1. トップ
  2. レシピ
  3. 煮物を美味しく作りたいならコレ! 「鶏ゴボウ煮」

煮物を美味しく作りたいならコレ! 「鶏ゴボウ煮」

  • 2020.1.8
  • 18245 views

美味しい煮物が食べたくなったら、ご紹介したいのは鶏肉とゴボウの煮物。
そこに合わせるのはニンジン、コンニャクなど栄養のバランスも味のバランスも良い食材です。
シンプルな煮物だからと侮るなかれ。
味がうまく決まらなかったり、鶏肉だけ味が薄かったり、野菜がかたかったり。
意外とうまく作れないことがありますよね。

今回ご紹介するのは、美味しく仕上げる下準備や、調味料を加えるタイミングなど、ちょっとしたコツが散りばめられた丁寧なレシピです。
ポイントを押さえれば、失敗なく美味しく作れますよ。

■鶏ゴボウ煮

調理時間 30分

レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
ゴボウ 1本
鶏もも肉 1枚
塩 少々
ニンジン 1/3本
板コンニャク (小)1枚
サラダ油 大さじ1
酒 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1

<下準備>
・ゴボウはタワシでよく洗い、すりこ木で軽くたたいて、幅3cmに切る。鍋に入れて水をかぶる位まで注ぎ、中火にかけ、煮たったら弱火にしてやわらかくなるまでゆでてザルに上げる。



・鶏もも肉は太い筋と余分な脂を取り除き、ひとくち大に切って塩をもみ込む。ニンジンは皮をむき、ひとくち大に切る。



・板コンニャクはスプーン等でひとくち大にちぎり、小鍋に入れてかぶる位の水を注いで中火にかけ、30秒ゆでてザルに上げる。



<作り方>
1、フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏もも肉を炒める。肉の色が変わったらゴボウ、ニンジン、板コンニャクを加えて炒め合わせる。



2、分量外の水をヒタヒタに注ぎ、煮たったらアクを取って弱火にし、蓋をして10分煮る。砂糖を加え、さらに5分煮る。



3、火を強めてしょうゆと酒を加え、落とし蓋をし、半量くらいまで煮詰めてみりんを加え、時々混ぜながら煮詰め、火を止める。蓋をして5分蒸らし、器に盛り合わせる。



お弁当のおかずにも良いですね。

(株式会社マミーゴー)

元記事で読む
の記事をもっとみる