1. トップ
  2. ファッション
  3. 黒好きな人が知っておくべき「黒を使わない」レパートリー

黒好きな人が知っておくべき「黒を使わない」レパートリー

  • 2019.12.1
  • 6131 views
undefined

カラーパレットや色みの幅が広がった今こそ、頼れる黒はいったんお休み。濃く、深くなった色で落ち着かせたカラーブロックや、アイテムのクセを生かしたベーシックカラーの使い方など、色の特性を引き出した合わせのメソッドを総ざらい。黒に頼らず、スタイリングをもっと表情豊かなものに。

01 / 3 COLORS
「派手に見えないカラーブロック」
明度ひかえめで落ち着きのあるモスグリーンやマスタードなど、キレイ色を軸とすることでうまくいくカラーブロック。濃度を和らげる、白やグレージュを投入して軽やかさを重視。

□GRAY BEIGE COAT
□DARK NAVY KNIT
□MOSS GREEN SKIRT


ノーブルな色みの上下の緊張をほぐすグレージュの粋
共布ベルトつきグレーベージュウールコート 234,000円+税/ネヘラ(ショールーム リンクス) ネイビータートルネックニット 40,000円+税、中に着たTシャツ 15,000円+税/ともにデミリー(サザビーリーグ) ダークグリーンポリエステルスカート 58,000円+税/ウィークエンド マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン) 眼鏡 40,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(CULFAR) ブーツ 21,900円+税/A de Vivre もともと奥行きを感じさせるレイヤード風コート。

□BROWN COAT
□WHITE T-SHIRT
□BURGUNDY PANTS


ハンサムな表情が和らぐ茶と赤系のグラデーション
ブラウンガウンコート 120,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 白Tシャツ(12月展開予定) 13,000円+税/nagonstans バーガンディーセンタープレスパンツ 29,000円+税/ebure バッグ 17,000円+税/マルコマージ(エディット フォー ルル) ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) 白Tで都会的な抜けを。

□GRAY COAT
□MOCA SWEAT
□YELLOW PANTS


まろやかなモカ&マスタードに必要なグレーの風格
共布ベルトつきグレーノーカラーコート 63,000円+税、イエローサテンパンツ 22,000円+税/ともにstyling/(styling/ 新宿ルミネ1店) ブラウンスエット 8,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店) ブーツ 48,000円+税/ピッピシック(RHC ロンハーマン) マニッシュな装いを柔和にさせる、リッチなサテン素材のパンツを採用。

02 / ONE TONE
「黒的にALLネイビー」
黒と同等のスマートな役割もはたしつつ、品のよさと柔和な表情を含むのは、ネイビーならではの特性。あえてカジュアルをにおわすひと手間でイメージチェンジ。


シャープな印象をほぐす愛嬌のあるワントーン
ネイビーウールチェスターコート 79,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ネイビープリントスエット 10,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ネイビーハイウエストニットサルエルパンツ 33,000円+税/ENFOLD サングラス 19,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) シューズ 26,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) ロゴスエットで力を抜いて。

”ALMOST” ONE TONE
色幅を生かした「ほぼワントーン」
ひとえに白やグレーといっても、クリーミーなトーンからパキッとした発色まで、色調はさまざま。そんな色みの違いを味方につけて、いつものワントーンをリフレッシュ。

□WHITE
「クリーミーな白をブレンド」
スタイリングを整えるパリッとした白ブラウスにあいまいな白をブレンドすることで、無機質な白が華やぐ相乗効果。サテンのMA-1とウールパンツ、素材のコントラストでやさしい白にメリハリを。


アイボリーMA-1 13,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 白ブラウス 19,000円+税/THIRD MAGAZINE 共布ベルトつき白センタープレスパンツ(11月入荷予定) 22,500円+税/BANNER BARRETT ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) MA-1と端正なパンツ。異なるテイストのメンズっぽさでさらにひねりを。

□GRAY
「わずかな濃淡にこだわる」
ニット×スラックスなどシンプルな合わせが似合う知的なグレーは、同じトーンではもの足りなさを感じがち。グレー自体の濃度に差をつけることで気の利いたスタイリングにアップデート。


