1. トップ
  2. インテリア
  3. インテリアは色の組み合わせが鍵を握る!参考になるインテリア実例集♪

インテリアは色の組み合わせが鍵を握る!参考になるインテリア実例集♪

  • 2020.3.15
  • 12733 views

インテリアに色をプラスしよう!

モノトーンインテリアが一世を風靡していますが、色を入れたインテリアもやはり可愛いんですよ。インテリアコーディネートは色の組み合わせが鍵を握っています。

実際にカラフルな色使いをしているお部屋を見て、お部屋づくりの参考にしていきましょう。個性豊なお部屋がたくさん登場します。

色の配色がおしゃれなインテリア実例

グレー×水色×キャメル

グレー、水色、キャメルの3色を使ったお部屋は、色を多く使っていますがごちゃごちゃして見えませんね。

グレーと水色はくすんでいて似ている色なので、空間に溶け込んでいます。

水色やグレーはキャメルとも合う色なので、アクセントになっていますね。

水色×グレー×ホワイト

水色とグレーに少し黄色をプラスしたリビングインテリアですね。

グレーといっても薄いグレーなので、水色とよく合っています。水色はとても爽やかな色合いなので、春夏にぴったりです。

ラグを白系でまとめることによってすっきりして見えます。

ブルー×ピンク×グリーン

普段はなかなか合わせることがないブルーとピンクの組み合わせも、合わせてみると意外とマッチしていますね。

ラグにはグリーンが入っていますが、ブルーとグリーンは色相環で見ると近くにあるので馴染んでくれます。

ピンクが入ることで、女性らしい柔らかさをプラスしてくれますね。

ブルー×サフランイエロー×ゴールド

実はブルーとイエローは真反対に位置する色なのですが、補色を組み合わせることで意外としっくりくるんです。

真っ黄色ではなく、くすんだサフランイエローを合わせているところがおしゃれですね。

ゴージャス感が出るゴールドカラーを使っているところもポイント。

オレンジ×グレーベージュ

くすんだオレンジとグレーベージュの組み合わせで、2つの色がマッチしていますね。

家具や壁などグレージュの割合が多いので、アクセントでオレンジが入っているところが素敵です。

くすみオレンジは「色を使いたいけれど、あまり派手な色は得意ではない」という方におすすめ。

サフランイエロー×グレー×ピンク

ビビットなイエローではなく、くすみがかったサフランイエローとグレーの組み合わせは間違いなく素敵ですね。

くすんだイエローはどんな色でも合わせやすいので、ラグのデザインともよく合っています。

ピンクがアクセントになっていて、女性らしい空気感がプラスされています。

ブラック×ブラウン×ネイビー

こちらの寝室はブラック、ブラウン、ネイビーだけではなく、グリーンもプラスされていますね。

この色合いはかっこよく、メンズライクな空間になります。

そこに観葉植物やグリーンのクッションを置いたりすると、少し明るさがプラスされますね。

オレンジブラウン×ブルーグリーン×ブルー

壁紙の一部がオレンジブラウン、ソファがブルーグリーン、ラグがブルーと3色が使われています。

オレンジブラウンとブルーグリーンは絶妙カラーで、パキッとしていない色使いがおしゃれです。

オレンジはグリーンと補色なので、ブルーやグリーンといった色がよく合います。

グリーン×イエロー

グリーンとイエローの組み合わせも、意外としっくりしておしゃれですね。

壁紙などにグリーンを入れてもいいですが、観葉植物にグリーンを入れるだけでも雰囲気が変わります。

パキッとした色同士を組み合わせているので、元気が出そうな色合いになっていますね。

グリーン×ピンク

柔らかいグリーンとピンクの組み合わせは、女性らしい雰囲気ですね。

ショッキングピンクのようなはっきりした色だと飽きてしまいますが、薄いカラーの方が飽きにくいです。

ベッドにはピンクのクッションを、ソファにはグリーンのクッションを合わせて空間が一つにままとめられています。

インテリアに色をプラスしよう!

今回は色をプラスした素敵なインテリアを紹介いたしましたが、モノトーンインテリアとはまた違った良さがありましたね。

思い切ってカラフルな家具を足してもいいですが、家具はベーシックにまとめて小物で色を足すのもおすすめです。思い切った色合わせは勇気がいりますが、ぜひ参考にしてくださいね。

元記事で読む