に変えてくれるモビール。

ゆらゆらと風に合わせて揺れる姿は可愛らしく、外気を取り入れることが増える、これからの春の季節をより心地よいものにしてくれそうです。

今回は、お部屋にモビールをお洒落に取り入れている例をご紹介します。

FLENSTED mobiles(フレンステッドモビール)

ハリネズミ

FLENSTED mobiles(フレンステッドモビール)は、デンマークのブランド。半世紀以上の歴史を誇るモビールメーカーです。

はりねずみのモチーフのモビールは、子供部屋だけでなく、大人のインテリアに遊び心を加えるのにも良さそうです!

気球

フレンステッドモビールの代名詞とも言える、カラフルな気球のモビール。

立体感のある気球のモチーフがカラフルで、見ているだけで楽しくなってきます。

窓際はもちろん、天井の高い部分や吹き抜けに飾っても良さそうですね。

場所を取らないインテリアなので、ちょっとした贈り物としても喜ばれそうです。

ひつじのモチーフ

フレンステッドモビールのモビールは、デンマークの職人の細かいこだわりが感じられる丁寧なつくり。北欧風のインテリアとも馴染みます。

こちらのひつじのモチーフは、一匹だけ紛れ込んだ黒色の羊が、ユニークなアクセントとなり、お部屋の中でも目を引きます。

魚のモチーフ

こちらは魚のモチーフのモビール。ブルーグレーのアクセントクロスに、黒のモビールが良く映えていますね。

このように、飾り棚とのバランスを考えて飾るのも、テクニックとしてオススメです!

多種多様なデザインのモビール

音符モチーフのモビール

シンプルなお部屋も、たちまち優しげな空間になる音符モチーフのモビール。

人物と一緒に写真を撮る時にも、楽しい雰囲気になりそうです。モノトーンのデザインなら、ポップになりすぎません。

ウッドモビール

幾何学的な形がお洒落なウッドモビール。

大人の部屋にも馴染むシンプルで洗練されたデザインです。優しげな色の壁紙に、良く映えていますね。

レクタングル (長方形)

プロダクトメーカー、mother tool (マザーツール)の木製長方形モビール。

パーツが絶妙なバランスで繋がっており、揺れる様子も芸術的です。上質な空間を作ってくれますよ。

KOINOBORI mobileこいのぼりモビール

sukima.というブランドのモビール。

天然木を使用したこいのぼりのモビールは、木のおもちゃデザイナー柳谷環さんによって、デザインされたもの。

お部屋がマンションで、あまりこいのぼりを飾れないお宅でも、インテリアの一部として子どもの日に飾る事ができます。

SEA mobile海のモビール

こちらの海のモビールも、sukima.のもの。

夏をイメージさせる波や魚のモチーフが軽快に揺れる様子は、見ていて心が和みますね。

季節感が出過ぎないので、夏だけに限らず一年中飾ってももちろんOKです。

ヒンメリ

フィンランドの装飾品

「ヒンメリ」というモビールをご存知でしょうか?

ヒンメリは、藁に糸を通して作った、フィンランドの伝統的な工芸品です。

最近はストローなどを使ってヒンメリを作っている場合も多く、幾何学的で立体感のある形が魅力のモビールです。

ナチュラルで可愛い

こちらはタッセルをアクセントとして先に付けたヒンメリ。

ナチュラルカラーでまとまっていて可愛らしいですよね。女性のお部屋にも馴染む、柔らかくて繊細な姿が素敵です!

くらしの小物と並べて

ヒンメリを壁掛けのフックに掛けて飾っているインテリアの例です。

羽ぼうきやナチュラルなバッグなど、同色系のくらしの小物と並べて飾ることでアクセントになっています。

軽いので、場所を選ばず飾る事が出来るのがモビールの良さです。

和の雰囲気にも

ホワイトやナチュラルカラーのヒンメリは、木をベースにした伝統的な日本の家造りにもよく馴染みます。

和室に飾れば、ナチュラルモダンな雰囲気に仕上がりますね。

空間を彩るお洒落なモビールをインテリアにプラスして!

お部屋のインテリアのポイントになってくれる、モビール。子供部屋にも合うカラフルなものから、シックでお部屋に馴染む大人の心を楽しませてくれるデザインまで、多種多様です。

お気に入りのモビールは、お部屋で過ごす時間を上質なものにしてくれるはず。ぜひインテリアに取り入れて見て下さいね。

元記事で読む