1. トップ
  2. ファッション
  3. GISELe看板スタイリストが「使える!」と言い切る冬アイテム43選

GISELe看板スタイリストが「使える!」と言い切る冬アイテム43選

  • 2020.1.12
  • 11566 views
undefined

GISELeの二枚看板スタイリストによって選ばれた、「冬じゅう使える」アイテムリストを大公開。二人の説得力のある解説で、膨大な数の服やトレンドに振りまわされることなく、今必要なものが明確に。

STANDARD
かわりの利かないベーシック
ごくスタンダードなアイテムでありながら、「ほかとは違う」特徴をそなえた名品をピックアップ。こだわりを持つ二人も納得の「少しの違い」とは?

T-SHIRT
「インナーに適した長さ」


ATON
白クルーネックTシャツ 14,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) シーズン問わずに重宝しているエイトンの白T。上からニットやスエットを重ねると、首元やすそからのぞく白の面積が絶妙でヘビロテ中。素材にもこだわりがつまっていて、着心地も抜群。(樋口さん)

SLACKS
「ほっこり見えないウール」


Deuxieme Classe
黒ウールスリットパンツ 32,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) ここのパンツは形がとてもキレイで、個人的にも好みです。ウール素材であたたかいのに、シャープな印象ではけるところがいい。(岩田さん)

SWEATS
「品よく着られるネイビー」


Champion
ネイビースエットプルオーバー 16,000円+税/チャンピオン フォー RHC(RHC ロンハーマン) インナーに長そでを着てももたつかない、ゆったりとしたサイジングは重宝することまちがいなし。ネイビーを選べば、カジュアルになりすぎず大人っぽい。(岩田さん)

すべてのアイテムを見る

KNITWEAR
「お尻まで隠れる安心感」


DEMYLEE
白ニット 31,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) ニットを得意とするブランドなだけあり、着心地のよさと形の美しさはピカイチ。少し長めの丈がヒップラインをカバーしてくれるので、細身のボトムとのバランスがとりやすいのもポイントです。(岩田さん)

DENIM PANTS
「デニムっぽくないデニム」


BLACK BY MOUSSY
ベージュデニムパンツ 13,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) カジュアルになりすぎない、ベージュデニムを新定番に。ベージュのニットやブラウスなど上品なトップスを合わせて、キレイめに振るのがいいと思います。(樋口さん)

BLACK
新スタンダードになる黒小物
シーンに左右されず、毎日のように使える黒小物こそ、わざわざ手にとる理由が欲しい。気分も高まるような更新感のあるアイテムを教えてもらいました。

LOAFERS
「ひかえめなスタッズつき」


(WITH STUDS)
黒スタッズローファー 23,000円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) スタッズがほどこされたローファー。ちょっとした飾りですが、コーディネートにエッジを足せる。それ以外は、スタンダードだから合わせやすい。(樋口さん)

BAG
「遊び心がひそんだトート」


(INSIDE IS YELLOW)
スクエアトートバッグ 26,000円+税/ピエニ(ジャーナル スタンダード 表参道) 意外と人から見られているバッグの内側。色ものに抵抗があるという人も、このくらいのさりげなさなら試しやすいはず。少量の色が入るだけで、見慣れた黒の印象が変わる。(岩田さん)

SKIRT
欲しいのは甘さひかえめのスカート
「ふだんはパンツばかりの人が、スカートを試すなら?」リアリティのある提案に支持が集まる二人のオススメは、レザーやニットを使った重めのAラインに一致。

FLARED SKIRT
「ブラウンなら親しみもある」


(LEATHER)
フェイクレザースカート 19,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) 素材自体に重みがあるので、黒ではなくブラウンをセレクト。レザー特有の強さが和らぎ、試しやすくなるはず。しっかり長さがあるので、靴を選ばず活躍必至。(樋口さん)

PLEATED SKIRT
「ニットプリーツで細見え」


(KNIT)
ネイビープリーツスカート 31,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) 甘い雰囲気になりがちなプリーツスカート。ニット素材ならシルエットに重みが加わり、大人っぽく着られます。幅広プリーツがIラインを強調するので、体型もほっそり見せられる。(岩田さん)

IDEAL BROWN
結局こんなブラウンが使える
定番色の仲間入りをし、この秋冬幾度となく紹介してきたブラウン。たくさん見て使ってきた二人が、「最後に欲しい」茶系のアイテムって?