グレーバックロングニット 28,000円+税/ENFOLD グレーサキソニーパンツ 38,000円+税/ebure ストール 9,800円+税/ツイードミル(ジャーナル スタンダード 表参道) ショートブーツ 48,000円+税/ピッピシック(RHC ロンハーマン) ぼやけがちな全身ルーズなシルエットも、色と素材の微妙な違いで間のびしない。ラフに巻いたストールのボリューム感も、抑揚づけに一役。

□KHAKI
「延長線上のくすんだグリーン」
ベーシックカラーのようにとり入れられるカーキを軸にまとめた、渋めのワントーン。くすむことでなじむオリーブグリーンのベレー帽で、さりげなく花を添えて。


共布ベルトつきカーキロングコート 42,000円+税/BANNER BARRETT ベージュドルマンシャツ 24,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) カーキハイウエストフレアパンツ 27,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ベレー帽 28,000円+税/CLYDE(SUPER A MARKET) ブーツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

03 / NOT BORING
「色は守って、見た目で攻める」
品のよさも好感も持ち合わせている、結局落ち着くベーシック色。一歩まちがえると無難におさまってしまうだけに、強気なディテールや珍しい素材で緩急つけてマイナーチェンジ。

LOOK 01
「フリンジが落ち着く知的なグレー」
コンサバな印象のノーカラーコートに、ストールのようにあしらわれたフリンジで躍動感を表現。上品なグレーなら、あくの強いディテールも品よく大人に仕上がる。


GRAY FRINGE SET-UP
グレーフリンジウールコート 59,000円+税、グレーアシンメトリーフリンジヘムフレアスカート 55,000円+税/ともにウジョー(ブランドニュース) 白リブタンクトップ 7,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ショートブーツ 10,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 同素材のフレアスカートで、女性らしくシックなムードをキープ。

LOOK 02
「高貴なシャツこそ穏やかな色で」
上品な光沢を放つサテンは、素材のイメージに寄り添ったやわらかな色みを選ぶのが正解。とろりとした生地とエクリュカラーのやさしさで、親しみやすくも上品な女性像を演出。


IVORY SCARF BLOUSE
アイボリースカーフブラウス 42,000円+税/サヤカ デイヴィス(シティショップ) ネイビーウールセンタープレスパンツ(メンズサイズ) 35,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) ショートブーツ 35,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) キレイめなブラウスはウエストインするとキマりすぎる。アウトしてラフな着こなしを。

LOOK 03
「上も下もリッチな質感」
知性を感じさせるネイビーとブラウンのまじめな組み合わせ。非日常的なインパクトを与えるベロアとファーをぶつけても、配色のおかげで奇抜にならず、理想的なインパクト。


NAVY VELOUR TOP + BROWN FUR SKIRT
ネイビーベルベットトップス 8,300円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ブラウンファーフレアスカート(別注) 49,000円+税/ブルーバード ブルバード(ロンハーマン) サングラス 35,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(CULFAR) 色と素材の主張がわかりやすいぶん、それぞれのデザインはそっけないぐらいがちょうどいい。

LOOK 04
「映える白の存在感」
真っ白なワンピースを、臆することなくむしろ潔く。異なる「白っぽい」コートを重ねることで、ワンピースのクリアな白を強調しつつ、ニュートラルな印象も確保。


WHITE LONG DRESS
白ギャザードレスワンピース 23,000円+税/エミ アトリエ(エミ ニュウマン新宿店) アイボリーガウンコート(ベルトつき) 38,000円+税/RIM.ARK、ピアス 2,990円+税、ミドルブーツ 13,990円+税/ともにSLY(以上バロックジャパンリミテッド) ギャザーをたっぷりととったAラインのゆれ感によって、それだけで”もつ”ワンピース。そのほかはごくシンプルに。

04 / BEST PARTNER
「ブラウン系とかわいい色」
あいまいなパステルやモードなヴィヴィッドなど、瞬時に気分を変えてくれる主張のある色。黒では強すぎる配色も、しなやかさとやさしさが両立するブラウン系をベースにすることで解決する。

