1. トップ
  2. ファッション
  3. 白シャツのワンピースの着まわし8選|季節の変わり目に使えるアレンジ力

白シャツのワンピースの着まわし8選|季節の変わり目に使えるアレンジ力

  • 2020.3.14
  • 3596 views
undefined

1枚あるだけでさまざまな着方を楽しむことができる、シンプルでゆとりのあるワンピース。使い勝手のいい形を軸に広がる、これからのスタイリング・レパートリーを追求!

「白のシャツワンピでどこまでも」
コートの中にも着やすく、さわやかな春らしさを吹き込む白シャツ。ワンピならさらにアレンジもしやすく、季節の変わり目に好都合。白のシャツワンピがスタイリングにもたらす「いい効果」を、さまざまな着方とともにリストアップ。

SELECT POINT
□すっきりとしたバンドカラー
□今年らしいやや短め丈
□レイヤードしやすい適度なハリ
□前開きならはおりでも活躍


23,000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店) 幅が広がるベルトつき。

Day.1 / @COFFEE SHOP
「間のび知らずなオールホワイト」
ワンピを軸に、軽やかなプリーツや肉厚なスエットを重ねたクリーンなワントーン。シャツ特有のハリのおかげで、膨張しがちな白にメリハリがつき、こなれ感がアップ。


白シャツワンピースは着まわし。肩にかけたスエット 18,000円+税/ダートリア(アダム エ ロペ) スカート 24,000円+税/プレインピープル(プレインピープル青山) ソックス 1,600円+税/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店) パンプス 19,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) スエットのロゴやパンプスの濃い色がアクセント。

Day.2 / @SHOPPING
「腰巻きアレンジでスカートのように」
上半身のボタンだけを開けて腰に巻き、スカートのようにアレンジ。フレアともタイトとも異なるIラインとひねりの効いたウエストが、見慣れた黒のリブタートルをリフレッシュ。


白シャツワンピースは着まわし。黒タートルニット 19,000円+税/ハクジ(ブランドニュース) 黒サークルバッグ 37,000円+税/イアクッチ(ガリャルダガランテ 表参道店) 黒ロングブーツ 10,900円+税/RANDA 密着度の高い黒のスマートさに合う、白シャツのきちんと感。シンプルにまとまるモノトーン配色だから、目新しい着方もトライしやすい。

Day.3 / @SHORT TRIP
「白シャツのように着て映える赤を日常に引き寄せ」
インパクトのある赤に、シャツワンピを重ねて赤の見える範囲を微調整。赤の迫力がマイルドになるうえ、洗練さも手に入る。ボタンの開きで雰囲気が簡単に変わるのも魅力。


白シャツワンピースは着まわし。赤ニットワンピース 32,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) サングラス 54,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) ショルダーバッグ 14,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) シューズ 20,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 小物まで赤系でそろえ、色づかいを極力シンプルに。

Day.4 / @BOOKSTORE
「リラクシーな柄パンツも行儀よく」
きちんと感のある白シャツワンピで、見た目重視のキャッチィな柄パンツを品よくシフト。ニットカーデをアウター感覚で重ねて白の存在感を高め、さらなる清潔感を。


白シャツワンピースは着まわし。白ラメ2wayニットカーディガン 9,000円+税/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) ブラウンドットギャザーパンツ 25,000円+税/PHEENY サングラス 55,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) シューズ 62,000円+税/MARTINIANO(GALERIE VIE 丸の内店) ニュアンシーな変型ドット。

Day.5 / @GIRLS TALK
「ゆったりとしたワンピを支えるようにインナーづかい」
インナーでもモコモコしない、すっきりとしたバンドカラーシャツの持ち味を生かして、ノースリワンピをレイヤード。ぶかっとした黒のドレスも、キレイかつエレガントに。


白シャツワンピースは着まわし。黒サイドボタンドレス 49,000円+税/ウジョー(ブランドニュース) ベージュレザートートバッグ 78,000円+税/ebure アイボリーパンプス 23,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ジャーナル スタンダード 表参道) 深く開いたVネックの隙間を埋める、シックな白シャツ。主張しすぎないヌードカラーの小物もポイント。

Day.6 / @DATE
「ロングブーツをまだまだはきたいから」
ロングブーツ熱は継続中。ほんのり春を感じさせる白シャツワンピと一緒なら重く見えず、もう少し楽しむことが可能。短め丈ならロングブーツもしっかり映える。


白シャツワンピースは着まわし。ピンクストール 27,500円+税/アソース メレ(プラージュ 代官山店) ベージュドロストバッグ 9,800円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ロングブーツ 21,900円+税/A de Vivre 防寒にもアクセントにも活躍するストールは、やわらかなペールピンクを選び、春モードへとスイッチ。

Day.7 / @MEETING
「ラフなオーバーオールにはおって大人化」
締めつけ感なくラクにはけるオーバーオールは、白シャツワンピをはおりとして使うことで知的に。長いものどうしの組み合わせにより縦ラインが強調され、スタイルアップも実現。


白シャツワンピースは着まわし。中に着たカーデ 11,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) オーバーオール 46,000円+税/RH ヴィンテージ(ロンハーマン) 眼鏡 48,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) バッグ 30,000円+税/ヤングアンドオルセン(フリークス ストア渋谷) ブーツ 12,900円+税/A de Vivre

Day.8 / @WORKING
「ニュアンスカラーのソフトな締め役として」
ある意味強い真っ白なワンピが軸なら、春らしい淡いトーンでまとめても、ぼやけず端正なルックスへと昇華。付属のベルトでウエストマークすれば、メリハリも誕生。


白シャツワンピースは着まわし。タートルニット 25,000円+税/SLOANE カーキコットンリネンパンツ 15,000円+税/ロペ マドモアゼル かごバッグ 19,600円+税/パロロサ(シップス 渋谷店) ベージュパンプス 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 抜け感のある配色は、くずさず着ることでさらにまじめな装いに。

元記事で読む