1. トップ
  2. 恋愛
  3. ラブラブな時期にこそ観察力が必要。彼が運命の相手かどうか見極めるたった2つのポイント

ラブラブな時期にこそ観察力が必要。彼が運命の相手かどうか見極めるたった2つのポイント

  • 2015.4.12
  • 19887 views

知り合って3ヶ月で即婚約し、さらにその3ヶ月後に結婚した知人がいます。「愛情は時間と共に育てる」という恋愛観が根強いイタリアでめずらしいタイプだなと思いましたが、彼に言わせると「3ヶ月もあれば、相手の性格や価値観の基本的な部分がわかってくる。いいところも悪いところもお互い受け入れられるかそこで決めた方が、時間をムダにしなくてすむ」とのことで、エリートビジネスマンである彼の性格がよく出ているなぁ…と感じました。

つきあい始めのラブラブな時期も、相手をよく観察しているイタリアの人々。相手も自分も含めて「愛すること」に真剣なその姿には、学ぶべきことがたくさんあります。その中から厳選した、ラブラブ期に行う2つのチェックポイントをご紹介します。

1.大事にされすぎていないか

常に彼氏を切らさず、アクセサリーはすべて歴代彼氏からもらったもの…という知人女性がいます。飄々とした性格ですが、緑色の瞳が放つ強いまなざしがとても印象的で、私が男性でも声をかけたくなりそうなタイプです。しかし女子会の席で彼女は「何かをほしがったことは一度もない」と告白し、周りを驚かせました。これをくれた元彼たちと別れるときは、本当に気に入ったものだけをもらって後は返していたそう。「モノとか花とか、いろいろなものをプレゼントしてくれた人が多かったけど、なんかズレてた。私の気持ちは二の次なのよ」と嘆いていました。

つきあい始めの時期は、彼女に喜んでもらいたい、気に入ってもらいたいという気持ちがMAXになるものです。男性は行動することでその気持ちを表現することが多いですが、「かゆいところに手が届く」ほど、大事にされ過ぎていないか注意しましょう。「彼女のことこんなに大事にしてるオレってすごい」という、単なる自己満足が隠れている可能性があります。不満をもらしたとき「君のためにがんばってるのに、どうしてわかってくれないんだ!」と豹変する場合はモラハラの危険が。さっさと次へ行きましょう。

2.お互いのギャップを埋めるスキルがあるか

友だち経由で知り合った人といい感じになっている…と久しぶりに報告をくれた女友だち(バツイチのキャリアウーマン)がいます。しかし、4ヶ月を過ぎたころ「やっぱりムリだった」とメールがきました。あんなに盛り上がってたのに、どうしたの?と聞くと「私の仕事の話をしたときに、彼の機嫌がみるみる悪くなったのがきっかけ」とのことでした。その彼はアーティストを目指すフリーターで、やりたい仕事を目指して頑張っている姿を彼女は尊敬していました。しかし彼女の仕事の話をきっかけに、彼の態度が卑屈になっていったそうです。いたたまれなくなり、サヨナラを告げたのは彼女からでした。

お互いに好きあって一緒にいるカップルでも、価値観、仕事、趣味などが違う環境で生活している以上、何かしらの違いが出てくるもの。ラブラブな時期は相手の全てを無条件に肯定しがちですが、それだけでなく二人のギャップを埋めるための心づかいがあるかどうかも、要チェックです。何の共感も示さず無関心だったり、自分のプライドを優先したりという行動に出るようなら、少しづつ距離を置くことをオススメします。

恋は盲目…になりがちですが、相手を少し冷静な目で見てみることも必要です。この2ポイントをクリアできる男性は、あなたにぴったりなパートナーになれる素質大です。チェックを実行して、よりハッピーな恋愛を楽しんでくださいね!

(金丸 標)