1. トップ
  2. ファッション
  3. 定番だけど今季らしい「黒ウールパンツ」を選ぶときのポイントとは?

定番だけど今季らしい「黒ウールパンツ」を選ぶときのポイントとは?

  • 2019.12.26
  • 9210 views
undefined

そのときどきの気分に応じて、自在なアレンジが可能な黒の正統派。そんな黒を軸に合わせたいものを選ぶことで、ムダなく理想のバランスへと近づける。頼れる定番を「さらにいい」に引き上げる、今季ならではの使い方とは?

CENTER PRESS WOOL PANTS
「美しい形を保つ密度のある生地」
□ 防寒にも優れた適度な厚み
□「スキニーよりゆるめ」くらいの美脚な細身


センタープレスパンツ 12,000円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) 凜とした形状を保つ厚めの生地で、美脚をアシストするスリムなストレートのセンタープレス。

INTELLIGENT
「生地感の強弱」でシンプルを格上げ
プレーンな白シャツとの合わせに抑揚を生むウールのパンツ。クリーンな定番の組み合わせには、深みのあるブルーなど、華やかな色のカラーアウターがお似合い。メンズっぽい装いの足元はヌーディに、女らしさを加えて。


パンツは着まわし。白アシンメトリーシャツ 27,000円+税/ENFOLD ブルーロングコート 69,000円+税/アーチ ザ(シティショップ) ピアス 19,637円+税/アビステ ペイズリートートバッグ 49,000円+税/ア ヴァケーション(カオス新宿) ベージュローヒールミュール 35,000円+税/チェザーレ マルティノーリ(プラージュ 代官山店)

DRESS-UP
辛口なワントーンに効く淑女なドット
黒一色という、隙のないハンサムなスタイリングに欲しい、抜けや甘さを1つでかなえるモノトーンのドットブラウス。ビッグジャケットのワイルドなシルエットも、クラシカルなインナーが功を奏し強さを調整。


パンツは着まわし。黒ジャカードブラウス 20,000円+税/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) 黒ビッグジャケット 65,000円+税/ザ ダラス(タツノ) パールイヤリング 5,400円+税/アビステ バングル 40,000円+税/ブランイリス(エストネーション 六本木ヒルズ店) クラッチバッグ(ストラップつき) 38,000円+税/ジャンニ キアリーニ(ジャンニ キアリーニ 表参道店) パンプス 45,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク)

CASUALLY
必要なきちんと感も美脚な黒が1つで支える
カジュアル「すぎない」スタイリングを生むのも黒の正統派なパンツならでは。チェックストールにプリントカットソー、イエローのバッグなど、自由度の高い組み合わせもきちんと感をキープして、まとまりのある仕上がりに。


パンツは着まわし。黒ロゴカットソー 5,500円+税/ジャーナル スタンダード プラスイー(ジャーナル スタンダード 表参道) アイボリーフードアウター 59,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) チェックストール 57,000円+税/ジョシュア エリス(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ 12,800円+税/ELENA FIRENZE(スローブ イエナ 自由が丘店) 白スニーカー 12,800円+税/ニューバランス(アーバンリサーチ 神南店)

元記事で読む