1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男子が本命の女子には「ゼッタイにしないこと」

男子が本命の女子には「ゼッタイにしないこと」

  • 2020.3.1
  • 33573 views

気になる男性との関係が発展せず、「自分が本命なのか気になる!」という女性は多いですよね。

今回は、男子に聞いた「本命の女子にはゼッタイにしないこと」をピックアップしてご紹介します。

「気になっている彼が、自分のことをどう思っているのか知りたい」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゼッタイにしないこと

信頼を失う「約束のドタキャン」

「本命女子との約束は、絶対に逃したくないチャンスなので、どんなことよりも最優先します!

あまり興味のない子との約束は、どうしても都合が悪くなれば正直キャンセルすることもあるけど、本命の子の場合は、信頼を失いたくないので、何があっても約束は守るようにしてます」(26歳/技術職)

約束を破ると相手をがっかりさせるだけではなく、自分自身の信頼を失うことにつながります。

本命の相手には、誰しも信頼されたいと思うもの。

いつも自分との約束を最優先してくれるようであれば、脈アリの可能性が高いかもしれません。

食事をおごってもらうこと

「男子はわりと『気になる本命の子には、絶対おごってもらいたくない!』と考えている人が多いですよ。割り勘もできれば避けたいです。

彼女には頼りになる男と思ってもらいたいので」(32歳/販売職)

大切な人を喜ばせたいという気持ちから、「おごってあげたい」と思う人は多いようです。

「男として守ってあげたい」という意思の表れであることもあります。

気になる相手が、いつもお金を多めに出したりおごってくれたりする場合は、あなたのことを特別に思っている証拠でしょう。

下ネタの話題や品のない言葉使い

「下品な男だと思われたくないので、本命女子の前では極力下ネタの話題は出さないようにしています。

また、「お前」とか「○○しろよ」とか、乱暴な言葉づかいもできるだけ控えます。相手が嫌な気持ちにならないように、話し方や内容はできるだけ気遣っていますよ」(30歳/銀行員)

大切に思う女性には、誠実さや優しさをアピールしたいと思う男性は少なくないようです。

彼が普段友達と話しているときよりも、あなたに対する言葉使いが優しく、温かく接してくれているようなら、あなたに好意を抱いている可能性大。

嫌われないように、話す内容や言葉づかいを気にかけているのかもしれませんね。

私って本命?気になる彼の行動をチェック!

好きな人には、「信頼されたい」「守ってあげたい」「嫌われたくない」と考える男性が多いようです。

今回紹介したような行動に彼が当てはまらないなら、あなたのことを真剣に考えている証拠なのかもしれません。

自信を持って意中の彼にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

(愛カツ編集部)

元記事で読む