1. トップ
  2. ヘア
  3. 前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】

  • 2019.11.26
  • 1313 views
前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

パパッとできてかわいい、デイリーシーンになじむアレンジに定評のあるナループ ロア オハナの松尾佳奈さんが、ショートボブのスカーフを使ったアレンジを提案してくれました。顔まわりにバームをたっぷりなじませて、毛流れや束感をしっかり見せるのが今の気分。「スカーフアレンジは、コーディネイトにアクセントが欲しいときにもぴったり!クセ毛風カールの前髪も映えて、おしゃれに決まります」(松尾さん)。

 

▼動画をチェック

前髪のカールが引き立ち こなれた雰囲気を好演出

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

前髪と顔周りの髪以外をスカーフで包み込んだアレンジ。スカーフは前髪の後ろの位置にセットし、耳を隠すように前から後ろに巻き、後ろで一度結んでから前に持ってきて再度結ぶ。前髪と顔まわりのおくれ毛にバームをつけてセミウェットな質感にし、カールのニュアンスをしっかり引き出して完成。

 

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

 

 

♦ARRANGE PROCESS♦

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP1. スカーフを頭に巻く

スカーフは安全ピンで留めて長方形にしておくと巻きやすい。スカーフを頭に巻き、後ろで一度結び、前に持ってきて固結びにする。耳が隠れるようにスカーフを巻くとアカ抜けた印象に。

 

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP2. シルエットを整える

スカーフの横の部分を織り込んだり、後ろに程よくたわみをつけたりしてシルエットを整える。スカーフの柄の見え方も、バランス良く調整して。

 

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp
STEP3. おくれ毛を出しバームをつける

もみあげの髪を引き出しておくれ毛をつくり、前髪やおくれ毛に「マウ」のナチュラルオーガニックバームをしっかりつけると質感が出て洗練された印象に。

 

 

Styling item

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

マウ ナチュラルオーガニックバーム 30㎖ 2500 円

サロンオリジナルのバームは、ミツロウとエッセンシャルオイルで作られていて全身に使用できる。エッセンシャルオイルは、全てオーガニックの物を使用し、ミツロウはワイルドネスでピュアなもの。マウ(mau)とは、ハワイ語で「いつも」「永遠の」「変わらず」と言う意味。毎日の暮らしに寄り添うアイテムにという想いで作られているそう。毎日持ち運べる手のひらサイズもグッド。上のオレンジのパッケージが夏バージョンで、パープルよりも少しかためのテクスチャー&酸化防止にトコフェノール(ビタミンA)が配合されている。

お問い合わせ先:ナループ ロア オハナ

 

 

Stylist

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

Nalu pu loa Ohana(ナループ ロア オハナ) 松尾佳奈さん

 

 

【SALON DATA】

《Nalu pu loa Ohana(ナループ ロア オハナ)》

前髪のカールを生かした、大人スカーフアレンジ from ナルー プ ロア オハナ【ヘアレシピ ストーリーズ】
出典 FUDGE.jp

address:東京都渋谷区神宮前5-15-7

tel:03-5466-1919

open:水・木・金 12:00〜21:00 、

日・祝 10:00〜19:00、月 11:00〜20:00

close:毎週⽕曜、第1・3月曜

http://www.nalupuloa.co.jp/

 

 

text:Eriko Suzuki

movie:Yuta Sekiyama

 

 

元記事で読む