1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 寝室をおしゃれに大変身♪睡眠の質やおしゃれ度を高めるおすすめのインテリア

寝室をおしゃれに大変身♪睡眠の質やおしゃれ度を高めるおすすめのインテリア

  • 2019.12.1
  • 12424 views

寝室のインテリアはとても重要!

寝室はみなさんどのようにしていますか?ベッドだけを置いている人もいますが、インテリアを置いていくだけでおしゃれな雰囲気を作ることができます。

もちろん多すぎてもおしゃれにならず、快適な睡眠の邪魔になってしまうことも。

どのようなインテリアだとおしゃれになるのか、快適な睡眠を作る方法とともにご紹介していきます。

快適な睡眠を取りたい場合に考えるべきこと

寝室の色・雰囲気

快適な睡眠を考える場合は寝室のことをしっかりと考えましょう。

寝室のレイアウトは人によって異なりますが、色や雰囲気はとても重要になります。

分かりやすく言えば、青色をテーマにしている人は落ち着きがある雰囲気、緑色にしている人は癒やされる雰囲気の中で眠りにつくことができます。

逆に明るい色の赤色などはおしゃれですが興奮状態になりやすい色でもあるため、できればアクセントカラーに使う程度が好ましいです。

照明の明るさ

部屋の雰囲気や色も大切ですが、他にも照明の明るさや色を気にしましょう。

照明の明るさが強いと電気をつけているときも眩しくて目が覚めてしまいます。

できるだけ電球色で光が強くないものを部屋のライトやインテリアライトにすると、優しい光に包まれながら安心して眠りにつくことができます。

周りの環境

睡眠の質を意識する場合は周りの環境も気にかけておきましょう。

やはり寝室でも周りが騒がしい状態だと睡眠が浅くなってしまいがちです。

周りの音が静かな環境だとより深い眠りにつくことができるため、睡眠の質を意識する場合は落ち着ける環境作りを行いましょう。

日光にも注目しよう

静かな環境作りを意識するだけでなく、日光の入り具合を考えて寝室をレイアウトするのがおすすめです。

何気なく決めてしまいがちなベッドの位置ですが、朝になって日光が自然と入ってくる位置にすると朝の目覚めがよくなります。

現在ではスマホでアラームをかけて寝ることが多いのですが、アラームに頼ることなく目覚めることができるためイチ推しです。

寝室のおしゃれ度を高めるおすすめのインテリア

インテリアライト

快適な睡眠環境を作りつつおしゃれな寝室を作ることは可能です。

おしゃれな睡眠環境を作りたい場合にはインテリアライトを使うようにしましょう。

部屋をおしゃれにするだけでなく、部屋の明かりに物足りないときにつけることで柔らかい光の中眠りにつくことができますよ。

観葉植物

部屋をおしゃれにしていくためにも観葉植物を置くようにしましょう。

観葉植物は部屋をおしゃれにするだけでなく、目に入るだけでも心が癒やされる事が多いです。

棚の上やコーナーに置くだけでも大丈夫なので、寝室にもぜひ観葉植物を置いてみてください。

アロマディフューザー

好きな香りがある人やしっかりと睡眠に付きたいという人にはアロマディフューザーの使用がおすすめです。

アロマディフューザーも現在はおしゃれなものが多く、部屋のインテリアとして使うこともできます。

香りは癒やし効果もあり、睡眠のタイミングで定期的に使うと生活リズムを作ることができるので、試してみてくださいね。

ポスターorフォトフレーム

寝室で特におしゃれ度を高めてくれるのがフォトフレーム。

フォトフレームは自身の手掛けたイラストや家族の写真でも大丈夫ですが、おしゃれなイラストをフォトフレームに入れて飾るだけでも大丈夫です。

できればイラストより少し大きめのサイズのフォトフレームを用意し、ポスターやイラストを飾るだけでも高級感がある寝室に変えることができますよ。

クッション

クッションはソファを置くときにインテリアとして用意することが多いですよね。

クッションは意外と部屋の雰囲気を左右しやすく、寝室におしゃれなクッションを置くだけで寝室のおしゃれ度もUPさせることが可能です。

アクセントカラーをクッションで取り入れるだけでも寝室がおしゃれになるので、挑戦してみてください。

ラグ

寝室にラグを置くのもおしゃれで注目されています。

ラグはテーブルの下に敷かれることがほとんどですが、ベッド下に敷くことアクセントデザインにすることができます。

他の人と違う雰囲気にしたい人はラグを使うだけでも大きく雰囲気が変わるので使ってみてください。

おしゃれな寝室で快適な睡眠時間を作ろう♪

寝室をおしゃれにする方法や快適な睡眠環境を作る方法をご紹介しました。

寝室は毎日訪れるような場所なので、気分を大きく左右する場所といっても過言ではありません。

おしゃれにするだけでも気分や睡眠の室は大きく変わるので、ぜひご紹介した点を参考にしてみてください。

元記事で読む