1. トップ
  2. ネイル
  3. 秋冬仕様なのに重くない!クリアベースのレオパードネイル特集♡

秋冬仕様なのに重くない!クリアベースのレオパードネイル特集♡

  • 2019.12.1
  • 13302 views

シックな色でアートする、秋冬仕様のレオパードネイル。今回は、クリアベースにレオパード柄をアートしてつくるデザインに注目してみました。大人女子がチャレンジしやすいネイルデザインがたくさんありますので、次のネイル選びの参考にしてくださいね!

クリアベース×レオパードアートでつくるお洒落ネイル

ブラウン系カラーでアートする、秋冬仕様のレオパードネイル。お洒落デザインではありますが、シックな色味を使うと、重くなってしまいがちです。そこでおすすめしたいのが、クリアベースにレオパード柄をアートするデザイン。

ベースジェルを塗っただけのクリアネイルにレオパード柄をアートするだけのシンプルネイルですが、重くなりすぎず上品なデザインに仕上げられます。

レオパード柄の一部をハート型にしたり、爪の周りをラメで囲んだり、クリアネイルの爪先だけにレオパード柄をアートしたり、といったデザインも素敵ですよ!

クリアネイルにレオパード柄のポイントアートをプラス

クリアベースのレオパードネイルは、クリアネイルにレオパード柄のポイントアートをしてつくるのもおすすめです。

例えば、クリアネイルの中央にベージュのスクエアモチーフを描き、その上にレオパード柄のアートを重ねるデザインはいかがでしょうか。透け感のないレオパード柄も、クリアネイルの一部にポイントアートとして取り入れる形であれば、重くならずスッキリとしたデザインに仕上げられます。

レオパード柄のポイントアートには、お好みの色のスクエアモチーフやサークルモチーフ、トライアングルモチーフを重ねたり、ストーンやパールをプラスしたり、といったアレンジを加えるのもおすすめです。メタルパーツの中にレオパード柄をアートするデザインも素敵ですね!

レオパード柄のクリアスカルプネイルも素敵

クリアベース×レオパード柄は、クリアスカルプネイルにレオパード柄を描いてつくっても、素敵なデザインに仕上げられます。クリアスカルプで爪の長さ出しをして、レオパード柄を描くのです。

レオパード柄は定番のブラウン系カラーでアートしてもいいですし、ピンクやブルー、イエロー、グリーン、というようにお好みの色を使ってもいいでしょう。仕上げにビジューをプラスしてキラキラのデザインにしたり、ネイルピアスをつけたり、といったアレンジも素敵ですね!



Itnail編集部

オリジナルサイトで読む