1. トップ
  2. レシピ
  3. おかわり確定! 「もちもち食感!サツマイモご飯」

おかわり確定! 「もちもち食感!サツマイモご飯」

  • 2019.11.27
  • 2931 views

秋になると必ず食べたくなる「サツマイモご飯」。甘くてホクホクして、大人にも子供にも人気ですね。今回は、いつものお米にもち米をプラス。もちもち食感をお楽しみください。

サツマイモは芋類の中では一番食物繊維が豊富に含まれています。しかも食物繊維の中でも水溶性のものなので、便秘改善に役立つだけでなく、コレステロールを体外に排出する手助けもしてくれます。

お子さんの芋ほり遠足でサツマイモがたくさん!という方もぜひいつもとひと味違ったサツマイモご飯をお試しください!

■モチモチ食感!サツマイモご飯

調理時間 50分 1人分 592kcal



<材料 2人分>
サツマイモ 1/2~1本
お米 1合
もち米 1合
昆布(5cm角) 1枚
酒 大さじ2
塩 小さじ1/2~2/3
ゴマ塩 適量

<下準備>
・サツマイモは皮ごときれいに水洗いし、両端を切り落として1~1.5cm角に切る。すぐに分量外の塩を加えた水に30分以上放ち、アクを抜く。(ヒント)調理時間に水に放つ時間は含まれていません。



・お米ともち米を合わせて炊く30分以上前に、水で洗ってザルに上げておく。

・昆布はかたく絞ったぬれ布巾で、汚れを拭き取る。

<作り方>
1、炊飯器に、洗い米、酒、塩を入れ、通常に炊く時の水量線までの分量外の水を加えてひと混ぜし、水気をきったサツマイモ、昆布を入れてスイッチを入れる。



2、炊き上がったら10分そのまま蒸らし、しゃもじで底から持ち上げるようにして余分な水分を飛ばしながら、全体に軽く混ぜる。器によそい、お好みでゴマ塩を振る。



コツ・ポイント
お米の洗い方。ボウルにお米を計量し、たっぷりの水を入れ、混ぜずにすぐに水を流します。ひたひたまで水を入れて両手でお米をすくい取り、すり合わせるように軽くお米とお米を何回かこすります。にごった水を流し、蛇口から水を勢いよく加え、白濁しなくなるまでこれを何度か繰り返してザルに上げます。最初に入れる水を最もお米が吸収しやすいので、より良質な水を使う事をおすすめします。

実は、収穫したてのサツマイモは美味しくありません。2週間以上じっくり寝かせると甘くなりますよ!

(株式会社マミーゴー)

元記事で読む