1. トップ
  2. 恋愛
  3. 職場の年下男性を好きになったら…効果的なアプローチ法はこれ!

職場の年下男性を好きになったら…効果的なアプローチ法はこれ!

  • 2019.11.13
  • 1409 views

年下男性は可愛いですよね。「年下なのにしっかりしている」「年下なのに時々上から目線」など「年下」にギャップを感じた瞬間が胸キュンポイント。効果的にアプローチしましょう。

職場の飲み会は大チャンス

職場の男性であれば、歓迎会やクリスマス会など職場関係の飲み会は多いですよね。お酒が効力を発揮してくれるおかげでお互いの心は緩まっているのではないでしょうか。仕事中は、彼に気持ちがあってもその気持ちをアピールすることはなかなか難しいです。また飲み会の前半では仕事の話も多いです。

しかし後半になってくるとプライベートの話に花が咲くこともありますよね。その時がチャンスです。

彼の近くにさりげなくむかい、とにかくお話を楽しみましょう。自分の存在を意識してもらえるようにします。飲み会の席であれば多少強引な攻め方をしても許されるところもありますよね。

「年上なのに...!」のギャップを印象づける

女性が男性の「年下なのに」のギャップに惹かれることがあるのなら、逆に男性は女性の「年上なのに」のギャップに惹かれることがあるはずです。

「年上」の場合は一般的にはしっかりしているとか、姉御肌といったイメージがついてくると思います。そのイメージとは反対の態度を演出すればいいわけです。具体的には「履きなれていそうなヒールの靴なのに、よろけてしまった」など可愛らしい感じです。

周りが真剣に料理の話をしている時に「砂糖と塩を入れ間違えた」というのもクスッとなるのでありでしょう。ただし、会話の流れをとめないようには気をつけなくてはなりませんね。もちろん、他人を巻き込んだり損害をあたえたりするような、笑えない「うっかり作戦」はやめましょう。

まっすぐに相手に向き合う

年下男性と年上女性が付き合ってめでたくカップルとなった場合、年齢は関係なくなります。高校生の時に流行っていた曲と中学生の時に流行っていた曲が同じという程度の会話のズレはありますが、付き合ううえでは大きな問題にはならないでしょう。

結局、好きな人へのアプローチは一人の人間として相手にどれだけ向き合えるかということにつきるのかもしれません。まっすぐに向き合い、ストレートな気持ちを伝えるのが一番です。

元記事で読む