+ ROSE PINK
「グラデにとけ込むくすんだピンク」
ピンクの中でも大人っぽさをたたえたローズカラー。アイテム自体はすべてハンサムなのにかわいげが宿るのは、茶系グラデとケンカしないヴィンテージのようなピンクを添えたから。


ベージュシャツワンピース 22,000円+税/styling/(styling/ 新宿ルミネ1店) ピンクパンツ 18,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ストール 35,000円+税/スロー(RHC ロンハーマン) ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) なつかしい色でまとめた配色を、ロング&リーンでスッキリと引き締め。

+ SIMPLE RED
「さし色に徹する明快な赤」
よくなじむのにそれぞれを引き立てる赤とブラウン系。そぎ落とすことで配色がきわ立つシンプルなスタイリングに鮮やかな赤をのぞかせて、奥行きと切れ味のあるスタイリングが実現。


ブラウンオーバーニットコート 129,000円+税/ボブティック(ジャーナル スタンダード 表参道) 赤タートルネックリブニット 40,000円+税/ジュウジュウ(ロンハーマン) ベージュセンタープレスパンツ 36,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) ミドルブーツ 13,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 上半身の濃度が高いぶん、足元のベージュで、クールな抜けを。

+ LAVENDER
「ユニセックスな色っぽさ」
オーバーシャツ×パンツといったマニッシュな装いも、ラベンダーのエレガントなイメージを借りてどことなくセンシュアルに転換。こっくりとしたブラウンも、洗練された印象。


パープルシャツ 17,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ブラウンパンツ 16,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) 手に持ったジャケット 75,000円+税/ジェジア(ジャーナル スタンダード 表参道) ローファー 28,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクアイーレ店) ソックス/スタイリスト私物 計算されたルーズ感。

+ BRIGHT PINK
「いっそのこと甘めのベージュと」
モードな辛さと愛嬌を共有するフューシャピンクをまろやかなベージュのショールカラーコートにIN。女らしいムードはそのままに、ビタミンカラーの力で遊び心が加わって、研ぎ澄まされたイメージを維持。


ベージュウールロングコート 120,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) ピンクリブカットソー 17,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) ブラウンブーツ 21,900円+税/A de Vivre クラシカルなムードを盛り上げる、淡いベージュと濃いブラウンのツートーン。さらなる甘さを含む発色のいいピンクニットは、ちら見せするぐらいで、ごく少量にとどめるのがベター。

+ MINT GREEN
「チョコミント的解釈」
重くなりがちなブラウンに、女性らしい清涼感をもたらすミントグリーン。チョコレート色とミントのレトロな配色が、スタイリングにテーマ性さえ与えてくれる。


ミントグリーンタートルネックニット(11月中旬発売予定) 21,000円+税/styling/(styling/ 新宿ルミネ1店) ブラウンスカートパンツ 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ハット 3,490円+税/AZUL BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) ハットづかいでキリッと見せて。

+ MUSTARD
「配色とロングによる迫力」
新鮮でありながら意外と落ち着くカーキ&マスタード。ベーシックカラーを重ねがちなロング&リーンも、すそからマスタードをのぞかせることで今年らしく見違える。長さとコントラストの「強さ」を駆使。


カーキオーバートレンチコート 37,000円+税/BANNER BARRETT イエローリブニットロングワンピース(12月中旬発売予定) 23,000円+税/エミ アトリエ(エミ ニュウマン新宿店) ショートブーツ 35,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 硬派な印象のトレンチコートだけに、すそがゆれるやわらかなニットワンピースでリズムを加えて。

05 / NEUTRAL
「あいまいな色ほど、とがらせる」
今年のキーカラーともいえる「あいまい色」は、その特性がゆえにフラットな印象におさまりがち。縦に流したり素材感に頼ったりと、鋭さを生むひと工夫を。

HANDSOME WOMAN
「直線的に使うニュートラルカラー」
ひかえめな印象のキャメルを、ストンとした細身のコートで縦の流れを意識して、端正なフォルムへとブラッシュアップ。インナーは白の微差でひとつなぎにし、さらなるIラインを強調。


