1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家計もスマートに管理しよう☆レシートや通帳・家計簿の収納術やアイデア集

家計もスマートに管理しよう☆レシートや通帳・家計簿の収納術やアイデア集

  • 2020.1.23
  • 6062 views

家計管理に便利なグッズをご紹介

つけた方が良いと分かっていても、中々続けられない家計簿。

すぐに億劫になってしまうという方も多いのではないでしょうか。スマートに家計を管理するにはどのようにすれば良いのでしょう。

今回はインテリアだけではなく、家計もスッキリと管理している方の術やアイデアをご紹介したいと思います。

【無印】家計管理の便利なグッズ

無印のパスポートケース

無印のパスポートケースにはメモ帳や硬貨を収納するためのポケットがたくさんついているのですが、なんとカード収納にもピッタリなんです。

ポイントカードやキャッシュカードなど、色々使えそうですね。

左のポケットは、通帳にジャストサイズだそう。このまま銀行に持ち運ぶことも出来て便利ですね。

クリアケースはファスナー付きなので、お札と小銭どちらも入れられます。

EVEケース

EVEケースも半透明で中身が透けるデザインなので、予算を小分けしたい派の方にピッタリです。

B6サイズならお札や小銭の他にも、少し大きめのレシートや明細書も一緒にしまっておくことも出来るサイズ感ですよ。

こちらはテプラで分かりやすくラベリングしています。

予算を先に用途別に分けておくことで、使いすぎ防止になります。先取り貯金などにも役立ちそうです。

ファイルボックス

家計簿をファイルボックスの中に収納していて、ファイルボックス用のポケットには電卓や筆記用具などが入っています。

使いたい時にはボックスごと持ち出すことが出来るので、便利ですね。

【その他おすすめ】家計管理の便利なグッズ

お金関係

ブルーの蛇腹のポシェットには食費以外、箱には食費を1週間ごとにと分けて入れています。

残金が把握しやすく、良いアイデアですね。ポシェットは、裁縫が得意なお友達がなんと手作りした物だそうですよ。

どちらともダイソーの商品なのだそうで、こちらも一目でお金の残りが分かりやすいですね。

小銭は専用のものに収納されているのでジャラジャラしないのも◎。

レシートや明細書の収納

1年間取っておくレシートや明細書は蛇腹のケースに保管しているのだそうです。1年間保管することで、まとめて1年分お金の流れを把握することが出来ます。

投げ込み式なので楽に収納出来て、これなら続けられそうと言う方も多いのではないでしょうか。

家計簿の収納場所

カゴやボックスにひとまとめ

こちらは無印のステンレスバスケットにひとまとめにしています。

ノートや電卓もホワイトの小物でまとめていて、スッキリして見えますね。

家計簿関係はFound MUJIで取り扱いのあるコシャー箱にまとめているそうです。

フランスで手作りされたと言うコシャー箱は置いてあるだけでもその上品な佇まいで高級感がありますね。

クローゼットの中

クローゼットの中なら、扉を開けるだけでさっと手に取ることが出来るので便利です。

文具やカレンダーなども一緒に収納しているので、使い勝手が良さそうですね。

冷蔵庫の横

ポケットの中に入れて、さっと取れるようにしています。

思い立った時や、買い物した食材を冷蔵庫に入れるついでなど、すぐに家計簿を付けられるので手間を感じません。

引き出しの中

引き出しを開ければすぐに家計簿が取れるようにしています。

家計簿を付ける時に使う色ペンも一緒に収納しているそうで、使い勝手が良さそうです。

貯金アイテムをおしゃれに飾る

365日貯金

貯金したらその額の数字に色を塗っていくシステムなのだそうです。

この方法なら、貯金した額もわかりやすいので、貯金が楽しみになりそうです。

白くま貯金箱

北欧好きさんにはおなじみの貯金箱。

インテリアとして飾っておくだけでも可愛いのですが、貯金箱としても使えるなんて、まさに一石二鳥なのではないでしょうか。

ダイソー貯金箱

円筒の物がダイソーの貯金箱。自分で書き込んだりシールを貼ったりとアレンジする用途のものなのですが、あえて何も貼らずに使っているそうです。

シンプルでとても100均の商品とは思えませんよね。

家計グッズを揃えてスマートに

お気に入りの家計グッズを揃えてこまめに管理する術を身につけておけば、苦にはなりません。

ぜひ実例を参考に、家計管理を続けられるよう工夫してみて下さいね!

元記事で読む