1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「手足口病」の悪夢が再びわが家を襲った! つらすぎる、その意外な症状とは?【ズボラ母の三兄弟カオス日記 第49話】

「手足口病」の悪夢が再びわが家を襲った! つらすぎる、その意外な症状とは?【ズボラ母の三兄弟カオス日記 第49話】

  • 2020.1.14
  • 36753 views

ウーマンエキサイトの読者の皆さん、こんにちは! 5歳、4歳、1歳の三兄弟のオカンあざみです。

以前も、オトンと三男が感染して大変だった、夏風邪の代表とも呼ばれている「手足口病」が、この冬、再びわが家を襲いました。

その猛威が、大人である私にもふりかかったのです。

実際に手足口病にかかってみて、その想定外な「症状」にしばらく悩まされるのでした。


2019年の年末。幼稚園で終業式が行われ、冬休みへ突入した。

楽しいクリスマスを終えた後、次男のこごろうに異変が。

■手足口病だ!


手と足に小さな赤いブツブツがでてきた。

口の中も複数のブツブツができていて、痛くてご飯も、ろくに食べられない。

しばらくそんな症状に悩まされていたが、新年を迎えるころにはすっかり元気になっていた。

ゴハンも食べられるようになったし、一安心。

そう思って、実家で楽しくお正月を過ごしていたある日。

■自分の手に異変が現れた


人差し指に突如として現れた、小さな発疹…。

数日前のこごろうの症状を思い出す。

でもね、まさか大人の私が手足口病になるわけないよね。これはきっと、正月の不摂生が原因のニキビだわ。

そう思って気にしないようにしていた。

しかし…



■人差し指にニキビなんかできるわけがない…!
一日たつごとに発疹の数がひとつ…またひとつと増えていく。しまいに、足にも小さな赤い発疹が現れはじめてきた。

まるで「死の宣告」(ファイ〇ルファンタジー好きな人にしかわからないネタ)をうけたかのように、ジワジワと数を増やしていく発疹たち。

そして、ひとつ目の発疹が現れた日から5日ほどたって…

■今度は夜、眠れないほどのセキ


このセキが手足口病のせいなのか否か…真相はウイルスにしかわからないが、今度はセキが止まらなくて、眠れずつらい夜が続いた。

夏風邪の代表だった手足口病は、現在、季節感をなくし夏だけではなく冬も流行しているそうです。

みなさんもくれぐれもご注意くださいね。



(あざみ)

元記事で読む