SHORT COAT
「黒的に使える濃いブラウン」


ブラウンウールショートコート 40,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) 旬色をとり入れるなら、パッと見の印象を変えられるコートがオススメです。とくに、重厚感のあるダークブラウンは、黒のかわりとして使えて簡単。(樋口さん)

SATIN SKIRT
「濃色を味方にサテン素材」


ブラウンサテンスカート 24,000円+税/PHEENY ともすると色っぽくなりすぎるサテンスカートも、ブラウンみたいに濃い色だったら、ツヤ感が目立ちすぎずとり入れやすい。ニットやレザーなど、質感にメリハリがつくトップスを合わせたい。(岩田さん)

LOOSE DRESS
「気楽な形のワンピース」


ブラウンスキッパーワンピース 49,000円+税/SLOANE すとんと着られるラクな形が今どき。ブラウンを選ぶことで、ニットならではの落ち感ややわらかな風合いを強調できる気がする。ただ着るだけで、女性らしさをまとえる1枚だと思います。(岩田さん)

SET-UP
「考えなくていい上下セット」


〈右から〉ニットタイトスカート 21,000円+税、タートルネックニット 25,000円+税/ともにアダム エ ロペ 品のよさが長所のブラウンなら、力を抜けるニットアップを上下で着てもきちんと見える。このスカートは、細すぎずゆるすぎない形も好み。(樋口さん)

NEW MOOD
手持ちのコートに鮮度をもたらす
コートを新調せずとも、これまでと印象を変えられる気鋭のアイテムは? 二人が注目しているという、旬のアイテムを紹介してもらいました。

JUMPSUITS
「スタイルUPにも効く1枚系」


ベージュジャンプスーツ 22,000円+税/メゾン スペシャル ワンピではなくジャンプスーツっていうのが新鮮。旬のCPOジャケットのようなメンズライクな生地感や形が気に入っています。ハイウエスト設計で、Iラインを強調できるところも魅力。(岩田さん)

HALF PANTS
「ボトムの丈感で今っぽさを」


黒ハーフパンツ 24,000円+税/アストラット(アストラット 新宿店) ハーフパンツをとり入れて、シルエットバランスに変化を出すのも手。ウール地&タック入りと女性らしいディテールのおかげで、キレイめに使えます。短すぎないので大人もはきやすい。(樋口さん)

COLOR
こういう色なら大人でも簡単
安心感のある黒やブラウンの人気と並行して、カラーアイテムも多数登場している今シーズン。ひかえめに華やぐことのできる、2色を紹介してくれました。

PALE PINK
「くすんでいるから何色とでも合う」


LOOSE DRESS
ピンクワンピース 24,000円+税/クラネ(クラネデザイン) くすんだ色みのピンクなら、ベーシックカラーとのなじみがよく、使いまわしが利くと思う。形がシンプルなので、ニットパンツやレザーパンツなど、素材感のあるボトムをレイヤードするのもオススメです。(岩田さん)

LIME GREEN
「黒に合うかどうかで選べば確実」


KNIT
ライムグリーンニット 16,000円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ありそうでないグリーンの発色に惹かれました。色ものを試すなら、タイトな形よりも少しゆるめのサイズがベター。力を抜いて着られます。(樋口さん)

DECORATION
コレがあればヘアスタイルに悩まない
装いの完成度を上げたいとき、顔まわりに小物を盛るのも1つの方法。今っぽいハットやヘッドアクセの中でも、悪目立ちせずに華やぎを加えられるものって?

