1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ミニマリストの子供部屋ってどんな感じ?シンプルなインテリア&収納術を大公開

ミニマリストの子供部屋ってどんな感じ?シンプルなインテリア&収納術を大公開

  • 2019.12.15
  • 10237 views

ミニマリストの子供部屋を大公開

クリーンで片付けられた状態を維持するのが難しい子供部屋。せっかく片付けをしても、すぐにまた散らかってしまいがちです。この記事では、ミニマリスト渾身の子供部屋をご紹介。

無駄を極力省き、最小限のアイテムで不自由なく生活することがミニマリストらしい暮らし方です。子育てにも、ミニマリストならではの工夫やアイデアが詰まっています。それでは、早速見ていきましょう!

ミニマリストの子供部屋《インテリア》

オープンなミニマリストの子供部屋

リビングと接した子供部屋は、光の注ぎ込む快適な空間。ミニマリストらしく整頓された子供部屋の壁は、おもちゃやインテリアなどのパステルカラーが差し色に。

シンプルだけど温かみのある雰囲気を演出。育児の過程に合わせて、必要なおもちゃをセレクトして配置した子供部屋です。

ナチュラルな印象のミニマリストの子供部屋

木製インテリアをセレクトし、シンプルながらも温かみのある家具の影響で、全体的にやわらかな印象を受けます。

ベッドを置くことで活用できるスペースは減りますが、その分必要なものだけを厳選するのが、ミニマリストの暮らしの秘訣。

部屋を訪れる人に窮屈な印象を感じさせません。

和洋融合したミニマリストの子供部屋

畳を敷いたミニマリストの子供部屋には、木製で統一されたインテリアを配置しています。

和室の持つ凛とした印象と木製家具の温かみのある印象とが見事にマッチ。

すっきりした柔らかな印象を受ける子供部屋になっています。インテリアも素材を揃えれば室内全体の統一感が生まれますね。

アイテム数を絞ったミニマリストの子供部屋

小さなピアノやインテリアもシンプルかつエレガントな印象の子供部屋。ピアノの周りも整理されていて、いつでも遊びながら練習ができますね。

暮らしに必要なアイテムを絞り込んでカテゴリー別に収納することで、洗練された印象です。

片付ける場所をあらかじめ決めていれば、子供も自ら片付けをしようとするモチベーションが上がりますよね。

すっきりシンプルなミニマリストの子供部屋

育児をしていると、絵本や玩具などのアイテムの片付け場所がすぐに埋まってしまいます。

おもちゃ箱や棚など所定の場所にまとめて片付け、収まりきれない量になったら不要なものを処分する勇気も大切ですよ。

ミニマリストはシンプルな暮らしを保つために、スペースに合わせてアイテムの量を調整しているのです。

優しい色合いのミニマリストの子供部屋

青い壁紙と白を基調としたインテリアの優しい色合いが印象的なミニマリストの子供部屋。日差しが入り、柔らかな印象を受けます。

室内のインテリアの数は少なくデザインもシンプルですが、殺伐とした感じはありません。

シンプルかつ学習体制の整った状態を維持できています。室内が明るく清潔で、子供にとっても安心の空間となっていますね。

風通しのよいミニマリストの子供部屋

サーキュレーターで空気の流れを生み出し、窓から子供部屋に新鮮な空気を取り入れられる風通しのよい構造です。

幼い子供は、床中を動き回って色々なものを口に入れてしまいがち。無駄なものを一切取り除いたフローリングは、育児をする際に安心ですね。

モノトーンで統一したミニマリストの子供部屋

床面や壁などに白黒のモノトーンで配色した子供部屋。シンプルな配色ですが、伸び伸びとした印象を受けます。

木製のナチュラルな素材のインテリアと組み合わせることで、子供部屋らしく優しい快適空間を生み出していますね。

温かみのあるインテリアが、空間をふんわりと彩っています。

木製家具で統一したミニマリストの子供部屋

学習机やデスク周りの小物など、インテリア全般を木に統一したミニマリストの子供部屋です。

いつでも勉強道具を開いて学習がスタートできるように机上はすっきりしています。

小学生や中学生の子供にとっては、「気分が乗ったときいつでも勉強がスタートできる」という学習環境は大切。

デスク周りをすっきりとシンプルに整理して、やる気を応援するのも子育ての秘訣ですね。

季節を演出したミニマリストの子供部屋

木製のシンプルなデザインの本棚に絵本をディスプレイ。壁に掛けたクリスマスツリーデザインのタペストリーが、暮らしに季節感を添えます。

シンプルだけど温かな子供部屋らしい雰囲気ですね。すっきりとしてクールなイメージがあるミニマリストの暮らし。

ちょっとだけ季節感をプラスすれば、安らぐ子供部屋になります。

柔らかな光が差し込むミニマリストの子供部屋

木製の棚と机。光が降り注ぐ明るいキッズスペースは、ナチュラルで優しい印象です。

インテリアは木製の棚と机だけのシンプルな空間ですが、壁や机などに花が飾られていて季節の彩りも添えてあります。

棚や机はさっぱりと片付けが行き届いていて、いつ勉強道具を広げても勉強できますね。

遊び心あふれるミニマリストの子供部屋

「おままごとカフェコーナー」というコンセプトが特徴の遊び心に溢れた子供部屋。壁には黒板を使ったカフェのような看板も飾られていて、本格的ですね。