共布ベルトつきキャメルロングコート 140,000円+税/ウィークエンド マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン) 白シャツ 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) アイボリーカットオフスエットパンツ 25,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) パンプス 32,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) パイソン柄パンプスでエッジを効かせて。

MODE
「よく見るとバルーンパンツ」
トレンチとスエットパンツの定番を、それなり以上に引き上げるユニークなパンツのシルエット。おとなしくなりがちな配色だけに、さりげなく緩急をつけることでただのシンプルに終わらない。


共布ベルトつきカーキトレンチコート 135,000円+税、アイボリーシースルーリブニットカットソー 24,000円+税/ともにATON(ATON AOYAMA) グレーバルーンパンツ 32,000円+税/ENFOLD パンプス 8,990円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン) インナー/スタイリスト私物 バルーンパンツはあたたかみのある素材で、見た目に加え機能性も抜群。透けるニットもカギ。

ALL ECO LEATHER
「上下に使うマットな光沢」
シャツとレディなフレアスカートを大胆にも上下レザー調に落とし込み、切れのいいワントーンへ。少しマットな質感と使い勝手のいいエコレザーなら、ハードさにもどこか落ち着きが。


アイボリーソフトフェイクレザーシャツ 31,000円+税、フェイクレザースカート 29,000円+税/ともにロンハーマン ショートブーツ 34,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) ぬれたようなツヤのレザーが、女性らしいミルキーな色に奥行きと味を与え、凜とした色気を添えてくれる。細身のパンツスタイルでは辛口すぎるところを、スカートでトーンダウン。

SPORTY + MILITARY
「キレイに解釈するテイストMIX」
スエットのカジュアルさとミリタリー調のスカートの無骨な組み合わせも、クリーンな白と淡いカーキ、ツヤのある素材でモダンな印象へと見違える。ムダのなさで、スッキリとした見た目もキープ。


白トップス(12月中旬発売予定) 14,000円+税/エミ アトリエ(エミ ニュウマン新宿店) カーキスカート 12,000円+税/ジャーナル スタンダード プラス イー サングラス 32,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(CULFAR) ショートブーツ 24,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 切れのいい白ではさみ、スカートの無骨さをドレスアップ。

06 / GRAY + PINK
「グレーを高める高貴なピンク」
甘さも落ち着き、スマートにさえ感じるスモーキーなピンクが、無機質なグレーに大人の愛らしさを添えてくれる。くすんだトーンにまとめることで、浮かずになじむ効果が。

□KNIT ON KNIT
□LONG SKIRT



見慣れたグレーの気分を変える洗練されたドレッシーなピンク
グレーアシメトリーニット 28,000円+税/nagonstans 中に着たグレータートルネックニット 18,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店) ピンクベージュスカート 38,000円+税/ebure ブーツ 35,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 躍動感のあるエレガントなスカート。ラフなニットに添えれば、日常に沿う華やかさ。

□COLLARLESS JACKET
□KNIT SET-UP


ぬくもりのあるダスティピンクで気張りすぎないキレイさに調整
ピンクコーデュロイノーカラージャケット 19,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) グレーニットとワンピースのセット 18,000円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ショートブーツ 10,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) コーデュロイのジャケットならコンサバすぎず、ほどよい緊張感。

07 / WITH BLUE JEAN
「デニムを一色ととらえて幅を広げる」
いろんな色の中でも、唯一無二の「デニム色」。なかでもカジュアルだけに傾かない、汎用性の高いインディゴブルーの選択を。着てみたかった派手な色も、背伸びした大人な色もそんなデニムが一手に引き受けてくれる。

INDIGO DENIM + KHAKI COAT + YELLOW KNIT


重厚なカーキとはじけたイエロー。「何でも合うデニム」が橋渡し役
カーキオーバーコート 52,000円+税/シティショップ、ショートブーツ 29,000円+税/カルメン サラス(ともにシティショップ) ライトイエロータートルネックリブニット 4,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) インディゴセンタープレスデニムパンツ 19,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) あえてテンションが真逆の2色に合わせ、デニムの汎用性の高さを証明。

オリジナルサイトで読む