WOOL HAT
「洗練感が出るキャメルカラー」


キャメルハット 30,000円+税/ハットアタック(RHC ロンハーマン) 毛足が長く、ふんわりとした素材感が魅力のハット。やわらかい印象を持つヌーディカラーなら、気張った感がなくて試しやすいと思います。一点投入でスタイリッシュな仕上がりに。(岩田さん)

HEAD BAND
「手軽さが長所のカチューシャ」


黒ベロアカチューシャ 2,590円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン) 最近よく見るボリューミィなカチューシャ。ザラに数種類あった中で、 幼く見えないベロア素材をリコメンド。セットしていない髪も、カチューシャをつけるだけでシャレて見えるから便利。(樋口さん)

UPDATED SIMPLE
「シンプル以上」を求めるならば
ミニマルな装いの人気が高い今。とはいえ、シンプルの中にも個性やひねりが欲しいのも本音。そんな理想を実現する2ブランドをリコメンド。プライスの手ごろ感も魅力です。

COS
「ほどよいモード感がある」


グレーラップスカート 13,637円+税、アイボリーレザーロングブーツ 35,455円+税/ともにCOS(COS 銀座店) アシンメトリーな形などモードっぽいシルエットが得意なコスは、シンプルな装いを格上げしたいときにオススメのブランド。コスに行くと、”人と違うひとクセ”の効いたものが見つかります。(樋口さん)

STYLEMIXER
「オシャレに見える形がそろう」


〈右から〉カーキウールコート 15,800円+税、ベージュポンチョコート 15,800円+税/ともにSTYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 絶妙な色みや珍しいデザインなど、今っぽさ満点のアウターがそろうスタイルミキサー。1万円台でコートが買えるという、驚きのプライス設定にも惹かれます!(岩田さん)

CASUAL
Curensology=大人カジュアルに適任
シンプルカジュアル派にファンの多い「Curensology」。自身もよく使うという樋口さんに、大人の女性に支持される理由を教えてもらいました。

「余裕のあるシルエットが今どき」


〈右から〉ベージュVネックニットワンピース 29,000円+税、ブラウンタートルネックニットワンピース 27,000円+税/ともにカレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 着るだけでこなれて見えるシルエットがそろうカレンソロジー。スタイリングをするたびに、丈感やサイズ感のバランスがいいなと感じます。(樋口さん)

SCENELESS
シーンレスに使えるebureが頼り
5才になる娘さんのいる岩田さんが、プライベートでも愛用している「ebure」にクローズアップ。美シルエットが、きちんと見せたい日にも適しているそう。

「デザイン性も品のよさも兼備」


白プルオーバー 28,000円+税、グレーチェックパンツ 42,000円+税/ともにebure 気品のあるシルエットに定評のあるエブール。スタンドカラーやチェックと遊び心の効いたデザインも、形がキレイなおかげで大人っぽくとり入れられます。どのアイテムもきちんと感があるので、幼稚園のイベント事などONにもぴったり!(岩田さん)

STYLE UP!
スタイルUPがめざせるボトム
ボリューミィなコートや地厚なニットにより、全体のシルエットが重くなりがちな冬。とり入れるだけでスッキリとした見た目がかなう、理想のパンツを教えてもらいました。

SLIT
「スリットによる抜け感」


aquagirl
ダークブラウンスリットパンツ 14,000円+税/アクアガール(アクアガール丸の内) すそに入ったスリットのおかげで、脚長効果が見込める1着。足元に抜けがあるから、ブーツでもパンプスでもバランスがとりやすい。実際にはくと、形もすごくキレイでした!(樋口さん)

HIGH WAIST
「ハイウエストなら品もいい」


Sov.
センタープレスパンツ 22,000円+税/ソブ(フィルム) しっかりめに入ったセンタープレスとハイウエストが、脚をスッキリ長く見せてくれる。全体的に細身だけれど、もたつきにくくて着やすいと思います。なんだかんだ黒のパンツは細く見えるので、1つあると便利。(樋口さん)

ZIP-UP
「はき心地のよさも魅力」


MAISON SPECIAL
ブラウンパンツ 13,800円+税/メゾン スペシャル さりげないフレアシルエットで、脚がキレイに見える。シャリ感のあるジャージー素材&ウエストゴムと、ヘビロテしたくなる着心地が魅力です。はきたい靴に応じて開閉できる、すそのジップつきスリットも便利。(岩田さん)

AGAIN & AGAIN
また借りてしまったココの服
先月号に続いて今月もリースしてしまったアイテムをヒアリング。色合いやサイズ感など、「くり返し使いたくなる」理由を掘り下げました。