遊びを通して、子供の心も育ちます。家族でいっしょに部屋を作っていくことで、子供も積極的に部屋づくりに関与してくれますよね。

ミニマリストの子供部屋《収納アイデア》

ミニマリストはラックに収納

壁面に沿って並べたラックにおもちゃや絵本を収納して、広々とした印象のミニマリストの子供部屋。すっきりとした印象で空間が広く感じます。

余分なアイテムが床に広がげられてないので、床面をいつも有効活用できます。部屋全体を広々と使えるので子供も快適に遊べますよね。

ミニマリストは100均グッズで収納

セリアのフタつきプラボックス12個を重ねることで、片付けできるようにした子供部屋。収納するおもちゃが、イラストと文字のアイコンで一目瞭然ですね。

さっと片付けたり出して遊んだりできて快適です。重ねて収納できてかさばりません。

ミニマリストは100均グッズをインテリアとして賢く使います。手軽にシンプルに整理できておすすめの方法ですよ。

ミニマリストは壁面を活かして収納

壁面収納を活用して、季節感を演出。木製のラックやナチュラル素材のバスケットなどから、素朴な温かさが伝わってきます。

子供と過ごす空間として寛いだ雰囲気にしたいとき、ナチュラル素材のインテリアを配置する方法はおすすめですよ。

棚にはかわいらしいひな人形も飾られ、子供の成長を願う優しい愛情が感じられますね。

ミニマリストは色を意識して収納

さりげなくカラーと素材感とを揃えた収納。おままごと用おもちゃとインテリアのカラーコーディネートで子供部屋を作り出しています。

おもちゃは、プラスチック製のケースに整理することで片付けています。床のスペースを確保して、快適に遊ぶことができますね。

ミニマリストはさりげなく絵本を収納

キッチン周りに絵本収納を作ってキッズスペースに。

お気に入りの絵本が身近な場所にさりげなく収納されていれば、家族がいつでも手に取って子供に読み聞かせできます。

暮らしの中にコミュニケーションの場所が広がり、子供の過ごしやすい快適な空間を作り出すことができますよね。

ミニマリストは素材感を大切にして収納

キッチン周りにおもちゃや子供の物を収納したもの。収納ケースを等間隔に配置してあり、シンプルですね。

プラスチック製と木製のボックスを上下で並べていて、丁寧に整理された印象を受けます。

まだ親の目が離せない小さな子供には、リビング近くにキッズスペースが必要。快適に子供が遊べるスペースを作り出したいですね。

ミニマリストは分かりやすくおもちゃを収納

おもちゃといっても大小さまざま。形もサイズもカテゴリーも異なるおもちゃを小スペースに収納しています。

少し大きくなった子供であれば、片付ける場所を共有しておくと自主的にその場所に片付ける習慣が身につきます。

子供が片付ける場所に迷うことなく遊べる収納は理想的ですよね。

ミニマリストはクローゼット内も効率的に収納

こちらの子供部屋は、クローゼットを効果的に活用しています。押し込めていくだけでは物は溜まっていくばかり。

きちんと整理しないと、どこに何を片付けたのか後で分からなくなってしまいます。アイテムをどこに片付けるかを決めること。

シンプルですが、快適な部屋を維持するためには必要なアイデアです。

ミニマリストはケースを組み合わせて活用

木製のランドセルラックにファイルケースなどを組み合わせて収納。見た目もすっきりして、必要なものだけをシンプルに収納できます。

小学生の子供がいると、ランドセルの置き場所に意外と困りますよね。

収納場所が決まっているので、片づけをする子供にとっても楽です。クリーンで快適な状態をキープできておすすめですよ。

ミニマリストはフタつきケースで収納

フタつきケースに入れて収納されているのは、ゲームとその周辺機器。小さな子供がいると、いたずらしておもちゃを壊してしまうこともありますよね。

衝撃に弱いおもちゃは、ちょっとした落下などが故障の原因に。壊れやすいおもちゃはフタつきケースに入れるのも、シンプルですが効果的なアイデアです。

ミニマリストは遊ぶもの以外は全て収納

その日に遊ぶおもちゃだけをあらかじめ床に広げておくと、際限なく散らかっていくということがありません。

子供と話し合ったり、子供自身に決めさせたり。子供の意思を尊重しながら、いっしょにシンプルできれいな子供部屋を維持していく姿勢が大切ですね。

子供の意思を尊重して、成長に合わせて無理なく部屋作りをしています。

ミニマリストはチェストに収納

チェストの中に必要なものを整理して収納。アイテムの数を絞り、スペースを有効活用するミニマリストのアイデア。

室内のスペースが大きく確保でき、快適に部屋を使うこともできます。子供部屋には、育児の段階に合わせてどんどん物が増えてしまいがち。

収納スペースに収まる量だけに絞るというシンプルだけど大切な考え方が徹底されています。

ミニマリストの子供部屋まとめ

今回の記事では、子供部屋についてインテリアや収納アイデアなどをご紹介しました。共通するのは、ミニマリストの方々の子供を主役にして子供目線の部屋作りをするという考え方。

一緒におもちゃを選んだり、片付けたり。片付ける場所が決まっていると、子供も迷わず片付けられます。

自主的に取り組めて、快適できれいな部屋がキープできるのですね。この記事で紹介した実例を参考に、ぜひ素敵な子供部屋を作り出してください。

元記事で読む