1. トップ
  2. ファッション
  3. 気を抜くと乱れがちな【子供服】!驚くほど使いやすくなる収納方法を伝授!

気を抜くと乱れがちな【子供服】!驚くほど使いやすくなる収納方法を伝授!

  • 2019.12.14
  • 7462 views

子供服をきちんと整理整頓したい!

気を抜くと乱れてしまいがちな子供服の収納に悩んでいるお母さん方も少なくありません。

今回は、子供服をすっきり整えるためのアイデアや、レイアウト方法、おすすめのアイテムなど、子供服収納に関するイロハを伝授させていただきます。収納上手な方のアイデアをどんどん取り入れましょう。

子供服のおすすめ収納アイデア10選

シーズンオフ衣類の収納アイデア

シーズンオフの洋服はプレンティボックスに入っています。

表側と裏側に春夏・秋冬と2種類のラベルシールを貼っているので、ボックスを反対に向けるだけで衣替えが完了します。

収納ケースをたくさん持つ必要がありませんし、とても効率的なアイデアですね。

お店のように見せる収納アイデア

たたむ収納とかける収納を取り入れることで、お店のディスプレイのような空間になります。

アウター類はしっかりかけて、Tシャツやボトムスはたたんで収納していますね。

パッと見て、何がどこに入っているのかすぐに分かるところが素敵。

一か所にまとめて収納

子供の洋服は一か所にまとめて収納することによって、子供が出し入れしやすくなるだけではなく、お母さん自体も動線が短くなり時間を短縮することが可能に。

下着や洋服、ユニフォームなど何でも入っているので、自分で準備しやすい仕組みを作りましょう。

カラーボックスに収納

子供服をまとめてカラーボックスに収納するのもおすすめです。

カラーボックスはお手頃価格でGETできる商品なので子供の人数分揃えやすく、統一感を出して収納できるところが魅力。

別売りのレールとボックスを使えば、簡単に引き出しを作れます。

ボトムスは吊るして収納

子供の服は小さいので、1枚ずつたたむのが面倒になりますよね。そういった場合にはたたまず掛ける収納を取り入れましょう。

西松屋のボトムスハンガーを使うことによって、すっきり整理できますよ。思い切って全部吊るして収納しましょう。

ニトリ・IKEA・ダイソーの贅沢収納

カラーボックスやファイルスタンド、IKEAやダイソーの収納ボックスを使って収納しています。

レールをつけて引き出しになっているので、とても使いやすくなっていますね。

中身が見えないような収納ケースを取り入れることで、すっきり見えるのでおすすめです。

余白を残して収納

すべての洋服を吊るしてしまうとぎゅうぎゅうになってしまう場合には、収納ケースを使って収納するのがおすすめです。

きちんとラベリングしてあげることによって、すっきりと整理できますよ。空いているスペースがあればあるほど、ゆとりがあって管理しやすくなります。

突っ張り棒を使って収納

帽子の収納方法はなかなか難しいですよね。突っ張り棒を空いている空間に取り付けることによって、デッドスペースを生かして収納できます。

空いている空間に目をつけて、このように収納スペースを作るというアイデアが素敵ですね。

小物も吊るして収納

大人だけに限らず子供のファッション小物も吊るして収納するのが正解です。

きちんと吊るして収納することによって、どこに何があるのか分かりやすくなります。一か所にまとめて収納できるようなスペースを作りましょう。

衣類はたたまず掛けて収納

洋服はできるだけハンガーに掛けて収納することによって、たたむ手間が省けます。

この時できるだけハンガーを揃えることで、統一感が出てすっきり見えますよ。ブランコハンガーを使って、収納を2倍にするのもおすすめです。

子供服をすっきり整理しましょう!

子供の数が多いと大人の洋服よりも管理がしにくく、気を抜くとごちゃごちゃになってしまいますよね。

子供も出し入れがしやすく自分で服選びができる環境を整えてあげると、自立心を育てられます。収納上手さんのアイデアをどんどん取り入れて、使いやすい空間に変えていきましょう。

元記事で読む