PINK KNIT
「白に近いピンクが試しやすい」


MOUSSY
ピンクボリュームスリーブニット 6,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 主張しすぎないアイシーな色みが使いやすくて、今回もリース済み。前号のようにスキニー合わせはもちろん、ルーズな形なのでワンピースに重ねてもかわいい。(岩田さん)

MOHAIR KNIT
「使い勝手のいいサイジング」


ATON
黒カシミヤニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 適度なゆるさがありながら、アウターを重ねてもごわつきが気にならない絶妙なサイズ感がポイント。カシミヤを用いた上質な風合いもよくて、何度も使ってしまいます!(樋口さん)

WANT NOW!
個人的にねらっているのはこのセット
それぞれリースしてきたアイテムの中で、リアルに欲しいアイテムを調査。今注目しているものを主軸に、やってみたい組み合わせを聞きました。

 HIGUCHIS SELECT 
1.ebure:TIGHT SKIRT
2.PIPPICHIC:YELLOW MULES


「POPなネオンを大人な黒で引き締め」
黒タイトスカート 28,000円+税/ebure イエローポインテッドトゥパンプス 33,000円+税/PIPPICHIC 冬にあえてのネオンカラーっていうのがかわいいなと思い、最近自分もペディキュアや小物でとり入れています。遊び心のある色だから、合わせは落ち着きのある黒がまちがいなし。(樋口さん)

 IWATAS SELECT 
1.LE CIEL BLEU:GRAY KNIT
2.STUNNING LURE:SUSPENDER PANTS


「紳士なパンツを使ってワントーン」
グレーニット 16,000円+税/LE CIEL BLEU(ルシェルブルー 総合カスタマーサービス) グレーサスペンダーパンツ 32,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 青山店) 最近気になっているサスペンダーパンツ。上半身もグレーでつないでグラデにすると、品よくまとまると思います。(岩田さん)

HER FAVORITE
活躍予感の私物を公開
たくさんのリクエストにおこたえし、最後に二人のリアルな購入品を披露。プロたちの今の気分が反映されたセレクトを、ぜひショッピングの参考に。
※写真はすべて本人私物。

 HIGUCHIS 

ENFOLD
「デニムに合わせたい赤」


毎年買っているタートルネック。この冬はデニムに合わせたいと思って赤を新調。こんなに鮮やかでキレイな赤は意外とないので、大活躍の予感です。細めのリブやくしゅっとしたタートルネックの感じも絶妙。(樋口さん)

HYKE
「冬らしいざっくり感」


肉厚で粗めの生地感が、冬っぽくてすごくかわいい。着心地のいい素材と1枚で着映えするオーバーシルエットが気に入っています。白のパンツを合わせて、ALLホワイトを楽しむ予定。(樋口さん)

TOMORROWLAND
「メンズニットで強い色」


オシャレなデザインが豊富なメンズニットもよく買います。今季は、ふだんは着ないグリーンもいいなと思い買ってみました。サイズ感がゆったりめだから、メンズライクなパンツとスニーカーを合わせたい。(樋口さん)

 IWATAS 

IIROT
「お得感のあるデザイン」


スカートとパンツが一緒になったデザインが気に入り、撮影で使ったあと購入。ウール特有のあたたかな風合いにより、Iラインスカートにありがちな気張った感が和らぐので、女っぽくなりすぎない。(岩田さん)

CLANE
「ボトムを選ばない短め丈」


体のラインをひろいにくい地厚な生地感がいいなと思ったCLANEのカーディガン。レイヤードがしやすく、ハイウエストのボトムとも合わせやすい、絶妙なショート丈もポイントです。(岩田さん)

MODERN WEAVING
「まじめすぎない黒のバッグ」


GISELeの撮影でも何度か使用した、コロンとした形のバッグ。きちんと感がありながら、コンサバに見えないユニークなフォルムが気に入っています。合わせる服によってONにもOFFにも使えそう。(岩田さん)


KAORI HIGUCHI
GISELeの表紙をはじめ、毎号多くの企画を担当。大人に似合うカジュアルをモットーにした、肩の力の抜けたスタイリングが人気。


MAKIKO IWATA
キレイめな服を軸に、旬の要素をちりばめた提案に支持が集まる。自身が小柄なこともあり、スタイルUPを意識したセレクトは必見。

元記事で読む