1. トップ
  2. 恋愛
  3. どうせされると嬉しい?仕事の失敗で弱っている時の男性心理4選

どうせされると嬉しい?仕事の失敗で弱っている時の男性心理4選

  • 2020.2.22
  • 1620 views

好きな男性が落ちこんでいる姿を見たら、女性としては何とかしてあげたいと思うはず。しかし落ちこみの原因によって対応は変わってきますよね。今回は、男性が仕事で失敗して弱っている時どうしてほしいのか…男性の心理を紹介します。

1. そっと慰めてほしい

落ちこんでいる時、誰かに優しく慰めてもらいたいと思う人は、男女関係なく多いですよね。ただし、慰め方には注意が必要。あまりにもあからさまな慰めをかけられると、男性は自分を情けなく感じ始めて余計に落ちこんでしまうからです。優しく慰めたつもりだったのに、「もう放っておいて」と男性側から言われてしまうNGパターンの慰め方ですね。

なので、彼が仕事の失敗で落ちこんでいる時は、おおげさな慰めはせずに、一言そっと言葉をかけたりするくらいに留めましょう。また、彼の好きな飲み物やおやつなどをそっと差し入れるのもおすすめです。

2. 厳しい言葉や説教はいらない

男性は基本的に厳しい言葉や説教を聞かされるのが嫌いな生き物なことを覚えておきましょう。仕事の失敗で落ちこんでいる時もそれは同じです。

彼にまた元気を取り戻してもらいたい!と思う気持ちからハッパをかけるように厳しい言葉で叱咤したり、お説教をする慰め方もありますが、基本的には男性にその慰め方はしない方が無難です。「なんでそんなこと今言うんだ…」と嫌われてしまう可能性もあるので、やめておきましょう。

3. ひたすら話を聞いてほしい

女性は落ちこんだ時にとにかく話を聞いてもらいたいと考える人が多いですよね。男性の中にも、自分の気持ちを誰かに話して聞いてもらいたいと考えるタイプの人がいます。ただし、気を付けておきたい点がひとつ。それは話を聞くタイミングの作り方です。

女性は落ちこんでいる時に「何でも聞くから話してよ!」と言われると、特になんとも思わず話し始めるでしょう。しかし男性は、そう言われるのが嫌な傾向にあります。話したいことはあるものの、話してと催促されるのが嫌なのです。自分の中で話したいタイミングがあり、その時にただひたすら聞いてもらいたいのです。

男性心理は非常にデリケート…時間はかかりますが、落ちこんでいる男性が自分の気持ちを話したくなるまで、あえて聞かずにじっと待ってあげて。

4. いつも通りに接してほしい

仕事で失敗して落ちこんでいても、自分に気を遣ってほしくないと考える男性もいます。そのような男性の場合、慰めたり気遣ったりすると、かえって傷ついてしまう可能性があります。なので、あたかも男性の失敗のことなど何も知らないかのように、彼の前ではいたって普段通りに接することも慰め方のひとつ。

特に、このタイプは繊細な男性に多い傾向があるので、気を遣わず自然体で接するあなたの優しさに彼が気付いたら、好印象を持ってもらえるかもしれません。

弱っている男性心理はデリケート

仕事の失敗で弱っている男性心理はかなりデリケート。どのような心理をもつタイプかによって男性への対応が異なるため、気になる彼のタイプや性格を見極めることは非常に重要です。弱っている時に自分の気持ちを理解してくれる女性に男性はかなりグッとくるもの…。彼には悪いですが、失敗したときは恋が動くチャンスと思い、慰め方を間違えないようにしましょう。

元記事で読む