1. トップ
  2. ネイル
  3. 2020年のトレンドカラー!クラシック・ブルーを使ったネイル

2020年のトレンドカラー!クラシック・ブルーを使ったネイル

  • 2020.2.9
  • 8266 views

PANTONEが発表する、その年のトレンドカラー。2020年は、「クラッシック・ブルー」が選定されました。お洒落女子としては、ネイルにもその年のトレンドカラーをしっかり取り入れていきたいところですよね。この記事では、クラシック・ブルーを使ってアートするネイルデザインをご紹介します。

クラシック・ブルーってどんな色味なの?

PANTONE(パントン)が毎年発表する「PANTONE Color of the Year(パントン・オブ・ザ・イヤー)」。毎年たくさんの人が注目していたり、ファッションアイテムに取り入れられたりと、PANTONE発表のカラーはその年のトレンドカラーになるといっても過言ではありませんよね。

そんなPANTONEが発表した2020年のカラーは、「クラシック・ブルー」です。これは、夕暮れどきの空を思わせるような、エレガントでクラシカルな色味です。

爪全体をクラシック・ブルーでシンプルにカラーリングしたり、グラデーションデザインに仕上げたりというように、工夫次第で色々なバリエーションを楽しめそうですね。

クラシック・ブルーと相性◎なネイルカラーは?

クラッシック・ブルーは単色で使うのもいいのですが、他の色と組み合わせると、また違った雰囲気のネイルに仕上げられます。

グレーやピンク、シルバー、ゴールドといった色味はクラシック・ブルーと相性抜群ですので、これらの色と組み合わせたアートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

クラシック・ブルーにピンクを組み合わせて大人可愛く仕上げたり、グレーを組み合わせて大人っぽくシックに組み合わせたり。クラシック・ブルーでカラーリングしたネイルの爪先にゴールドラメをプラスしたり、爪の周りをミラーカラーで囲んだり、といったデザインもおすすめですよ♪

クラシック・ブルーをポイントアートに取り入れて

クラシック・ブルーは、ポイントアートに取り入れて、さりげなくトレンドを意識したネイルに仕上げるのもおすすめです。

例えば、ホワイトベースのネイルに、クラシック・ブルーのフラワーモチーフをアートするデザインはいかがでしょうか。ブロッキングネイルの一部にクラシック・ブルーを使ったり、クリアベースの爪にこの色のドット柄をアートしたり、といったデザインもおすすめです。

クラシック・ブルーのポイントアートを施したネイルと、この色のシンプルネイルを組み合わせるデザインも素敵ですよ!



Itnail編集部

元記事で読む