1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【注射】や【予防接種】後のご褒美はアリ?ナシ? 我が家の結論は…【産後太りこじらせ母日記 第77話】

【注射】や【予防接種】後のご褒美はアリ?ナシ? 我が家の結論は…【産後太りこじらせ母日記 第77話】

  • 2020.2.28
  • 7853 views

ウーマンエキサイトの読者のみなさん、こんにちは! 8歳と5歳のやんちゃ兄弟を育児中のなーみんです。
今回は「注射の後のご褒美について」のお話です。


■ご褒美制度を導入 長男の反応は…
育児をしていると避けて通れない「注射」「予防接種」
我が家の子どもたちも赤ちゃんの頃からたくさんの注射をしてきました。

インフルエンザの予防接種やアトピーでの採血・検査など今まで本当にたくさんの注射針を刺してきました(笑)。

赤ちゃんの頃はまだ楽だったんですが、年齢を重ねるにつれ「予防接種」と聞くだけで大泣き&大暴れなんて経験はないでしょうか? そうなると予防接種に行くのも憂鬱になりますよね…!



うちも「小児科に行く=注射される!」と思うようになって、小児科に行くだけで嫌がったりと大変な時期がありました。予防接種をさせる時も本当に憂鬱だったんですが…、ご褒美を導入してから全く苦じゃなくなりました!



我が家のご褒美はお菓子を1つ買ってあげることです。注射をしたらご褒美を買ってあげるのは賛否両論あると思うのですが、うちはこれを導入したおかげで本当に楽になったんです~!

まず小児科に入っただけで泣かなくなりました! そして注射をする前、してる時、した後も泣かない! お菓子を買ってもらうというだけでこれだけ頑張れるようになり、注射をした後も泣かなかったことが自信につながったのかイキイキとしていました(笑)。



これが長男が3歳くらいの話です。

次男の場合は…、


■ご褒美効果ナシ…⁉ 次男の場合は…
しかし次男3歳の時は「ご褒美買ってあげる」といってもうまくはいかず…。
長男の時の経験を踏まえ3歳になればだいぶ我慢ができると思ったのですが、個人差はあるようです(笑)



そして4歳になっても予防接種を嫌がり泣いて「やめてぇぇぇぇ」と大絶叫…。これはいつまで続くの…?と思いながら5歳を迎えました。

最近耳鼻科でアレルギー検査を勧められ、大丈夫かな…と心配だったのですが、「頑張ったらご褒美あるよ!」と言ったら表情がガラっと変わりとびきりの笑顔に(笑)。採血中もじっとおとなしくしていました!

終わったらお菓子を1つ買ってあげて上機嫌! 長男にも採血をしたことを自慢していました(笑)。



ご褒美パワーってすごい…!
親も子どもも負担が軽くなるならご褒美はありだと思います! お菓子じゃなくても、塗り絵やシールなど…子どもが好きなものをあげるのが良いかもしれませんね~。

ちなみにこのご褒美制度「小学生になったらナシだからね!」と言っていますが、それでも長男はご褒美を欲しがるので、今ちょっとした悩みとなっています(笑)。

(なーみん)

元記事で読む