1. トップ
  2. 恋愛
  3. 甘え上手は愛され上手?甘え上手な女性が実践しているテクニック

甘え上手は愛され上手?甘え上手な女性が実践しているテクニック

  • 2020.1.29
  • 12511 views

好きな人に上手に甘えることができなくて、ついついツンツンして、なかなか距離を縮めることができないことありますよね。

甘えることも、1つのコミュニケーション。

上手に甘えることができると、彼との関係も自然と上手くいくものですよ。

そこで今回は、甘え上手な人の甘え方についてご紹介します。

甘え上手は愛され上手?甘え上手な女性が実践しているテクニック

彼がしてくれたことを自慢する

まずは代表的なテクニックを1つご紹介します。

それが「彼がしてくれたことを自慢する」こと。

例えば、「彼がこんなことしてくれたの!」と周りに自慢してあげましょう。

「私にはこの人が必要です!」と宣言しているようなものなので、彼の承認欲求が満たされますよ。

ポイントは「彼にこんなことされちゃった!」と自慢すると周りの人に嫌味っぽく聞こえるので……。

「こんなことしてくれた人はじめて」とか、「こういうこと言ってくれたときは本当に優しい人なんだなって見直しちゃった」など、彼を評価する発言を心がけるといいですよ。

褒め上手

甘え上手な人は褒め上手、というポイントもご紹介しておきます。

見た目ですぐに分かるような長所を褒めるだけではなく、性格面や本人が気づいていない部分を褒めるのがポイント。

「優しいですね」という抽象的な発言ではなく……。

「お店に入るときは、いつもエスコートしてくれるので、優しい人だなって思ってます」とか、「いつも笑わせてくれるので、居心地がいいです」など具体性をもたせるのがポイントですよ。

「〇〇さんから人の悪口を聞いたことがないんです。それってすごいなって思ってます。自分で気づいてました?」など、他人からは分かりづらい部分に着目してみましょう。

自分を認めれくれる人に対しては、「何かあれば助けになりたい」と思いますよね。

これが甘え上手の秘訣です。

お願いごとが上手

お願い事が上手という部分も、甘え上手な人に共通する部分。

例えば、いきなり「高級レストランに行きたい!」とお願いしても「お金がないよ」と断られてしまう可能性が高い。

しかし、まずはカジュアルなレストランでデートを行い、「誕生日にはあのお店に行ってみたいな」とちょっとランクの高いお願い事をしてみましょう。

そうすることで、「デートではいつもカジュアルなレストランを利用しているし、誕生日くらいなら」とOKしてもらいやすくなります。

まずは、相手が引き受けやすそうなハードルの低いお願い事をして、それからちょっとハードルの高いお願い事をしてみるのがおすすめ。

しかし、多用すると、「この子のお願い事はエスカレートする」と思われるので乱用は厳禁です。

弱みを見せる

弱みを見せる

相手に甘えるには、弱みを見せるというのもポイント。

例えば、「実はお願いごとがあって……」と切り出されると、「え、なに?」と身構えてしまいますよね。

でも、「実は相談があって……」と言われたなら、その相談にのってあげたくなるはず。

「私は今、こんなことに悩んでいるんです。それで、もしよかったら、こんなこと頼めませんか?」とお願い事をすると「分かった」と言ってもらいやすくなりますよ。

感謝することを忘れてしまってはわがままに!

上手く甘える方法をご紹介しましたが、感謝することを忘れてはいけません。

何かをしてもらったら「ありがとう!」と伝えるのは当たり前。

次の日に「あなたのアドバイスを実践したら上手くいきました!」と具体性をもたせた文章でお礼をいいましょう。

「お礼にケーキ買ってきました」と差し入れするのもおすすめですよ。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む