1. トップ
  2. インテリア
  3. お腹も心も満たしてくれる空間♡ダイニングのインテリアコーディネート特集♪

お腹も心も満たしてくれる空間♡ダイニングのインテリアコーディネート特集♪

  • 2020.1.16
  • 10129 views

食事が楽しくなるダイニングインテリアをご紹介♡

おしゃれな空間で食事をすると気分もあがりますよね。ダイニングテーブルの形や椅子の選び方、色の使い方やレイアウト方法などダイニングのインテリアコーディネート術をご紹介します。

お気に入りをみつけてお腹も心も満たしてくれる空間にしましょう。

ダイニングのインテリアコーディネート術☆

ダイニングテーブルセット

コーディネートが難しいと感じる時は、ダイニングセットで簡単に上質なダイニングインテリアを実現してみましょう。

ハイバックのダイニングチェアを選ぶことで、高級感のある大人な印象になります。

照明はダイニングセットに使用されている素材と同じ種類を選ぶのがポイント。

ワンランク上の和モダンダイニング

上質で木の温もりや魅力を感じられるように木目がはっきりしている家具を配置した和モダンスタイル。

重厚感のある印象を与え、木目をより引き立たせる為にダークで濃い色を選びましょう。

和風観葉植物や和紙のペンダントライトでワンランク上の和モダンスタイルに。

ディスプレイ棚に

食器棚をディスプレイ棚として使いダイニングをお店のようなインテリアコーディネートに。

陶器製の物やアンティーク、ヴィンテージ品はウッドの家具と相性抜群。

アンティーク、ヴィンテージの薬瓶やドロワーはラベルのデザインがおしゃれで飾ってあるだけでさまになります。

気分で食事を楽しむ

デザイナーズ家具は人間工学をもとにデザインされている事が多い為、様々なデザイナーズ家具でダイニングチェアをレイアウトしています。

食事の度に気分を変えるのも楽しいですね。デザイン性が高い為、メーカーが異なっても一体感が生まれるのもデザイナーズの特徴です。

狭い空間には円卓

アパートやダイニングルームが狭い場合は、四角いテーブルよりも円形のダイニングテーブルをレイアウト。

チェアは背もたれの背板が無いすっきりした物やスツールをレイアウトすると狭い空間でもすっきりした印象になります。

リビングと繋がっているダイニングルーム

最近ではリビングルームとダイニングルームが繋がっているのが主流ですが、一つの空間で区切りをつけたい場合はラグで空間を分けてみましょう。

同じ空間でもラグを敷くだけで気分の切り替えができます。リビングと同じ色で統一するとより広い印象になります。

寛げるダイニングルーム

ダイニングで座る家具といえば一人用のチェアが思い浮かぶ事が多いと思います。

ですが、壁側にソファーをレイアウトすることで食事をする場所だけでなくリビングの様に寛げる空間にもなります。

リラックス効果がチェアよりも高い為、団欒の時間も必然的に増えますね。

ウォールデコレーション

好きなアートや写真を飾って華やかな空間で食事を楽しんでみましょう。

たくさんウォールデコレーションする場合はフレームが細いものにアートや写真を入れるのがおすすめです。

また、キャンバスアートもフレームが無い為、ごちゃつかずにデコレーションができます。

洗練されたダイニングインテリア

シンプルなダイニングインテリアコーディネートだからこそ、一つひとつの家具選びに拘りが垣間見れますね。

シンプルで都会的なダイニングをコーディネートする場合は、レイアウトよりも家具のディテールを気にしながら選ぶとハイセンスな印象になります。

統一感を演出

ダイニングで使う家具を統一して高級感を演出。

ダイニングテーブルのウッドに黒色を使用している場合はキャビネットやシェルフも同様にウッドと黒色を組み合わせてある物で統一感を出します。

彩りを加えたい場合は植物やドライフラワーをアクセントに。

ハイクラスのダイニングインテリア☆

美術館のようなダイニングルーム

日本のダイニングルームで使う家具はウッド素材のものを選ぶ事が多くみられます。

ですが、金属やガラスなどの近代的な素材の家具でコーディネートをすると海外セレブの自宅のような雰囲気を作り出すことができます。

また、シンメトリーのレイアウトは美術館の一角の様な印象に。

ホワイトインテリア

ホワイトインテリアはモノトーンインテリア同様に人気が高いですよね。

デザイナーズ家具を使ってワンランク上のホワイトインテリアを楽しんでみましょう。

照明器具はシルバー色を合わせるとスタイリッシュな印象になり、ゴールドを合わせるとエレガントな印象になります。

スペースエイジ

スペースエイジインテリアを取り入れたダイニングルームはインパクトがありますね。

スペースエイジは50年代から70年代にかけて宇宙開発に力を入れ始めた時代に流行した、未来を彷彿させるインテリアデザインです。

球体や独特な曲線が特徴なハイクラスコーディネート。

ダイニングテーブルの配置

ダイニングテーブルは部屋の中央やカウンターキッチンの前などに配置することが多くみられます。

ですが、窓に向かって配置することで屋外で食事をしている気分も味わうことができます。

植物を飾ってより自然を感じるダイニングインテリアを演出してみてください。

エレガントなダイニングルーム

エメラルドとゴールドを組み合わせて宮殿のようなエレガントな印象に。

全てのダイニングチェアがハイバックの使用にすると重々しい雰囲気になります。

上座と下座の位置にハイバックのチェアを配置してバランスを取り、シャンデリアでより華やかな空間に。

ダイニングルームを特別な場所に♡

いかがでしたでしょうか?食べる事は人間にとって最も大切なことですよね。ですが、ダイニングルームを食事するだけの場所にしがちではないでしょうか?

音楽を流したりアートを飾りインテリアを楽しむ事で、味覚だけでなく視覚や聴覚などの五感を味わえる特別な空間にしましょう。

元記事で読む