1. トップ
  2. メイク
  3. ブルーアイシャドウで彩る冬の瞳。古臭くならないためのコツは?

ブルーアイシャドウで彩る冬の瞳。古臭くならないためのコツは?

  • 2020.1.14
  • 8296 views

古臭く見えちゃう……ブルーアイシャドウが似合わない理由は?

ブルーアイシャドウが似合わない理由は?
出典:GODMake.

単色使いしている

ブルーアイシャドウが似合わないと思ってしまっている方の多くが、単色のブルーアイシャドウをまぶたに塗って使っているようです。ブルーアイシャドウは発色がはっきりしてるものが多いので、単色で使ってしまうと単調な印象になってしまい、更に派手過ぎる印象を与えてしまうので、なんだかバブルっぽい雰囲気になってしまうんです。

また、日本人の肌色はどんなに色白な方でも黄色寄りです。ビビッドなブルーは日本人の肌のどこにもない要素なので、肌なじみがあまり良くなく、単色で使ってしまうとメイクの中で浮いてしまうんです。

ブルーアイシャドウは単色で使うのではなく、ゴールドやブラウン、ベージュなどの肌なじみの良いカラーを合わせて2色塗りにするようにしましょう。

アイホール全体に使っている

ブルーアイシャドウは、アイホール全体に塗ってしまうのもNG。発色が派手でビビッドなものが多いブルーアイシャドウは、アイホール全体にしっかりのせてしまうと、顔の中で浮き上がってしまいます。“バブルメイクっぽさ”もより強くなってしまうので、まぶた全体塗りも避けるようにしましょう。

特にブルーアイシャドウ初心者さんは、ポイント使いがおすすめ。あくまでも引き締めカラーとして使った方が、ブルーアイシャドウの鮮やかさが引き立ちます。

ブルベ肌じゃなくても使いこなせる!

「ブルーアイシャドウが似合わない」「古臭く見えちゃう」という方の中には、「イエベ肌だから似合わないのかも……」と思っている方も少なくないようです。確かに寒色系のコスメは、ブルベ肌の方のほうが似合う傾向にありますが、たとえイエベ肌さんでもブルーアイシャドウを使いこなすことは充分できるんですよ。

イエベ肌さんがブルーアイシャドウを使いたい場合、ブルーアイシャドウの選び方が重要になります。あまりビビッドで鮮やかすぎる青色は選ばずに、ややスモーキーなブルーアイシャドウやイエロー系のラメの入ったブルーアイシャドウを選ぶようにすると、肌なじみが良くなります。

してみたいメイクを肌色だけであきらめてしまうのはもったいない!自分に似合ったブルーアイシャドウを見つけて、メイクをもっと楽しみましょう。

冬の瞳をブルーアイシャドウで彩る!選び方のコツ

冬の瞳をブルーアイシャドウで彩る
出典:GODMake.

マットよりラメ多めがおすすめ!

ブルーアイシャドウが似合わないという方がブルーアイシャドウを選ぶ際には、マット系のアイシャドウよりも、ラメが多めのアイシャドウを選ぶようにしましょう。

ラメが多めに入っているものを選ぶことによって肌に透明感を与え、垢抜けた印象になります。また、まぶたに立体感を与えることもできるので、ぱっちりとした目もとを演出することができます。

淡いブルーよりも深みのあるブルーが○

ブルーアイシャドウを選ぶ際には、ブルーの色味も重要です。ブルーアイシャドウはとても発色が良いものが多いので、つい淡い色味のものを選んでしまいがちですが、ブルーアイシャドウをメインにしたアイメイクをするのであれば、実は深みのあるブルーアイシャドウがおすすめ。

淡いブルーアイシャドウは、まぶたの広い範囲にのせてしまうと目もとが明るくなりすぎてしまい、一昔前のメイクのような印象になってしまいます。深みのあるネイビー系のブルーアイシャドウは、アイメイクのアクセントとして、非常に使い勝手が良いカラーです。目もとに奥深さとミステリアスさをプラスして、垢抜けた雰囲気に仕上がりますよ。

煌めく冬の瞳。ブルーアイシャドウの上手な塗り方

アイベースとして使って肌に透明感をプラス

アイベースとして使って肌に透明感をプラス
出典:GODMake.

もしも手元に淡い色のブルーアイシャドウしかない、という場合は、まぶた全体にうっすらとパールが感じられる程度に薄塗りをして、アイベース代わりに使いましょう。

まぶたにブルーを薄く広くのせることで、冬場乾燥などによってくすみがちな目もとに透明感を与えることができます。その上からいつものアイメイクをすれば、いつもより明るく華やかな目もとに仕上がりますよ。

目尻にポイント使いでキリッと引き締まった印象に

目尻にポイント使いでキリッと引き締まった印象に
出典:GODMake.

ブルーアイシャドウを主役にしたメイクをするなら、ワンポイント使いがおすすめ。特に目尻にブルーを添えることで、キリッと引き締まった印象のアイメイクに仕上がります。

淡いブラウンシャドウやシルバーのシャドウなど、自分の肌に合った色のアイシャドウをまぶた全体に広げたら、指かアイシャドウチップでまぶたの目尻側3分の1程度にスタンプするように塗ってみましょう。マスカラもアイシャドウに合わせてネイビーなどをチョイスして、目尻側に多めに塗るようにしましょう。

ゴールドやシルバーのラメがたっぷり入ったアイシャドウをチョイスすれば、まばたきする度に目元で粉雪が煌めくような印象的な目もとに仕上がりますよ!

アイライナー代わりに使ってミステリアスな印象に

アイライナー代わりに使ってミステリアスな印象に
出典:GODMake.

深みのあるネイビー系のブルーアイシャドウなら、アイライナー代わりに使うのもおすすめ。特に、「ブルーアイシャドウが似合わない」と思ってしまいがちなイエベ肌さんにおすすめしたいのが、この使い方です。

アイホール全体にブラウン系のアイシャドウを薄く塗った上から、チップを使ってまぶたのキワにだけブルーアイシャドウを塗るようにしましょう。普段通りのブラックのアイラインよりも、透き通るような可憐さのあるアイメイクに仕上がります。

ブルーアイシャドウを上手に使いこなして

ブルーアイシャドウを上手に使いこなして
出典:GODMake.

ブルーアイシャドウとひとくちに言っても、さまざまなタイプがあります。自分の肌に合ったものをしっかり選んでメイクに取り入れれば、透明感のある目もとに仕上げることができます。

冬ファッションに寒色系メイクは似合わないイメージがあるかもしれませんが、今年の冬はブルーアイシャドウが大活躍の予感。まばたきする度に粉雪が舞うような、透き通るような青を目もとに忍ばせてみませんか?

元記事で読む