1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 急な来客にも慌てない!いつでも人を呼べるおうちを作るコツ

急な来客にも慌てない!いつでも人を呼べるおうちを作るコツ

  • 2020.1.9
  • 15330 views

突然の来客に慌てない!いつでも人を呼べるおうち作り

子どもの友達や近所の方、親戚などなど、突然の来客というのは意外と多くあるものですよね。今回はそんな突然の来客でも慌てない、「いつでも人を呼べるおうち」を目指せるコツをご紹介します。

ちょっとしたポイントを押さえておけば、突然の来客時にもスムーズにおもてなしができますよ。是非チェックしてみてくださいね。

いつでもどうぞ!と言えるお家にしよう

玄関で押さえておきたいおもてなしポイント
表札&インターフォンはピカピカにする

来客だけではなく新聞配達員や郵便配達員の方の目にも触れる表札やインターフォンは、いつでもきれいにしておきたいもの。

お出かけの前や家族の見送りの際にサッと拭く習慣をつけると、「綺麗なおうち」という印象をつけられます。

たたきには靴を置かない習慣をつける

広々としたきれいなたたきは、ウェルカムムードが伝わるもの。靴はなるべく靴箱に入れて、スッキリとした玄関を作るよう心がけましょう。

綺麗な洗面所を作ると家族もうれしい
水栓をピカピカにする

水栓部分など金属の部分が綺麗だとお部屋全体が綺麗に見えるもの。

洗顔や歯磨きのついでにサッと拭いておくだけで、綺麗な印象をつけることができますよ。綺麗な洗面所はお客様はもちろん、家族にも好印象です。

ハンドタオルで手を拭けばいつでもきれい

こちらのインスタグラマーさんは、手拭き用のタオルをハンドタオルにして毎回洗うようにしているそう。

これなら急な来客の時もタオルを取り換える必要がなく、便利ですね。おしゃれなかごに入れておけば見栄えも抜群です。

ちょっとの工夫でリビングが快適になる
ラグは丸いものがおすすめ

曲がったラグはお部屋に「雑然感」を与えてしまうもの。毎回直すのが大変という時には、丸いラグを使うのがおすすめです。

見た目もほっこりとしたムードになるので良いですね。

目線を上に上げる工夫をする

床に落ちているホコリや日用品が目に入らないようにするには、視線を上に上げるのが一番。

こちらの実例のようにカーテンレール上に雑貨を置いたりウォールステッカーを貼ると、自然とそちらに目が行きます。

お部屋を縦長に見せる効果もあり一石二鳥です。

ライトで作るおもてなしムード

よりおもてなしムードを出したいなら、キラキラとしたライトや間接照明をつけるのもおすすめ。非日常感が味わえるので会話も弾みそうです。

少しお部屋を薄暗くするとよりムードが良くなるので、ホコリや汚れも目に入りづらくなります。

「かご」さえあればお部屋は片付く

読みかけの雑誌や新聞、ブランケット、子どものおもちゃなどでごちゃごちゃになりがちなリビングには「かご」を一つ置いておくといざという時に役立ちます。

散らばっているものを一通りまとめるだけでお部屋はスッキリ。持ち手付きのものなら別の部屋へ移動させるのも楽ちんです。

おいしいおもてなしでお客様もにっこり
飲み物はドリンクバー形式でOK
いつでも人を呼べるおうちを作るコツ9
出典:https://ameblo.jp/(外部リンク)いつでも人を呼べるおうちを作るコツ9

おもてなしドリンクに使うアイテムは一か所にまとめておけば、お茶の支度もスムーズ。

様々なドリップバッグを準備しておいて「ここから好きなのを選んでね」と声掛けするのも良いですね。

ティッシュケースも同じ場所に置いておくと、いざという時にもスムーズに手に取れます。

お昼時にはフリーズドライメニューで楽々
いつでも人を呼べるおうちを作るコツ10
出典:https://pinkpinko.exblog.jp/(外部リンク)いつでも人を呼べるおうちを作るコツ10

お昼時の急な来客には、「ごはんはどうしよう?!」と慌ててしまいがち。

あらかじめフリーズドライやレトルト品をたくさん買っておけば、相手に気を使わせずに楽しいランチタイムができます。

もちろん、普段のごはんにも使えるので便利ですよ。カゴに入れてお出しすると、より喜んでもらえます。

お手洗いはわかりやすさがカギ
電気にはラベルを付けておく

特に初めてのお宅では、トイレの電気のスイッチがどこにあるのかは分からなくなってしまうもの。

あちこち押して困ってしまうことのないよう、ラベルを付けておくと親切です。

小さなお子さんの来客が多い時には、ひらがなやイラストを添えると親切です。

ペーパーは出し入れしやすくしておく

急な来客だとお手洗いのチェックが間に合わず、ペーパーの補充ができないということもありますよね。

お客様が慌ててしまわないよう、トイレットペーパーは出し入れしやすく置いておくと親切です。

一緒にお掃除グッズも置いておくと、いざという時でも安心ですね。お客様はもちろん、家族もお手洗いを使いやすくなりますよ。

小さなお客様もおもてなし
絵本を準備しておく

小さなお子さん連れのお客様でも退屈させないためには、ちょっとした絵本やおもちゃを準備しておくのがおすすめ。

特に絵本であればかさばりませんし、普段はインテリアとして飾っておけるのでおすすめです。

子供のころに読んでいた本であれば、大人も「懐かしい」と手に取ってくれそうですね。

壊れやすいものはしまっておく

ゲームなどの壊れやすいものは、小さなお子さんが来た時にはしまっておくと安心です。

普段から蓋つきのボックスに入れるようにしておくと、サッとしまえて便利ですね。ホコリも防げるので一石二鳥です。

お昼寝グッズがあると安心

小さなお子さんがいる場合は、突然眠くなってしまうのも多々あるもの。

クッションやブランケット、ラグなどを準備しておけばゆっくりお昼寝させることができます。おむつ替えなどにも使えるので便利ですね。

おもてなし上手を目指そう♡

急な来客でも慌てずに済むようなアイディアをご紹介しました!

突然の来客というのは意外と多いもの。バタバタと慌てたり待たせたりすることなく、すぐに「どうぞ」と迎え入れられると良いですよね。

また、いつでもお客様を呼べる家というのは、家族やあなた自身にとっても居心地の良い家でもあるもの。是非自分のためにも、居心地の良いおうちを作ってみて下さい!

元記事で読む