1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 限られた場所を上手に使う!暮らし上手さんの省スペーステクニック

限られた場所を上手に使う!暮らし上手さんの省スペーステクニック

  • 2019.12.31
  • 8097 views

省スペースを心がければのんびり暮らせる

広いおうちにあこがれつつも、なかなか住宅事情が許さない……という方も多いかと思います。そこで今回は、暮らし上手さんたちの省スペースなアイディアをご紹介。

おうち自体があまり広くないという方はもちろん、玄関やトイレなどのコンパクトスペースをもっと有効に使いたい!という方もぜひチェックしてみて下さい。

スマート&コンパクトな15のアイディア

傘は扉につけて

玄関の中で置き場所に困りがちな傘。傘立てを使うと玄関が狭くなってしまうのが難点ですよね。

そんな時にお役立ちなのが、玄関扉につけられる傘立て。広々としたたたきがあれば、お客様もたくさん呼べそうです。

タンクレス風トイレで収納場所を確保

お手洗いに収納がない……とお悩みの方におすすめなのが、トイレタンクの周りを囲う「タンクレス風トイレ」。

収納スペースも作ることができるので、お手洗いがすっきり片付きますよ。見た目もおしゃれになって一石二鳥です。

ボックスいらずのスマート収納

工具やパーツなど細かなものをボックスに入れて収納している方も多いかもしれません。

ですがボックス収納は意外とかさばってしまううえに出し入れしづらいのが難点。

細かいパーツはポケットファイルに収納するとスマートです。本棚にも並べて置けるので出し入れもしやすいですよ。

洗濯機を収納場所として使う

洗面台で収納に困りがちなタオル類は、洗濯機の前面や横などのスペースに収納しておくのがおすすめ。

こちらの実例ではマグネット式のタオルバーで固定しています。壁を傷つけないので、賃貸さんにも安心のアイディアです。

突っ張り棒でスマート収納

突っ張り棒とクリップで帽子を収納している実例です。デッドスペースになりがちな壁面も有効活用できますね。

カバン類も突っ張りラックを使ってかけておけば、省スペースにまとめておけます。

扉を収納場所にするのもおすすめ

デッドスペースになりがちな扉部分をバッグの収納スペースとしている実例です。

クローゼットの中に入れるよりも出し入れがしやすいのもうれしいですね。足元が広く開くので、お掃除も楽々です。

テーブル兼ドレッサーが便利

ドレッサーを置きたいけれどスペースがなくて……という方におすすめなのが、ドレッサーテーブル!

使わない時には普通の机としても使えるのでとっても便利です。

また、こちらのタイプは通常のテーブル部分にも引き出しがついているので、小物の収納にも使えます。

ソファサイドを収納スペースに

リモコンや雑誌など、ソファ周りで置いておきたいものはたくさんありますよね。

ですが、それらのために棚を置くと部屋が狭くなってしまいます。

そんな時に役立つのがソファサイドに取り付けられるオーガナイザーです。こちらはIKEAのものです。

お風呂場は壁面収納が◎

ユニットバスなど狭いお風呂では収納スペースが少なくて……という方も多いかと思います。

そんな時に役立つのがリングフック。引っかけるものの名前も書いておけば、戻し忘れもなくなりそうです。ぬめりの防止にもなるのでお掃除も楽々です。

ちょい干しには無印が便利

無印良品の直線ハンガーは省スペースで6つのアイテムが干せる便利アイテム。

お子さんの手袋や靴下を乾かしたり、掃除グッズやタオルなどをかけておくのもおすすめです。

棚の下部分を上手に使う
棚の下部分を上手に使う
出典:https://zozo.jp/(外部リンク)棚の下部分を上手に使う

吊戸棚の下部分を有効活用できるラックです。

「tower」のラックはかさばるものを置けるほか、キッチンペーパーやこまごまとした調理器具も収納して置ける便利な逸品。

シンプルデザインで高見えするのもポイントです。

コップ収納はボトルが便利

そのまま置いておくと水切りが難しいうがい用コップ。

こちらのインスタグラマーさんは、うがい薬のボトルにS字フックをつけ、ひっかけるようにコップを置いています。

水も切れるうえ省スペースなのがうれしいアイディアです。

くつろぎ場所兼収納スペースになる「畳が丘」

沢山の収納スペースが欲しいけれど、くつろぎ空間もきっちりキープしたい!という方におすすめなのがパナソニックの「畳が丘」。

大容量のスペースには、季節ものなどあまり使わないものをしまっているそうです。

季節ものはタペストリーで取り入れる

限られた季節しか使わないシーズンアイテムは、タペストリーやアートなどフラットなもので取り入れると省スペース。

しまっている間も場所を取らないので、気軽に模様替えができます。

デスクがなくてもワークスペースは作れる

デスクを準備しなくてはいけない、と思いがちなワークスペース。ですが実はリビングクローゼットの中などにも作ることができるんです。

扉を閉めると生活感がカットできるのもうれしいですね。押入れで応用するのもおすすめです。

スペースを有効活用して広々暮らそう♡

限られたスペースを上手に活用して、広々と暮らせそうなアイディアをご紹介しました!ちょっとした工夫でお部屋はスッキリとまとまるもの。

「うちは狭いから……」「場所がないから……」とあきらめず、工夫してみてくださいね♪

元記事で読む