1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 要確認≪発売中≫新型肺炎対策!レジカゴに触る数とスーパー滞在時間を減少できるエコバッグ

要確認≪発売中≫新型肺炎対策!レジカゴに触る数とスーパー滞在時間を減少できるエコバッグ

  • 2020.3.12
  • 4643 views

新型コロナウィルスの封じ込めへ向けて日本全体で大々的な対策に取り組むなか、感染予防・拡散防止への一人一人の小さな努力も求められている。日々の生活を送っていれば最低限の外出は必要なので、外出先での予防対策も積極的に行いたいところだ。

そこで、今回はスーパーマーケットでの接触感染リスクの軽減が期待できる「レジカゴで使えるエコバッグ」を紹介しよう。

エコバッグで2つの感染リスク減少に期待

「レジカゴで使えるエコバッグ」は、ファスナーや巾着の開閉なしでレジカゴにすっぽり入るシンプルなトートタイプのエコバッグ。

間もなくレジ袋が有料化されることから開発されたものだが、同商品を使うことで新型コロナに対する2つの感染リスク減少が期待されている。

まず、簡単に装着できてレジカゴに触る回数が減ることによる感染リスクの減少。エコバッグはカゴの縁にひっかけるだけなので、簡単に着けられる。多くの人が触ったレジカゴを極力触らなくてすむのは、衛生面で安心だ。

また、袋詰め作業が省略される分混雑が緩和され、レジに並ぶ時間やスーパーマーケットでの滞在時間が短縮でき、接触感染のリスク減少も期待できるという。

プロが開発!使いやすく長く使えるエコ袋

同商品には薄くても強度の高いポリエステル生地が使われており、重さはわずか54g。ストラップで簡単にコンパクトにたためるなど、使いやすさも抜群なうえ、長く使える点もエコなポイントだ。

感染症の拡散防止への知恵を使いながら、少しでも多くの人が健康的な生活を送れるよう、個人ができる小さなことを積みかさねていこう!

元記事で読む