1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合い始めが肝心!彼との距離をもっと近づける話題

付き合い始めが肝心!彼との距離をもっと近づける話題

  • 2020.1.22
  • 2865 views

ときめくような出会いや片思いを経て、彼と付き合えたとしても、彼との絆を強めていく必要はあります。

今回は、彼との距離を近づける話題をご提案。

付き合い始めはなにかと気を使いがちですが、この時期にしっかり本音を交わして、長続きさせる土台を作っていきましょう。

付き合い始めが肝心!彼との距離をもっと近づける話題

10年前に悩んでいたこと

人には知られざる歴史があるものです。きっといままでにはいろいろな出来事があり悩み、経験してきたはず。

いまの彼だけでなく、過去の彼を知ることができれば、彼の人となりをより深く理解できるかもしれません。

そこで「10年前、なにに悩んでた?」と聞いてみてください。

以前に少しだけ聞いたことがあるなら、「そういえば、前○○だったことがあるっていってたじゃない?」と切り出すのもおすすめ。

現在の悩みではなく、解決したであろう悩みを聞くのがポイントです。

男性は見栄っ張りなところがあるので、「たいしたことじゃない」「いまは全然悩んでないよ」と言うかもしれません。

それでも、当時の彼にじっくり共感し、当時と比べて「成長したところ」を評価してあげれば、きっとお互い温かい気持ちになれるはずです。

○○のときどうだった?

出会った頃は、お互いドキドキしっぱなしで、そのときどう思っていたかについては、共有したことがないかもしれません。

「初めて会ったときどう思った?」「あのとき〇〇だったよね」など、少し以前のことを振り返って話題を振れば、当時の心境を思い出せるもの。

気づいていなかった気持ちにも気づき、理解を深めるいいきっかけになるはずです。

「あのお店よかったよね。あのときなに考えたの?」など、より具体的なシチュエーションを指定して思い出してもらうのもいい方法です。あなたからも彼の印象を伝えてあげましょう。

元カノについて教えてもらう

少し勇気のいる話題ですが、元カノについての情報も、今後のお付き合いに役立ちます。

元カノということは彼が好きになり、付き合い、そして別れてしまった人。

そこには、彼にとって(対して)の、恋愛プロセスの成功と失敗が詰まっています。なにが彼にとって交際を難しくさせるのか、どういう彼女だと嬉しいのかを聞き出すことができるはずです。

ただし、あくまで元カノ。ヤキモチを妬きすぎないようご注意を。

可愛く「なんか、私といるより楽しそう~」と冗談まじりに嫉妬する程度であればOK。楽しく話せるはずです。

悩み事+改善策を相談

悩み事+改善策を相談

必ずしも、彼が答えをもっているわけではありませんし、彼に「解決してもらうこと」が目的ではありません。

彼との距離を近づけるため、悩みを共有し、意見を聞くことが目的。直接悩みの解決にはならなかったとしても、彼の考え方を知ることができます。

「これからなにかあっても相談するね!」という姿勢を見せることにもつながります。

こうしておくことで、彼も相談しやすくなりますし、ふたりの間のトラブルも、すぐに話し合える関係性を築いていけるはずです。

おわりに

付き合えたとはいえ、ふたりまだまだこれから。付き合い始めたからこそ、どんな会話をするかが大切です。

「これから深くお互いを理解していこうね」というメッセージが伝わるような話題を選んで、愛を上手に育てていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む