1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「上の空」「冷たい」とは限らない!男性が浮気しているときの言動って?

「上の空」「冷たい」とは限らない!男性が浮気しているときの言動って?

  • 2020.2.22
  • 12378 views

男性の心変わりと言うと、「冷たくなる」「上の空になる」と、露骨にそっけない態度をイメージすることも多いのではないでしょうか?

でも、男性が浮気心を隠しているときは、もっと違ったサインに現れます。

それはいったいどんなところなのか、一緒に見ていきましょう。

予定を即答しなくなる

「彼とデート中『週末も遊ぼ』と言ったら『あ、うーん、予定見て連絡する』だって。
いま、手にしてるスマホで予定を見れないなら、なにで見るの……って感じですよね。
案の定、浮気相手に予定を聞くつもりだったみたいです」(27歳女性/福祉)

以前はデートに誘えばイエスでもノーでも、その場で返事があったのに、この頃は誘っても即答しない……。

そんなとき、彼は急に予定が入る心配をしているのかもしれません。

慎重派で、もともと予定の確認にワンクッションあったタイプは別として、ある時期を境に予定が不透明になった場合は要注意。

クロとまではいかなくても、なにかを隠している可能性があります。

有料の可愛いLINEスタンプが増える

「彼はほとんどLINEのスタンプを使わなくて、もし使っても、無料のスタンプだけだったんです。
でも最近は、妙にかわいいキャラクターのスタンプがくるようになって……
怪しいと思ってましたが、やっぱり他の女にプレゼントされたみたいです」(24歳女性/販売員)

LINEの文体は、恋する相手の影響を受けがち。

急に彼のスタンプ・言葉遣いが変わったように感じるときは、浮気相手の影響を受けているのかもしれません。

もともと、有料のスタンプを買う習慣がある彼の場合はイマイチ分かりにくいこともありますが、文体と合わせてチェックすれば、大抵の場合は心境の変化に気がつくはずです。

スタンプのほか、これまでとは明らかに違うネットスラングや若者の間で流行っている言葉、それまで全く興味を示さなかった話題なども怪しいです。

予定を知りたがる

「彼が最近やたらと『飲み会ってどこでやるの?』なんて、私の予定を聞いてくるので、気になるのかな~?ヤキモチ焼きだな♡
……なんて、うぬぼれてました。
でも、それって自分が浮気相手と出かけるときに、私と会う可能性が低いスポットを選んでただけだったんです。浮かれてただけにショック……」(20歳女性/大学生)

「浮気相手とのデートでバッティングしないため」「ヤキモチを焼いていると見せかけて油断させるため」に、あえて彼女の詳細な予定を聞きたがるズルい男性もいます。

元から心配性な彼ならともかく、付き合いが長いのにいきなりあなたの行動を詮索し始めた場合は、彼の方にやましいことがあるのかもしれませんよ。

誰かと比べるような発言

「手を繋いで歩いているとき、『女の子がヒール履くと、手をつなごうとしても高さが合わなくなることあるじゃん?お前はその点いいよね』って彼が言い出したんですけど……この男は誰の話をしてたのでしょうか?
いろいろ気が合わなくてもう別れたので、どうでもいいんですけど……」(25歳女性/美容部員)

低身長な女子がヒールを履くと、腕の長さ的に、男性と手の位置が合わなくなることがあるようです。

その点、高身長の本命女子はしっくりくる……そんな気持ちがうっかり発言に出てしまったのでしょう。

しかし、女子からすれば「誰の話よ?」というもの。

とくに体や顔に関して「誰と比べてるの?」という発言が出たときは、比較対象の女子が彼のそばにいる可能性が……!

携帯を「コソコソ」見る

「元カレは、あるときから急にデート中にスマホを見なくなりました。
それまでは私がいても気にせずスマホを見てたんですけどね……。
私が席を外したときに限ってすかさずスマホを見ているみたいで、浮気相手からの連絡が来るから、私の前でスマホを出せなくなっただけみたい」(26歳女性/保育士)

「私といるのにスマホを見ないで!」という女子も多いですが、彼がスマホを見るのは、むしろ隠しごとのない証拠かもしれません。

彼女が席を外したときにだけスマホを見る男性は、“彼女に見せられないもの”があるのかも……!

これに限らず、「スマホへの向き合い方がある日とつぜん変わった」場合は、注意が必要です。

「急に行動が変わる」のは心変わりのサイン?

どの行動も「元からそうだった」なら、大した問題ではありません。

でも、これらがある日急にはじまったなら、注意が必要。

その陰には、他の女の存在があるのかもしれません。

恋心が些細な行動に出るのは、男性も同じのようです。危険な兆候を見逃さないで。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む