1. トップ
  2. ヘア
  3. 「これが無いとマジ死んじゃうからぁ泣」美髪への執着がハンパないサラツヤロング女の行動を観察した結果

「これが無いとマジ死んじゃうからぁ泣」美髪への執着がハンパないサラツヤロング女の行動を観察した結果

  • 2020.3.2
  • 78435 views

こんにちは!「あーかわいくなりたい」が口癖のライターMです。

呟くだけでは何も変わらないので、そこで思いついたのが、周りのかわいい女友達を真似すれば早く確実にかわいくなれる説です。かわいい子ほど「特に何もしていないよ〜」と言うけど、絶対秘密があるはず…

秘密を暴いて、私ももっとかわいくなってやるぜっ!ということで、実際に女友達を観察して見つけたかわいさの秘密を紹介します。

可愛くなりたきゃ美髪の女友達から学べ

今回観察するのは、朝昼晩いつでも透明感抜群の女友達。彼女のかわいさの秘密はズバリ、超絶美髪であること!

パンテーンのCMでてるよね?ってくらいさらさらツヤツヤのロングヘアで、一緒に居ると同性の私でも髪…綺麗だね…と思わず触ってしまいます。(もはや変態)

生まれながらの恵まれた髪質なのだろうと羨んでいたのですが、「昔は超くせっ毛だったよ」と衝撃のカミングアウト。待って、ならどうやってその髪を手に入れた?丸坊主にして髪質変えたんですか?早速彼女が美髪な秘訣を暴いてやんよ!

epi1:命の次に大事なもの

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

彼女はいつもバッグが大きめです。何故なら常にどデカいヘアブラシを持ち歩いているから!馬のたてがみも梳かせそうなくらい立派で邪魔そうなのですが、手櫛でちゃちゃっと整えるのではなく、ちゃんとヘアブラシを使うことが、美髪への第一歩なのかもしれません。

また、彼女は旅行に行くときも、愛用のヘア用品をフルセットで持参してきます。私はホテルの備品で済ませてしまう人間なので、旅先でもヘアケアを怠らない彼女の女子力が眩しいですが、一緒に海外へ行った際に事件が起きました。

空港の保安検査場から彼女が全然出てこないのです。様子を伺うと、持ち込む液体が多すぎて荷物検査で見事に引っかかっておりました。国際線は厳しいからね…

無慈悲に捨てられる愛用のヘア用品たち。「これが無いとマジ死んじゃうからぁ(泣)」と、我が子と引き裂かれた母親のように泣く彼女。楽しい旅行前に顔が死んでいたのですが、搭乗ゲートに向かう途中の免税店ですぐブランドシャンプーを「免税最高ー☆」とゲットしておりました。ヘアケアへの執念がさすが過ぎる!

epi2:愛の力is最強

彼女がヘアケアへのこだわりを強めるのには理由がありました。普段はSっ気強めで少し素っ気ない彼女のカレが、「お前の髪、好き。触りたくなる。」と褒めてくれたことがあったそう♡なんだその少女漫画展開、うっ羨ましいいいい!!!

それ以来、彼女にとって美髪をキープすることはマスト案件となったのです。しかも「手間をかけただけ綺麗になれるから」と、努力をむしろ楽しんでいるのです。もうマインドが田中みな実…結局、愛の力が最強説!?

all we need is Loveが証明されましたが、周りのモテる子を見ても、髪がキレイな子が多い気がします。モテたければ美髪を手に入れることが近道なのでは!

epi3:突然のフェルメール

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

話は一緒に旅行に行ったときに戻りますが、ホテルに泊まった際、就寝準備をしていたら目の前に真珠の耳飾りの少女が現れました。突然のフェルメールどうした!?と驚いたらそれは彼女で、 よくわからない布を髪に巻きつけて寝ていたのです!

触らせてもらうとそれはシルクのヘアキャップ。「髪が長くて邪魔だからさ〜」と彼女ははぐらかしましたが、本心は摩擦を最小限にして、髪へのダメージを減らすためだと推理!寝ているときまで髪のことを考えているとは…これは完敗です。

見た目のインパクトが強めなので、カレとのお泊まりには向かないかもしれませんが、彼女がつけていたヘアキャップ、通称フェルメール帽を私もすぐさま購入。既に使ってみたのですが、朝起きると髪が超しっとり。しかも寝癖が付きづらいため朝の身支度の時短にもなったのです。恐るべしフェルメール帽!

今こそ髪ファーストなライフを

捜査の結果、思わず見惚れるサラツヤロングを持つ彼女は、常にヘアケアを怠らない、髪ファーストな生活を送っていることが判明!努力で美髪が手に入ることがわかった今、カレや家族を愛するように髪を愛でるのです!

Text:mana(@ma7tune)

Illustration:オオマエメグミ

元記事で読む