1. トップ
  2. 恋愛
  3. 鈍感男に恋しちゃった!今すぐできる効果的なアプローチ3選

鈍感男に恋しちゃった!今すぐできる効果的なアプローチ3選

  • 2020.3.13
  • 1118 views

好きになってしまった相手が鈍感男の場合、ちょっとやそっとのアプローチではこちらの好意に気づいてもらえないこともあります。今回は、そんな鈍感男に効果的なアプローチを3選ご紹介しましょう。

相手の目をじ~っと見つめる

「目は口ほどに物を言う」という言葉にもある通り、「好きだと思う気持ち」を込めながら見つめるだけで、相手に好きという気持ちが伝わることがあります。目が合う回数が多ければ「もしかしてあの人は自分のことが好きなのかな?」「意識しているのかな」、そんな風に考えるようになります。しかし、相手が鈍感男の場合、普通に目が合うだけでは気づかれない可能性も。相手が鈍感男ならば、目を合わせる時間を長くしたり、目が合った瞬間に「ニコっ」と笑ってあげたりしましょう。そうすることで、鈍感男でもさすがに「これは何かあるぞ」と感じてくれるようになるはずです。

大げさに褒めてあげる

好きになった人はどんどん素敵に見えてくるもの。「カッコイイね」「いつも仕事頑張ってるね」など、褒めることで相手は「自分のことを異性として見てくれてるのかな」と感じることもあります。ただ、相手が鈍感男の場合、普通に褒めるだけではただ嬉しいだけで、好意が伝わらないということもあるかもしれません。「○○君ってイケメンアイドルみたい」「○○君は背が高くて男らしい」「ファッションのセンスが抜群だね」など、大胆かつ大げさに褒めてみると良いでしょう。外見を上手に褒めることで、異性として見ているということも伝わりやすくなります。

ボディータッチを活用する

好きな人のことはずっと触っていたいと思う人も多いでしょう。ボディータッチは、好きな男性に好意を伝えるために使える方法の一つ。人に触れるということはなかなかできるものではないですし、男性は女性に触れられると「好意」を感じやすいのです。ボディータッチ自体、親近感を沸かせる好意であり、活用することで好感度を上げたり、男性をドキドキさせたりする効果があります。好きな男性の腕にしがみついたり、肩にもたれかかったり、寝癖ついてるよと言いながら優しくなおして上げたりなど。鈍感男は言葉だけではなかなか好意が伝わらないので、ボディータッチを活用し異性として意識させてみましょう。

鈍感男にはこちらから積極的に

好きだという気持ちが伝わらなければ、いつまでたっても素敵な恋愛はスタートしません。相手に好意が全く伝わらないと、スタートしないまま恋愛が終わってしまうことも。鈍感男には、じーっと見つめたり、外見をいっぱい褒めたり、毎日LINEで連絡したりなど、普通の男性よりも大げさに好きという気持ちをアピールしましょう。

元記事で読む