1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 野菜嫌いの息子が保育園では…!? 保育参観で見たまさかの光景にビックリ【うちの家族、個性の塊です Vol.24】

野菜嫌いの息子が保育園では…!? 保育参観で見たまさかの光景にビックリ【うちの家族、個性の塊です Vol.24】

  • 2020.1.10
  • 92587 views

3歳の息子は、好き嫌いがとても多いです。

しかし、離乳食時代は、野菜も嫌がることなく、何でも口に入れてくれる子でした。


離乳食で苦労した娘のときとは違う、そのスムーズさに、息子は、好き嫌いがないんだ~! とよろこんでいたのですが…

幼児食になったころから、急に好き嫌いが始まり、野菜をまったく食べなくなりました。

■息子の野菜嫌いについて保育園の先生に話すと…


プレートに入れることさえ嫌がり、野菜をどけないと他のものも食べません。

その話を保育園の先生にすると…


息子が…野菜を食べている!?

それが本当なら、野菜を食べるところを見てみたいと思っていました。

そんなとき、保育参観のお知らせが届きました。

息子の保育園の参観は、普段の様子を見せたいということで、親が来ていることが子どもたちにバレないよう、窓には紙が貼られ…隙間からのぞくというものでした。


参観は「どの時間に来てもいい」ということだったので、私はお昼ご飯の時間をねらって行きました。

息子は野菜を前に一瞬止まりましたが…



■息子が野菜を食べていた!


すぐに口へ運びました。

た…た…食べてる~!! 息子が野菜を食べてる~!!

そしてスムーズに完食。

その姿は普段とは違い過ぎて、本当にうちの子か? と、思わず疑ってしまうほど。

それを見て私は…


「保育園で食べているなら…いっか!」と肩の荷がおりて、すごく気持ちが楽になりました。

神経質に気にしていたけど、食べられないわけじゃない…! たぶん、場所や人によって切り替えているのでしょう。

「それなら大丈夫! そのうち、家でも食べるようになるだろう」と、考えることにしました。

おうちのご飯でも、神経質になるのをやめ、「野菜スープ、一口飲んでくれたらいっか~」とハードルを低くし、野菜を残されてもイライラしなくなりました。


私がニコニコしていると、息子も「一口なら…」という感じで、少し野菜を口に入れてくれるようにもなりました。

イライラする食事より、楽しい食事が一番。無理せずゆっくり進めていこうと思います。

(SAKURA)

元記事で読む
の記事をもっとみる