1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 小物類をスッキリまとめたい!覚えておくと便利な収納術をご紹介

小物類をスッキリまとめたい!覚えておくと便利な収納術をご紹介

  • 2019.11.13
  • 7210 views

文房具や医薬品、アクセサリーなど生活を送るうえで使用する小物類の収納にお困りの人はいらっしゃいますか?

こうした小さな雑貨類をコンパクトにまとめ、紛失しにくくする収納方法を知りたいという人のために、今回は暮らしに役立つ小物収納術をいくつかご紹介していきます。

便利で使いやすい小物収納にしたい人は、ぜひご覧になってください。

リビング収納に役立つ小物収納方法

コンパクトにまとめつつ見分けやすいようにする

リビングの小物収納をキレイにまとめるコツは、種類ごとに分けることです。

例えば、こちらの収納例のように引き出しの中に仕切りを作って、テープ類などを分類することで見分けやすく探しやすい収納にすることができます。

こちらの収納例では湿布や体温計などはねんどケースに、飲み薬はシンプルなボトルに入れることで種類ごとに区分けしています。

ネームラベルを併用することで、どこにどの薬があるのかすぐに分かりやすくしています。

小物収納用のケースに薬をしまっておく場合は、こちらを参考にしてみるとより便利な収納が叶います。

引き出しに仕切りを作り、薬ごとに細かく区分けしてしまうことで必要な時にすぐ探せて取り出せますね。

お薬手帳や保険証などをコンパクトにまとめておきたい場合は、こちらのようにジッパーバッグを利用すると良いでしょう。

ジッパーバッグにはチェーンでタグが付けられているので、どこに何があるのか分かりやすく、サッと取り出せます。

リビングにキッズスペースを設置していて、ミニカーなどの小さなおもちゃ収納にお困りの人は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

3段の書類ケースに仕切りを作ることで、スッキリとミニカーが収まっています。

デザインをパーキングのようにすることで、お子様も楽しく収納できるようにしています。

文房具をスッキリしまえる収納術

種類ごとに分けて収納するのがコツ

机の引き出しに文房具を収納して置く時は、こちらのようにトレーを使うことで整理整頓しやすくなります。

収納例では「無印良品」のデスク内整理トレーが使われていて、仕切りを調節することで、一つのケースに複数の文房具がキレイに収まるようにしています。

こちらの収納例では、文房具収納に「無印良品」のPP小物収納ボックスを使っています。

シンプルなデザインなので、デスク上に置いてもかさばりにくいのが魅力です。

お手製のネームラベルを使うことで、どこにどの文房具があるか探しやすくしているのもポイントです。

「無印良品」のキャリーボックスは、ケースの中に4つの正方形のスペースと2つの長方形のスペースがあり、こちらのように様々なサイズの文房具を収納することができます。

リビングやキッチンなど部屋を移動するときにそのまま持ち運べるのも魅力です。

便利で使いやすいキッチン小物収納方法

引き出しのカトラリー収納にはトレーを利用

お箸やスプーンなどのカトラリー類を、食器棚などの引き出しに収納する場合はトレーを使うと便利です。

こちらの収納例では、1枚のトレーが複数に区切られたものを使って、お箸やスプーン、ナイフなどの他、箸置きやレンゲなどをまとめて一か所に収納しています。

こちらの収納例では、カトラリー収納に「無印良品」のPP整理ボックスを使用しています。

細長いシンプルなデザインなので、キッチン収納の引き出しの中でもかさばらずしっかりフィットしています。

汚れたら洗ってキレイにすることができるのもメリットです。

ボールペンなどの文房具収納に使われる「セリア」のタワーペンスタンドですが、こちらのようにカトラリー収納にも使うことができます。

角度が付いているのでどこに何があるのか見分けやすいだけでなく、サッと取り出しやすくなっています。

便利な収納グッズで効率UP

「セリア」などで売られている、十字型の取り出し口が特徴のプルアウトボックスは、ポリ袋などのキッチン雑貨のストックに便利です。

シンプルでコンパクトなサイズなので、こちらの収納例のように引き出しに設置しやすいのも魅力です。

こちらの収納性では、電池や付箋などの小さな雑貨類のストックに蓋付きのケースを利用しています。

ボタンを押すだけで蓋が開くタイプのボックスなので、小さな小物も失くしにくく、衛生的に使えるのでキッチンでの文房具収納に便利です。

割りばしやストローなどの小物類を収納しておきたい場合も、ケース類は役立ちます。

こちらの収納例では、そうした雑貨類をストックしておくのにケースを利用。

ネームラベルが貼られているので、どこにどの雑貨があるのか分かりやすくなっています。

見分けやすく探しやすいアクセサリー収納

仕切りのついたボックスを利用

アクセサリーを種類ごとに分けて見分けやすく収納したい時は、仕切り付きのジュエルボックスが役に立ちます。

こちらの収納例では、引き出しが3段ついていて、中には仕切りがあるものを使用。

それぞれ仕切りのサイズが異なっていて、上がピアスやイヤリング、2段目がネックレス、一番下にブレスレットなどを入れられるようになっています。

こちらの収納例では、100円ショップなどで売られている仕切り付きのプラスチックケースを利用しています。

100円ショップのプラスチックケースは仕切りのサイズの種類が幅広いので、このようにたくさんのアクセサリーを分類して保管することができます。

引き出しにアクセサリーを収納する場合は、文房具やカトラリー収納と同じようにトレーを使うと便利です。

こちらの例では、引き出しに「無印良品」のベロア内箱仕切りを使用。

ネックレスから腕時計までキレイに収納されています。

オシャレさを利用したディスプレイ収納

アクセサリーのオシャレなデザインを利用して、インテリアとして楽しめるディスプレイ収納にするのもオススメです。

こちらの例では、アクセサリースタンドを利用してピアス類を収納し、お部屋にスタイリッシュな魅力を加えています。

こちらの例では、古材や流木をリメイクしたものを壁面に設置してアクセサリー収納に利用しています。

アクセサリーの個性的なデザインと古材や流木の持つナチュラルで渋い魅力が合わさり、空間に味わい深い雰囲気を漂わせています。

洗面台のドア裏を利用したアクセサリー収納

洗面台下収納の扉部分は、ちょっとしたものを吊るして収納するのに便利です。

こちらのようにフックを取り付けて、ネックレスを収納しておくスペースとして利用するのもオススメです。

デッドスペースを有効利用できるだけでなく、朝の忙しい身支度のときにスムーズにアクセサリーを選ぶことができます。

コツを取り入れて使いやすい小物収納に

今回はスッキリと使いやすい小物収納にするための方法を、実例を交えてご紹介していきました。

小物収納は特別な器具などを使わずにちょっとした工夫とグッズの選び方によって、ガラリと使い勝手が良くなります。

今回紹介した小物収納のコツを参考に、ご家庭の小物収納をさらに使い勝手良くしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む