1. トップ
  2. おでかけ
  3. 自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」

自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」

  • 2019.12.8
  • 3146 views

紅葉の賑わいも落ち着き、冬へと向かう12月の京都嵐山。年の瀬を前に、身も心もリフレッシュしに訪れてみませんか?そんな嵐山で「ただいま」と言いたくなる別荘のようなホテル「ザグランドウエスト嵐山」をご紹介します。

自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
便利な立地に建つ、マンションをリノベーションした近代的なホテル
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
ことりっぷ

阪急嵐山線「嵐山駅」から徒歩5分。「渡月橋」や「竹林」など数々の嵐山の名所まで歩いていける便利な立地に「ザグランドウエスト嵐山」はあります。マンションをリノベーションした近代的な外観ながら、煉瓦のオレンジ色はどこか暖かく、嵐山の雄大な自然の中に溶け込むように建っています。

カフェのようなエントランス
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
エントランスのipadは無料で使用できます。

エントランスでは、家に帰ってきたように、にこやかにフロントスタッフが出迎えてくれます。京の竹をあしらった上質なソファと重厚感あるオリジナルのテーブルで、無料でいただける珈琲やお茶を楽しみながら、旅のあれこれを相談できます。記念日のお祝いやサプライズなどの記憶に残る演出も、スタッフ総出で心を込めて対応してくれるのだとか。おもてなしの気持ちがとても嬉しいですね。

家族、友人、大切な人と。嵐山に住まうような贅沢な時間を
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
フローリングと畳エリアがある「和洋室スタンダードファミリールーム」1泊1室26,909円~(税抜)

客室は全10室、4タイプ。全ての部屋が53㎡以上と、スイートルームのような優雅な間取りで、4名~5名で宿泊可能です。冬は温まりやすく夏はひんやりと冷たい、さらさらと気持ちが良い竹の床材や、全ての部屋で異なるカラフルな襖アート、包み込まれるようなふんわり感ながら、沈み込む感じがないのに驚くマットレスなど、少ない客室だからこそ、一つ一つのクオリティにこだわりを感じます。

真っ黒なバンズに色鮮やかな野菜やチーズが映えるハンバーガーを「CROSS」
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
ことりっぷ

ホテルの1Fにはランチやバーとしても楽しめるレストラン「CROSS」があります。こちらでぜひ頂きたいのが、竹炭を練りこんだ真っ黒なバンズに京都の平井牛を使った、本格ごちそうバーガー。とろっとろのチーズを目の前でかけてくれる「チーズバーガー」や、野菜の色が美しく映える「嵐山バーガー」は、見た目はもちろん食べごたえも大満足。他にも可愛いクリームソーダや、バータイムにはたくさんの種類のドリンクのメニューがあります。比較的早く閉まってしまう嵐山のお店が多い中、23時までの営業なのでゆったりとくつろげますよ。

竹籠に入った和モダンな朝食
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
選べる朝食 和食・洋食ともに1,819円(税抜)

CROSSでいただく朝食は、パンと卵のメイン料理が付いた『洋食』か、焼き魚とご飯、お味噌汁がついた『和食』が選べます。アフタヌーンティーに使われるような、ケーキスタンドに、2段の竹籠に入ったここでしか味わえないシェフのこだわりの詰まった朝食を楽しんで。

嵐山の山々を一望できる屋上ルーフトップ
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
ことりっぷ

「ザグランドウエスト嵐山」の屋上は、ルーフトップとして開放されています。周りには、高い建物がないため、山々に囲まれているような空間が広がります。適度な弾力のあるドイツ産の籐のソファや、床に敷き詰められている芝がよりくつろげる空間を作っています。CROSSのハンバーガーをテイクアウトして、ピクニックのようにして食べるのも楽しいですね。9時~21時の間開放しているので、屋上からの美しい夕焼けも満喫できますよ。

一味違った嵐山を楽しもう
自分を癒す嵐山へ。別荘に訪れるように滞在する「ザ グランドウエスト嵐山」
ことりっぷ

泊まるからこそ楽しめる早朝や夜の嵐山。嵐電嵐山本線の嵐山駅構内では、京友禅の生地が入った色鮮やかなポールがずらりと並ぶ「キモノフォレスト」が楽しめます。夜にはライトアップが行われ、駅にいるとは思えない幻想的な空間が広がります。また、昼には観光客で混雑する「竹の小径」も、早朝なら独り占めすることができますよ。いろいろな楽しみ方ができる「ザグランドウエスト嵐山」で心と体をリセットできる贅沢な時間を過ごしてみませんか。

元記事で読む