1. トップ
  2. 事件起こりすぎの“一晩の恋”を堪能 編集部員の3月おすすめ映画2選

事件起こりすぎの“一晩の恋”を堪能 編集部員の3月おすすめ映画2選

  • 2020.3.11
  • 538 views

こんにちは。シティリビング編集部の映画大好きわた九郎です。

3月、春はすぐそこですね。普段ラブロマンスとかラブコメとか「ラブ」が付く系の作品はめったに見ないわた九郎ですが、この時期は何となくそういう作品にも手を出してみたりします。

そしてせっかく映画を見るのであれば、日常ではまず遭遇できないであろう濃いめの恋愛が見たい!

ということで、事件が起こりまくり、スピード展開すぎる濃厚な一晩を描いたおすすめ“恋愛映画”2本を紹介します。

覚せい剤争奪戦の夜に生まれたピュアな恋三池監督真骨頂のラブストーリー「初恋」

「クローズ」や「無限の住人」で知られる、あの三池崇史監督初の恋愛映画!と話題の映画「初恋」。

「さらば、バイオレンス」と銘打たれた今作のキービジュアルは薄墨のような淡いブルーを背景に、切ない顔をした窪田正孝さんとヒロインの小西桜子さんが佇んでいるもので「三池監督でこの雰囲気とは!!」とビックリしました。

undefined
出典:シティリビングWeb

「初恋」メインビジュアルは儚い雰囲気の2人。

ストーリーは…というと、余命宣告をされた天才ボクサーのレオ(窪田正孝)が、歌舞伎町で何者かに追われる少女・モニカ(小西桜子)と遭遇。後を追いかけてきた男を思わずK.O.すると、実は刑事の大伴(大森南朋)だったことが判明します。

策士のヤクザ・加瀬(染谷将太)と裏で手を組み、組の覚せい剤を横領しようとしていた悪徳刑事の大伴。モニカはその計画のための罠にかけられそうになっており、半ばヤケ気味に彼女と行動を共にすることにしたレオは、警察とヤクザの双方から追われる身に。武闘派ヤクザの権藤(内野聖陽)、恋人を殺され復しゅうに燃えるジュリ(ベッキー)も参戦し、一晩の熱い逃亡劇が始まります。

undefined
出典:シティリビングWeb

あらすじを見た時点で「恋愛映画? バイオレンスなし?」とたくさんのハテナが頭を巡りながら観に行ったのですが、

見どころはやはり三池監督全開のハチャメチャなアクションでした。アクションは大得意の監督なので、非常にバラエティー豊かかつスピーディーな展開で見応えがあります。

中でも怪演を見せていたのがベッキーさん。ここまで振り切った演技をするのは予想外。女優としての新たな一面を見た気がします。

undefined
出典:シティリビングWeb

荒れ狂うジュリ(ベッキー)。

染谷さんは別の意味で不気味。人を殺してもテンションが変わらないのが怖い。終盤はほとんと狂気の沙汰(褒めています)。

undefined
出典:シティリビングWeb

悪事をたくらむ加瀬(染谷将太)と大伴(大森南朋)。

その中で主人公の2人は清涼飲料水のような存在感。

リングを降りるとコミュニケーションもままならないレオの、余命宣告後の儚い横顔は反則級の美しさ。モニカも父親の借金の方に売春を強要されているハードな身の上ながら、本人はあくまでピュア。この2人が大伴やヤクザたちとは別の世界線のようでいて、同じ物語の中に見事に共存しています。状況がめまぐるしく変わっていく中で、2人の恋だけはもどかしいのもいいバランス。

クライマックスはカオスでしか無いバトルに突入しますが、それでも最後にきちんと恋愛映画に着地するのは、三池監督の真骨頂です。

映画「初恋」は丸の内TOEI他全国で公開中(配給:東映)

(C)2020「初恋」製作委員会

https://hatsukoi-movie.jp/

摩訶不思議な京都の街で憧れの乙女を追いかける“一夜”「夜は短し歩けよ乙女」

原作は累計売上120万部を超える森見登美彦さんの人気同名小説。「きみと、波にのれたら」(2019年)の湯浅政明監督が製作を手掛け、主人公である「先輩」の声を星野源さんが務めたことでも話題になったアニメーション映画です。

クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋をした先輩が“なるべく彼女の目にとまる”、略して「ナカメ作戦」を決行。

次から次へと摩訶不思議なことが起こる京都の夜、好奇心の赴くままにどんどんと歩いていく黒髪の乙女を巡り、一風変わった、でも熱意だけは伝わる恋物語が繰り広げられます。

見どころは、一夜が一年に感じるような展開の早さと、ちょっとレトロでファンタジックな世界観。

先輩と乙女が巡るのは、京都の木屋町・先斗町の辺り。ロケーションはかなりリアルに再現されているようなのですが、そこに三階建ての電車が突然現れたり、鯉のぼりが宙を舞ったりして、起きたまま夢を見ているような感覚に。

原作では一年に渡る物語を映画では一晩に集約したのも秀逸です。「“夏”の古本市」「“秋”の文化祭」などのトピックが目まぐるしく通りすぎ、「あれ、これは一年が過ぎたのか?いや、一晩の話か」という倒錯感がよりこの不思議な世界を強く印象付けています。

その中で、何としてでも乙女の目にとまりたい先輩の奮闘は最高。

ブルーレイ&DVDがレンタル中。週末などの何となく時間を持て余す夜なんかにおすすめです。

https://kurokaminootome.com/

元記事で読む