1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性に聞いた! 既読スルーするのはなんで?

男性に聞いた! 既読スルーするのはなんで?

  • 2020.3.4
  • 1167 views

彼にLINEを送ったのに既読スルー。

一度や二度ならいいけれど、なんども続くと「きらわれているのかな……」と不安になってしまいますよね。

でも男性が「既読スルー」をするには、それなりの理由があるようです。

今回は男性に「既読スルーするのはなんで?」とアンケート調査してみました。

男性に聞いた!既読スルーするのはなんで?

長い返事を求められている

「『AとBどっち?』とか、イエスノーで答えられるとか、そういうのならすぐ返しますけど、『どう思う?』みたいに長い返事を求められるとめんどうになっちゃいます」(32歳/営業)

LINEの魅力はズバリ「手軽さ」。

女性同士なら、長電話のように長文のやりとりをすることもあるかもしれませんが、男性にとってはめんどうに感じてしまうよう。

彼が求めているのは「自由記述」の質問ではなく、「選択肢」のある質問や「一問一答」の質問です。

LINEを送るときは、そこを意識してみてはどうでしょうか?

終わりが見えない

「会話が終わったと思ったのに、次々話題を出されるから強引に止めてしまいます」(31歳/美容師)

「返したらずっと返ってくるし、スタンプ送ったらスタンプで返ってくるし……終わりが見えない子だなと思ったら既読スルーします」(35歳/接客業)

普段なら会話が途切れたら、次の話題に移るのは自然な行為ですが、LINEの場合は区切りがついたら、そこで終了するほうが良さそうです。

長文のやりとりは疲れる

「こっちがひと言しか送っていないのに、10行ぐらいで返ってくるとかまえてしまう」(34歳/駅員)

「長い文のなかにふたつもみっつも『?』があると全部に返さなきゃって思って疲れる」(30歳/薬剤師)

LINEは会話量が目に見えてしまうので、長い文章が来ると「多い」と感じてしまうよう。

LINEを送るときは、相手のテンションや文章の量に合わせてみると良さそうです。

「あとで返信しよう」で忘れる

「既読スルーしてたことに気づいたあとだと、『ごめん』とか『〇〇してて』とか送らなきゃいけないので、結局そのままスルーしちゃったことも……」(29歳/営業)

「本当に他意はなくて忙しいときにぱっと見て、急ぎじゃなさそうなら心のなかで『OK』って言って忘れちゃいます」(35歳/相談員)

長文のLINEだったり、答えにくいLINEだったり、という他の理由が重なっていることもあるようですが、もっとも多かったのが意外と「忘れている」という意見でした。

とくに「連絡」や「報告」の場合はあとまわしにしやすいようなので、自分のLINEがそのような内容になっていなかったか見直してみてもいいかもしれません。

おわりに

既読スルーされると「無視」されたような気になりがちですが、男性同士の間では「既読」したということは「読んだんだな」という理解で終わっていることも多いようです。

これを機に「既読スルー」に対するかまえを、変えてみてもいいかもしれませんね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む