1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「トーキョー」デザインが登場!大人の白地図「カルトグラフィー」とは?

「トーキョー」デザインが登場!大人の白地図「カルトグラフィー」とは?

  • 2020.1.22
  • 480 views

「カルトグラフィー(CARTOGRAPHY)」とは、英語で“地図作成”という意味。教材として使われることの多い白地図だが、山梨県に本社のある紙製品メーカー・マルアイが販売している「カルトグラフィー」は、楽しい旅の思い出や味わってみたい料理やお酒など、頭の中にある思いや夢を自由な発想で書き込める、いわば“大人のための白地図”だ。

同社の「カルトグラフィー」シリーズは、これまでにも日本地図をテーマにしたデザインでポスターやノート、タグなどのラインナップを展開しているが、今回新たに、“東京都”をクローズアップした限定デザイン「トーキョー」が登場する。

用途に合わせて使える3種類

この限定デザイン「トーキョー」として発売されるのは、タグ・ポストカード・エンベロップの3種類。

「カルトグラフィー タグ トーキョー」360円(税抜)は、70mm×70mmのふせん紙30枚がセットになったもの。思い出の場所を地図上にマーキングしてノートやお土産に貼っておけば、思い出もよりあざやかに!

「カルトグラフィー ポストカード トーキョー」800円(税抜)は、カード4枚、ケース1枚入りで、旅先の風景や思い出を絵葉書のように友人や自分に送ることが可能。

また、「カルトグラフィー エンベロップ トーキョー」450円(税抜)は5枚入りで、旅先のエピソードを書き留めて写真やチケットを保存したり、訪れた場所を書き込んでお土産を渡したりと、旅の整理にも便利なアイテムだ。

オリンピック開催で、例年以上に注目を集める“東京”の2020年の新たなお土産としても使えそう。販売は1月24日(金)から。

元記事で読む