1. トップ
  2. 「サザエさん症候群」って英語で何て言うの?

「サザエさん症候群」って英語で何て言うの?

  • 2019.11.24
  • 8059 views

日曜日の晩に発症数が急増する「サザエさん症候群」。『サザエさん』が放送していない英語圏ではどのように呼ばれている?(フロントロウ編集部)

サザエさん症候群とは

サザエさん症候群とは、日曜日の夕方以降に、翌日の月曜日に控える学校や仕事のことを考えて憂鬱になり、体調不良や倦怠感を覚える症状のこと。

名前はもちろん、2019年で50年間も日曜日の晩に放送されつづけてきた日本の国民的アニメ『サザエさん』に由来している。

サザエさん症候群を英語で言うと

じつは欧米でも、サザエさん症候群は確認されている。では、『サザエさん』が放送されていない英語圏では「サザエさん症候群」を何と呼んでいるか?

それは、 Sunday Scaries(サンデー・スケーリーズ)

直訳すると「日曜日の恐怖」となる。不安感や、倦怠感、体調不良など、症状はサザエさん症候群と一緒だが、Sunday Scariesでは、ハングオーバー(二日酔い)が大きな症状の1つとして挙げられている。

画像: Sunday Scariesがはじまる時間を示した図。©SundayScaries.com
Sunday Scariesがはじまる時間を示した図。©SundayScaries.com

ネット上にはsunday-scaries.comというサイトまであり、Sunday Scariesを解消する情報を発信しているSNSアカウントや、Sunday Scariesを抱える人に向けたポッドャスト番組も存在し、日曜の晩の倦怠感がどれだけ欧米人の生活に影響を与えているかがうかがえる。

サザエさん症候群とサンデー・スケ―リーズ。ネーミングは違っても、日曜日の晩に感じる不安感は万国共通だった。(フロントロウ編集部)

元記事で読む