1. トップ
  2. 恋愛
  3. 勉強は好き? 「遊びたい」「疲れた」子どもの集中をどう持続させるか【おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜 第44話】

勉強は好き? 「遊びたい」「疲れた」子どもの集中をどう持続させるか【おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜 第44話】

  • 2019.11.20
  • 8873 views

宿題(プリントなど)、家庭学習(内容自由…自由とは?)、計算練習、音読、ストレッチ…。すべて親の採点と内容のチェックと捺印必須!

入学前はあまり深く考えていませんでしたが、小学生の息子の「持ち帰ってくる課題の多さ」よ…。

以前から気まぐれに「テスト屋さん(塾?)ごっこ」などと言って自ら机に向かうことはありましたが、習慣とはならず、どうやって集中力を持続させたらいいものか悩む日々です。

(テスト屋さんごっこは入学前にブームが去ってしまった)

それまでは毎日「楽しく過ごす」ことだけを追い求めていた息子に、急に「さぁ1年生! 切り替えて勉強、勉強!」と言ってもうまくいくはずもなく。

私が口うるさくまくし立てて「勉強」に対して、

「やらされてる」「怒られる」「面倒くさい」というネガティブなイメージを持たせるのだけは何としても避けたい…。

そんな悩ましい日々を送る中、ほぼ毎回(いずれか)出される息子からの要求はだいたい以下の4つ。私の対処方とともにご紹介。

■宿題やりたくない? 子どもの要求

▼遊びたい…


「下校の勢いのまま外に飛び出したい」「ゲームがしたい」
遊ぶのはおおいに結構だが、放っておくといつまでも遊び続けるので腕時計を持たせます。

▼眠い…


ダラダラ・イライラの原因はだいたいこれ。

▼なんか食べたい…


帰宅してすぐに小腹を満たしても宿題を始めた途端にまた言う。口寂しいのか、なんなのか…?



■家庭学習をやる気になる「雰囲気作り」

▼つまんない、飽きた…


それを言っちゃあ、おしまいよ。

まとめて「ゴチャゴチャ言ってないでさっさと(宿題)やりなさい!」と言いたいころですが、それで状況が悪化するのは目に見えているのでグッと言葉を飲み込みます。

上記の要求に対して「ダメ」とは言いません。

すべて、ちょっとずつ受け入れて、休み休みしながらだいたい30分~1時間(昼寝含む)くらいかけて終わればいいなぁという感じです。(集中力は据え置き…)

もうひとつ、子どもの家庭学習に関して、私が気をつけていることに「勉強しなさいを言わない」というのがあります。

「勉強の楽しさ」だとか「誰のために必要なのか」というのを、いくら子どもに言葉で説いても右耳から左耳なので、私が家でしてやれることは「自分のペースで楽しく学ぶ雰囲気作り」くらいかなと思っています。

夕方の慌ただしい時間帯で、ついついイライラしがちですが、とにかくそこは必死で抑えて、抑えて…日々、自分との戦いです。

<おまけ>
息子の反応を見る限り、今のところ私の「雰囲気作り」は、おおむね成功しているのかな? と思っています。

(鈴木し乃)

元記事で読む